SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (5)

現在このページの批評は中断しています。


CHRONUSプロジェクト関係者のみ閲覧可能
(PROJECT CHRONUS EYES ONLY)
以下のファイルは現在調査中の異常について記述しているレベル4/5552機密情報です。
(The following file describes an anomaly currently under investigation,
and is Level 4/5552 classified)
無許可のアクセスは禁止されています。
(Unauthorized access is forbidden.)
SCP-5552

Item #: SCP-5552
アイテム番号: SCP-5552

Object Class: Euclid
オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: The CHRONUS Project is to continue research to confirm the details of SCP-5552. While it is possible that SCP-5552 related phenomena can be explained given our current understanding of science, they have been deemed anomalous until further progress has been made.
特別収容プロトコル: CHRONUSプロジェクトはSCP-5552の詳細を確認するために研究を継続する予定です。SCP-5552関連現象は現行の科学的見地によって説明できる可能性がありますが、研究のさらなる進展がなされるまでは異常とみなされます。

Description: SCP-5552 refers to a theoretical method of travel between parallel universes with similar cause-and-effect chains. Details regarding the exact nature of SCP-5552, as well as the parallel universes it can access, are under investigation by the CHRONUS Project, lead by Dr. Naman Gupta and Dr. Cindy Helsman.
説明: SCP-5552は類似する連鎖的因果律を有する平行宇宙間の航行に関する理論手法を指します。SCP-5552の正確な性質及びアクセス可能な平行宇宙に関する詳細は、ナマン・グプタ、シンディ・ヘルスマン両博士が主導するCHRONUSプロジェクトにより調査中です。

Addendum SCP-5552-1: Below is the transcript of the meeting on 2018/07/04 between Dr. Helsman and Dr. Gupta, first proposing the existence of SCP-5552.
補遺SCP-5552-1: 以下は2018年7月4日にヘルスマン博士とグプタ博士により行われた、SCP-5552の存在を初めて提唱した会議の筆記録です。

Dr. Gupta paces back and forth in front of his desk. Dr. Helsman enters Dr. Gupta's office, at which point Dr. Gupta checks his pocketwatch.
グプタはデスクの前を右往左往する。ヘルスマンがグプタのオフィスに入室する。グプタは自身の懐中時計を確認する。

Gupta: You're late.
グプタ: 遅刻だぞ。

Helsman: Only by a minute.
ヘルスマン: ほんの少しじゃない。

Gupta: You're still late.
グプタ: 遅刻は遅刻だ。

Helsman: Naman, are you ok? You seem a little more restless than normal.
ヘルスマン: ナマン、貴方大丈夫?いつもより落ち着かないように見えるけど。

Gupta takes three deep breaths, and then sits down at his desk.
グプタは3回深呼吸し、デスクに腰かける。

Gupta: Sorry. I'm just anxious.
グプタ: すまん。不安なだけだ。

Helsman: Anxious about what? Paper deadline?
ヘルスマン: 何が心配なの?論文の締め切り?

Gupta: No, no…
グプタ: 違う、違うんだ…。

Helsman: Then what is it?
ヘルスマン: じゃあ何が?

Gupta: Ok. Cindy, I am about to say something that sounds incredibly stupid. But I am going to need you to believe me, alright?
グプタ: オーケー。シンディ、今から俺は信じられない程馬鹿げた事を口走るぞ。だが、君には俺の言うことを信じて貰う必要がある。良いか?

Helsman: Ok…
ヘルスマン: ええ…。

Gupta: I might be from the future.
グプタ: 俺はどうやら未来から来たみたいなんだ。

Helsman remains silent, before beginning to say something. However, she stops herself.
ヘルスマンは黙ったままでいる。何かを言いかけるが、発言を止める。

Gupta: Yeah…
グプタ: うん…。

Helsman: … but what does that mean?
ヘルスマン: …その、それはどういう意味?

Gupta: So, I think it's like this. I know for certain that I came from somewhere that on April 16th, 2020, you die and I take over the CHRONUS Project.
グプタ: つまり、こんな風に思うんだ。俺は確かに2020年の4月16日の何処かからやって来た。君が死んで、俺がCHRONUSプロジェクトを引き継ぐ日だ。

Helsman: Wait wait. You're saying I die in two years?
ヘルスマン: ちょ、ちょっと待って。私があと2年で死ぬと?

