SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (8)

現在このページの批評は中断しています。


Item #: SCP-5552
アイテム番号: SCP-5552

Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: All SCP-5552 instances are to remain Level 4 Classified.
特別収容プロトコル: 全てのSCP-5552実例はレベル4機密の指定を継続されます。

Description: SCP-5552 refers to a series of 6 documents that appeared within the Site-72 database on 2020/04/14. All documents appear to be related to SCP-5552, a previously unassigned SCP slot.
説明: SCP-5552は2020年4月14日にサイト-72データベースに出現した6種の一連の文書を指します。全ての文書は、以前までSCPスロットに割り当てられていなかった、SCP-5552に関連しているものとみられます。

The documentation itself has not demonstrated anomalous properties, however all have been tagged with an upload timestamp of 13:43:28, which has been estimated to be the same time as when Dr. Naman Gupta began a talk at the 6th International Conference on Physics titled "A Comprehensive Theory On Bi-Directional Temporal Travel".
文書自体は異常特性を呈していませんが、全ファイルのアップロード時刻は13時43分28秒を示しており、これはナマン・グプタ博士が第6回国際物理学会にて「双方向的時間航行に関する包括理論」と題した講演を開始した時刻に一致するとされています。

Investigation has been launched into possible anomalous phenomenon connected with SCP-5552, however no conclusive evidence could be found to corroborate details within these documents. To avoid possible time-continuity errors, parties mentioned within SCP-5552 were not informed, nor directly questioned about the contents of SCP-5552. The main anomalous property of these documents is their unexplained appearance within the Site-72 database.
SCP-5552に関連する異常現象の可能性が調査されたものの、当該文書群に記載されている詳細を裏付ける確証は得られませんでした。SCP-5552にて言及された各当事者には、起こり得る時間的連続性エラーを回避するためSCP-5552の内容について知らされておらず、直接の質問も行われていません。当該文書群の主要な異常性は、サイト-72データベース内に原因不明のまま発生した点です。

Addendum SCP-5552-1: On 2020/05/02, Foundation satellites detected a large visual disturbance in Nunavut, Canada. An area of twenty acres of land had become entirely black, including all flora and fauna residing within that area. GOC Resources informed The Foundation that this was the result of a catastrophic failure during an attempt to realize Dr. Naman Gupta's Research. As a result of this development, Dr. Alan Green was directed to re-open investigation into SCP-5552. Below is Dr. Green's interview with Dr. Cindy Helsman that took place on 2020/05/06, under the guise of an post-mortem for her CHRONUS Project:
補遺SCP-5552-1: 2020年5月2日、財団籍の人工衛星はカナダ国ヌナブト準州において大規模な視覚的異常を検出しました。20エーカーに及ぶ領域が、生息する動植物群を含めて完全に黒く変色していました。GOCの情報筋は、本事案がナマン・グプタ博士の研究を実現する試みの最中に発生した破滅的失敗の結果であるとの情報を財団に伝達しました。この新事実を受け、アラン・グリーン博士はSCP-5552の再調査を命じられました。以下は2020年5月6日にグリーン博士が実施したシンディ・ヘルスマン博士とのインタビューです。本インタビューはヘルスマン博士が率いるCHRONUSプロジェクトの事後検討会を装って行われました。

Green: Hello Cindy.
グリーン: お疲れ様、シンディ。

Helsman: Hey Alan…
ヘルスマン: どうも、アラン…。

Green: I know it's been rough, losing the project and all. Let's just get through this wrap-up interview quickly.
グリーン: 辛いだろう、分かるよ。プロジェクトも何もかも失ったんだものな。まとめのインタビューを手短に済ませてしまおう。

Helsman: Seems a little late. They reassigned me two weeks ago.
ヘルスマン: 今更な感じもするけど。上に再割り当てされたのはもう2週間前よ。

Green: It is, but you know how the bureaucracy here goes.
グリーン: かもね。しかしここが官僚主義なのは君も分かっているだろう。

Helsman: Whatever. There isn't much to wrap up anyways. Go ahead.
ヘルスマン: なんでもいいわ。まとめるような内容もほとんどないし。さあどうぞ。

Green: Does the term "Wilt" sound familiar to you?
グリーン: 「ウィルト」という言葉に聞き覚えはあるかい?

Helsman: Not really.
ヘルスマン: いえ全く。

Green: What about a "Wendel Conduit"?
グリーン: 「ウェンデル・コンジット」は?

Helsman: Haven't heard of that either. Am I supposed to?
ヘルスマン: それも聞いたことがありません。知らないとまずいかしら?

Green: You're doing fine. Don't worry about it. Now, do you know a Dr. Naman Gupta?
グリーン: 大丈夫。心配は要らないよ。では、ナマン・グプタ博士はご存じかい?

Helsman: Yes. He's the lead author on the GOC paper about time travel.
ヘルスマン: ええ。GOCのタイムトラベルに関する論文の筆頭著者の方よね。

Green: Have you actually met Dr. Gupta?
グリーン: グプタ博士に実際に会ったことはあるかい?

Helsman: Um, no. Honestly, I still haven't even seen his talk.
ヘルスマン: いや、ないけど。正直、その方の講演すらまだ見ていないわ。

Green: That's understandable.
グリーン: それは無理もないね。

Helsman sniffles.
ヘルスマンが鼻をすする。

Helsman: He uh, he died recently right?
ヘルスマン: 彼は、ええと…最近亡くなったのよね?

Green: Yes he did. There was an accident when he was testing his time machine.
グリーン: ああそうだ。タイムマシンのテスト中に事故があってね。

Helsman: Huh.
ヘルスマン: そう。

Helsman sniffles again, and wipes her eyes.
ヘルスマンは再び鼻をすすり、目を指で拭う。

Green: Is everything ok Cindy?
グリーン: 大丈夫かい、シンディ?

Helsman: I don't get it.
ヘルスマン: 分からない。

Green: You don't get what?
グリーン: 何が分からないんだい?

Helsman wipes her eyes again.
ヘルスマンは再び涙を拭う。

Helsman: I'm crying Alan. Why am I crying?
ヘルスマン: 私、泣いているの。アラン…。どうして、泣いているの?

Green walks to the other side of his desk and puts an arm around Helsman.
グリーンはデスクの反対側へ歩み寄り、ヘルスマンの肩に腕を回す。

Green: I have a theory, but I don't think it's important. Not everything needs an explanation.
グリーン: 理論的に説明することはできるが、それは重要ではないと思う。全ての物事に説明が要るわけではないのだから。


ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License