SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (7)

現在このページの批評は中断しています。


Item #: SCP-5552
アイテム番号: SCP-5552

Object Class: Keter
オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: Oh fuck it.
特別収容プロトコル: 嗚呼、クソが。

I was wrong.
間違っていた。

Everything had wilted by the time I arrived.
俺が到着した頃には全てがウィルト化していた。

I drove to Site-72. The whole southern side of the building had already crumbled into black-tarry mess. There were a few guards out front to keep civilians out, but other than them the whole site was empty. They let me back in to "get my stuff".
俺はサイト-72へ車を飛ばした。既に建物の南側全体が黒いタール質の汚物へと崩れ落ちていた。門前には衛兵が数名、一般市民を遠ざけるために立っていたが、彼らの他にサイト内はもぬけの殻だった。「荷物を取りに行く」俺を、衛兵達は中に入れてくれた。

Apparently, this time the CHRONUS Project made faster progress than last time. The time machine was mostly done. As a bonus, we reconstructed the walls out of that soft material we found at the GOC… I think 6 timelines ago now?
どうやら、今回のCHRONUSプロジェクトは前回よりも早く進んだらしい。タイムマシンは概ね完成していた。おまけに、我々はGOC謹製のあの柔らかい物質でできた壁を再現していた。あれを発見したのは…今や6回前の時間軸だったか?

There's still food in the cafeteria. I think I'm going to hole up here for a while. The place still has power, probably because the Foundation doesn't want to take any risks and let something escape from here that they might've forgotten to take with them.
カフェテリアにはまだ食料があった。暫くの間ここに籠ろうと思う。この場所にはまだ電力がある。恐らく財団は、何某かがここから逃げ出すリスクを負いたくないのだろう。持っていくのを忘れてしまった何かが残っている可能性があるから。

I can't stop working. I need to fix my theory, and then I'll fix everything else.
手を休めることはできない。俺の理論を修正したら、それ以外の何もかもをやり直す。


Progress is going even slower now. I don't think I can ever get these models to work for me the same way Cindy did.
より一層進まなくなってきている。俺がシンディのようにこのモデル群を扱えるとは到底思えない。

I read through some of the reports of wilting in other parts of the world. A long stretch of land in France, two towns in Thailand, and the entirety of K2 are gone. I'm afraid that the next time I look out the window, instead of seeing the forest behind Site-72 I'll see scorched ground and crumbling trees.
世界各地で起きたウィルト化の記録にいくつか目を通した。フランスの長い一帯の土地、タイの町2つ、そしてK2山丸ごとが消え失せた。次に窓の外を見たら、サイト-72の裏に広がる森が、焦げ枯れた地面とボロボロに崩れた木々になっているのではないかと、怖くて仕方がない。

The soft walls here seem fitting. I think something about the material is resistant to wilting, but really it just contributes to the insane asylum feel. All I'm missing is a straight jacket.
軟質壁は本当にここにふさわしく感じる。素材が何らかのウィルト化耐性を持つのだと思うが、実のところ精神病棟感を際立たせているのが主かな。足りないのは拘束衣だけだ。


My "Order" theory is finally dead. And no, not because I got the models to work. My pocket watch wilted. I'd had that since I was sixteen when my grandfather gave it to me. And now it's just black dust.
「位階」理論が、ついに没になった。断っておくが、モデルが完成したからじゃあない。懐中時計がウィルト化した。16の時に祖父がくれた時から持っていた物だ。今や黒の塵芥と化した。

I'm back at square one. No theory. No models. Not even someone to bounce ideas off of. I've taken to talking to myself to get my ideas out of my head but that only works so well.
振り出しに戻った。理論なし。モデルなし。アイデアを出し合う仲間すら居ない。アイデアを引き出すために自分と語り合い始めたが、そう上手くは運ばない。

It's funny, because all of the clocks in this place stopped working weeks ago. The only reliable time-telling device I have left is my computer. And honestly, I'm beginning to suspect its timezone is drifting.
笑えてくるな、この場所の時計は全部、数週間前に動かなくなったんだ。時間がわかる道具で、唯一残されているのはコンピュータだけだ。正直、こいつもずれているんじゃないかと疑い始めている。


I googled "Jonathan Wendel" on a whim. Most of what I read just made me mad. Got his PhD from Stanford in Theoretical Physics. Has tenure at CalTech, leading a joint project with Oxford on time-travel. A lot of papers published. A lot of talks given.
思いつきで「ジョナサン・ウェンデル」をネットで検索してみた。大多数の検索結果は腹立たしいものだった。スタンフォード大で理論物理学の博士号を取得。カリフォルニア工科大では終身雇用が保証され、タイムトラベルに関するオックスフォード大との共同プロジェクトを指揮。発表された論文の数々。開催された講演会の数々。

But then I started reading about his personal life. Turns out, he never owned a dog.
ところが奴の私生活について読み始めたところ、分かったのだ。奴は犬を飼ったことなどない。

So then how did he come up with the name "Wilt"? I got the name originally from him. But where did he get it from?
ならば奴はどうやって「ウィルト」の名を思いついたというんだ?俺は奴からそのまま引用しただけだ。だが奴はどこから取った?