Gupta: Well, that's assuming I'm from the future. Because there's another option: I'm from a parallel universe. And I didn't travel in time at all.
グプタ: さてな、それは俺が未来から来たのだとしたら、の話だ。というのは、選択肢がもう1つある。俺が平行宇宙から来た場合。そして一切タイムトラベルをしていない。

Helsman: Well, I mean if you're from a parallel universe then wouldn't that mean you've still travelled back in time?
ヘルスマン: でも、もし貴方が平行宇宙から来たのだとしたら、それは時間を遡ったことにもならない?

Gupta: No no. In this scenario I actually can't travel backwards in time. It'd be impossible. It'd just be an illusion since each of the universes are temporally offset.
グプタ: 違う、違う。この線でいくと、実際には時間を遡行できないんだよ。それは不可能だ。各宇宙が時間的な偏差であるが故の錯覚に過ぎない。

Helsman: I— I don't follow.
ヘルスマン: …付いていけてないかも。

Gupta: No it's like… Like time zones. Here it's three but in California it's noon. Here it's April 4th but in another parallel universe it's March 6th. You can't travel backwards in time, but you can travel to a parallel universe that started a month later than this one, and that's almost the same thing.
グプタ: いや、そうだな…タイムゾーンのようなものさ。ここは今3時だが、カリフォルニアだと正午だろ。ここは4月4日でも、別の平行宇宙では3月6日になる。時間を遡ることはできないが、この宇宙よりも1か月遅れて始まった平行宇宙に行くことはできるんだ。これはほぼ同じようなものだろう。

Helsman: Ok. And why do you think this is what you've been doing instead of time travel?
ヘルスマン: オーケー。じゃあ何故タイムトラベルの代わりにこんな事をやっていたと思うの?

Gupta: Well, um… not all parallel universes are created equal. In fact a lot of them are probably unstable. So at certain points in time, arbitrary groups of particles will just, like they'll lose stability. Err, but not entirely. Like they go black, and they crumble and it's… it's like the very fabric of reality just wilts away.
グプタ: そうだな、んん…、平行宇宙の全てが平等に創られてはいない。実際には不安定なものも多いんじゃないかと思うんだ。だからある時点で、粒子のうち任意の群が、そう、安定性を失う。あー、ただし完全にじゃない。黒く染まり、崩壊するような…まるで現実の構造が朽ち果てていくような感じなんだ。

Helsman: You know you sound crazy right?
ヘルスマン: どうかしちゃったのかと思われてる自覚、ある?

Gupta: Yes but haven't I always sounded insane? Most of what I say sounds absurd, yet you still run the numbers for me. Because we both know I might be right.
グプタ: 応さ。だが俺なんていつも気狂いじみてるだろう?俺の言う事の殆どは不合理さ、それでも君は試算してくれる。何故なら、俺の考えが正しいかもしれないと、2人とも感じているからだ。

Helsman: … do you want me to start making models?
ヘルスマン: …モデルの作成に取り掛かりましょうか?

Gupta: That would be fantastic.
グプタ: そうしてくれ。

Addendum SCP-5552-2: Two weeks following this proposal, Site-72 personnel reported concerns about Dr. Gupta's mental well-being. Dr. Gupta was only seen leaving his office to go to the bathroom, and to get food from the cafeteria which he would then eat in his office. Dr. Green, occupying a neighboring office, reported hearing Dr. Gupta shout the phrase "It doesn't make sense", and other variants with similar meaning. Dr. Helsman was requested to speak with Dr. Gupta, as he has refused meetings with other personnel.
補遺SCP-5552-2: 素案の提唱から2週間後、サイト-72職員はグプタ博士の精神衛生に関する懸念を報告しました。グプタ博士が自身のオフィスを離れる姿が目撃されたのは、トイレに行く時か、食堂に食べ物を取りに行き、食事をするためにオフィスへ戻っていく時のみでした。隣のオフィスに割り当てられていたグリーン博士は、グプタ博士が「これじゃ理屈が通らない」、あるいは同様の意味の文言を叫ぶのを耳にしたと報告しました。グプタ博士が他の職員との面会を拒否しているため、ヘルスマン博士は彼との話し合いを要請されました。

Gupta is looking at the whiteboard in his office. It is filled with a flow chart. Helsman knocks on the door to Gupta's office.
グプタは自身のオフィスでホワイトボードを眺めている。ホワイトボードはフローチャートで埋め尽くされている。ヘルスマンがグプタのオフィスのドアをノックする。

Gupta: [shouts] I'm busy.
グプタ: [怒鳴り声] 忙しいんだが。

Helsman: Even for me?
ヘルスマン: 私が相手でも?