I mean, I have a theory. All I'm good for is theories. But, I've been using "wilting" to describe the destabilization process. It's just such an accurate description for the phenomenon. "Wilt". Everything turns black and then collapses. Like a flower in winter. Wilting away.
いや、考えはあるんだ。俺の得手は理論立てだけなのだ。だが俺は「ウィルト化」を不安定化プロセスを指す言葉として用いてきた。あの現象を表すのに的確に感じるんだ。「萎凋Wilt」。全てが黒に染まり、崩壊する。冬の花のように。萎れ朽ちるWilting away

I remember, Cindy wanted to go back in time and do everything over again. She wanted to kick me off the project, wipe her memories, and solve the problem herself. It was a clever idea. Set up everything to be just the way you would've wanted it, and then forget what happens next so you can experience it for yourself anew.
そういえば、シンディは時間を遡って全てをやり直したがっていた。彼女は俺をプロジェクトから追いやり、自分の記憶を拭い去って、自分自身で問題を解決したがっていた。あれは賢明な考えだったんだ。自分が望むように全てを準備し、次に起こる事は忘れる。そうすれば真新しく経験し直せる。

What if I've seen all of this before?
もし、今までの全てを、俺は既に見たことがあるのだとしたら?

What if Cindy saw all this before?
今までの全てを、シンディは見たことがあったのだとしたら?

What if the only way to stop it, was to stop us from inventing time travel in the first place?
これを止める唯一の方法が、そもそも俺たちがタイムトラベル法を発明しないように仕向けることだったならば?

We'd go back, give Wendel our research, but not the proper numbers. He'd publish first, and then perish first when he makes the machine. We'd think our theory was wrong. We'd stop.
俺たちは戻って、ウェンデルに研究を明け渡すが、正確な数字は渡さないでおく。奴は最初に発表し、マシンを最初に造ってくたばる。俺たちは理論が間違っていたと考える。そこで手を止めるだろう。

God, we're too clever for ourselves. Except I can't prove it. I can't prove jack shit. Maybe he doesn't have a dog in this timeline but he had a dog in that one. Or maybe he just came up with the name on his own in a happy little coincidence. It's just a theory. Just another useless theory.
嗚呼、俺たちが思っていたよりも、俺たちは賢すぎたんだな。まあ、それを証明することはできないんだが。クソも何も証明できやしない。奴はこの時間軸では犬を飼っていなかっただけで、あの時間軸では飼っていたのかもしれない。若しくは、奴は単なる思いつきであの名をつけたのかもしれない。これはただの仮説。またまた、何の使いものにもならない、ただの理論だ。


I miss Cindy.
シンディに逢いたい。


I hate this. I have nothing. I feel close to an idea it slips out of my fingers and I lose my train of thought entirely. I've been here for far too long. I'm banging my head against the walls, and I don't even feel anything because they're soft. There has to be a reason. I've been able to travel back in time reliably and yet I can't explain why. It's pathetic.
厭なもんだ。俺には何も無い。何かを掴みかけたと思ったら、自分の指の間をすり抜けるように、俺の思考回路がまるっきり失われるんだ。余りに長くここに居過ぎた。壁に頭を打ち付けているが、柔らか過ぎて何も感じさえしない。理由がある筈だ。俺は時間を確実に遡ることができたが、未だに俺はその理由を説明できない。哀れなもんだ。

I'm not used to doing this on my own. It's not like I was ever able to solve these problems on my own. It was our theory after all. It took two of us to solve.
俺は独りでやっていくことに慣れていないんだ。こういった課題を独りで片づけられた試しなどないんだ。徹頭徹尾、「俺たち」の理論だったんだ。解くには2人必要だったんだ。

Maybe that's what's going on. Maybe the theory is mocking me for trying to solve it myself. Running me through a maze with no exit.
それが、今起きている事なのかもしれない。独りで解こうとしている俺を、理論が嘲笑っているのかもしれない。出口のない迷路を走らされ続けている。

It was kind of silly for us to think we'd be able to travel back in time in the first place, wasn't it? That we would be able to make it work even though no one else has. Maybe things would be better without our theory.
そもそも時間を遡れると考えたのが馬鹿だったんだ。そうだろ?かつて誰も成し得ていなかったのに、俺たちなら形にできると踏んでさ。俺たちの理論なんて無い方が、状況は良くなるかもしれない。

You know, that doesn't sound so bad. I have little else to lose.
ああ、それもいいかもしれない。他に失うものなんて、俺には殆ど無いんだから。

文書6/6(Document 6/6)



ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License