Gupta opens the door slightly. After seeing Helsman, he opens it the rest of the way. Helsman enters.
グプタはドアを僅かに開ける。ヘルスマンの顔を見て、彼はドアを全開にする。ヘルスマンが入室する。

Gupta: Sorry. I'm just stressed still.
グプタ: すまん。気が立っていただけだ。

Helsman: You seem a little more than stressed. People are worried about you.
ヘルスマン: ちょっと溜め込み過ぎよ。皆、貴方を心配してる。

Gupta: I know, I know. I'm fine.
グプタ: 分かってる、分かってる。大丈夫だ。

Helsman: You know, you used to get lunch with everyone else. Might be good to get your mind off of work.
ヘルスマン: ほら、貴方も前まで他の皆とお昼を摂っていたじゃない。息抜きすればきっと良くなるわよ。

Gupta: I can't.
グプタ: 無理だ。

Helsman: Because…
ヘルスマン: どうして…。

Gupta: It's just… there's so much I still can't explain. Like how I've only travelled to similar parallel universes. Why haven't I blasted myself off to a world where Earth doesn't even exist!
グプタ: とても…まだ説明のつかないことがごまんとある。どうやって同じような平行宇宙にだけ移動したんだ。どうして地球すら存在しない世界に吹っ飛ばされなかった!

Helsman: Well, I have some news. Not sure if it'll help or not…
ヘルスマン: ええとね、ちょっとニュースがあるの。役に立つかどうかは定かじゃないけれど…、

Gupta: I'm listening either way.
グプタ: どっちだろうと聞くさ。

Helsman: I haven't been able to get your parallel universe theory to work.
ヘルスマン: 貴方の平行宇宙理論、私には立証できなかった。

Gupta: Oh.
グプタ: ほう。

Helsman: Yeah. Mostly the stability part. What you're describing just doesn't fit with… anything really.
ヘルスマン: ええ。特に安定性についての部分がどうしても。貴方が述べたことは…実際何にも当てはまらないの。

Gupta: I see.
グプタ: そうか。

Helsman: I mean, we'll come up with another theory. It sounds like we've been able to explain everything so far.
ヘルスマン: つまりね、別の理論が見つかると思うのよ。今までだっていろいろと解明してこれたんだし。

Gupta: Yeah. Yeah you're right.
グプタ: ああ。そうだな、君の言う通りだ。

Helsman: Take a few days off. You said I die in two years right? We still have time.
ヘルスマン: 何日かお休みを取って。私が死ぬのは2年後って言ってたわよね?まだ時間はあるから。

Gupta: Yeah… I'll do that.
グプタ: ああ…そうするよ。

Dr. Gupta was approved for a vacation between 2018/07/19 and 2018/07/26.
グプタ博士は2018年7月19日から26日までの休暇を承認されました。

Addendum SCP-5552-3: On 2018/07/24, Site-72 experienced a mass alteration to its molecular structure, as well as the molecular structure of all personnel and materials within. This alteration resulted in all affected materials taking on a charcoal-like structure that collapses into a liquid state when disturbed.
補遺SCP-5552-3: 2018年7月24日、サイト-72は内部の全職員及び物体もろとも、大規模な分子構造の改変に見舞われました。この改変により、全ての被影響物質は、干渉を受けると液状に崩壊する木炭様の構造に置換される結果となりました。

Dr. Gupta ended his vacation early, taking over the CHRONUS Project and moving it to Site-53.
グプタ博士は休暇を早期中断してCHRONUSプロジェクトの責を引き継ぎ、同プロジェクトをサイト-53に移転させました。

文書4/6(Document 4/6)



ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License