SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (4)

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: 5552
レベル3
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Special Containment Procedures: The CHRONUS Project is to continue its research into the existence of SCP-5552.
特別収容プロトコル: CHRONUSプロジェクトはSCP-5552の存在に関する研究を継続する予定です。

Description: SCP-5552 is a theoretical method to travel backwards in time. The exact nature of SCP-5552 as well as whether or not it can be replicated in a controlled manner is still unknown.
説明: SCP-5552は時間遡行の理論手法です。SCP-5552の正確な性質、並びに制御可能な手法による複製の可否は未だ不明です。

Discovery: Evidence for the existence of SCP-5552 occurred on 2018/07/04 when Reality Stability Beacons at Site-72 indicated a Retro-Causal Reality Shift. However, due to the lack of discontinuity in the cause-and-effect predictions from the beacons, it was determined that a large scale reality-altering event did not occur. The resulting conclusion was that temporal travel must have taken place. The CHRONUS Project research team was directed to determine the source or subject of this temporal travel, however their search was unsuccessful.
発見: SCP-5552の存在を示す証拠は、2018年7月4日にサイト-74の現実安定性ビーコンが逆因果律的現実性シフトを観測した際に見出されました。しかしながら、ビーコンによる因果関係予測が途切れた形跡はなく、大規模な現実改変イベントは発生していないと判断されました。結果的に、時間航行が発生したとする結論に至りました。CHRONUSプロジェクト研究チームは本時間航行の発生源ないし対象の特定を命じられましたが、調査は失敗に終わりました。

Addendum SCP-5552-1: Below is a timeline of the CHRONUS Project's progress:
補遺SCP-5552-1: 以下はCHRONUSプロジェクトの進捗状況の時系列表です。

日付(Date) 出来事(Event)
2017年11月14日(2017/11/14) ナマン・グプタ、シンディ・ヘルスマン両博士により、CHRONUSプロジェクトが発足。(The CHRONUS Project was initiated by Drs. Naman Gupta and Cindy Helsman.)
2018年1月22日(2018/01/22) グプタ博士がひも理論から着想を得た逆方向的時間航行のための仮説を提唱。(Dr. Gupta proposes a string-theory inspired hypothesis for reverse directional time travel.)
2018年3月8日(2018/03/08) グプタ博士の理論が、ヘルスマン博士が作成したいずれのモデルにも適合しなかったため、誤りである可能性が高いと判断された。(Dr. Gupta's theory was deemed highly unlikely after it did not fit any of the models created by Dr. Helsman.)
2018年3月19日(2018/03/19) グプタ博士が量子もつれに基づく逆方向的時間航行理論を提唱。(Dr. Gupta proposes a theory for reverse directional time travel based on quantum entanglement.)
2018年5月20日(2018/05/20) グプタ博士の理論がヘルスマン博士の収集した実験証拠によって否定される。(Dr. Gupta's theory is contradicted by experimental evidence gathered by Dr. Helsman.)
2018年7月4日(2018/07/04) CHRONUSプロジェクトが上記警報のなされた逆因果律的現実性シフトの発生源の特定を命じられる。(CHRONUS Project directed to locate the source of the alerted Retro-Causal Reality Shift.)
2018年8月4日(2018/08/04) 逆因果律的現実性シフトの発生源の探索が打ち切られる。現行タイムラインへの改変は、無視できるほどに微々たるものであると判断された。(Search for source of Retro-Causal Reality Shift disbanded. Modification to current timeline deemed sufficiently insignificant to ignore.)
2018年10月14日(2018/10/14) グプタ博士がサイト管理者に昇進し、CHRONUSプロジェクトを退任する。(Dr. Gupta promoted to Site Director, leaving the CHRONUS Project.)
2019年1月22日(2019/01/22) ヘルスマン博士が古典相対性理論に基づく逆方向的時間航行理論を提唱。(Dr. Helsman proposes a theory for reverse directional time travel based on classical relativity.)
2019年5月3日(2019/05/03) ヘルスマン博士の理論が量子スケールでの矛盾なき相対論的作用を立証できず、破棄される。(Dr. Helsman's theory is abandoned due to the lack of consistent relativistic behaviors at the quantum scale.)
2019年7月22日(2019/07/22) ヘルスマン博士が量子力学に基づく逆方向的時間航行理論を提唱。(Dr. Helsman proposes a theory for reverse directional time travel based on quantum mechanics.)
2019年10月2日(2019/10/02) ヘルスマン博士の理論がグプタ博士の量子もつれ論に酷似していたため、破棄される。(Dr. Helsman's theory is abandoned for being too similar to Dr. Gupta's quantum entanglement theory.)
2020年1月11日(2020/01/11) ヘルスマン博士が素粒子物理学の標準モデルに基づく理論を提唱。(Dr. Helsman proposes a theory based on the Standard Model of Particle Physics.)
2020年4月14日(2020/04/14) ヘルスマン博士の理論が進捗の遅れを理由として破棄される。(Dr. Helsman's theory is abandoned due to a lack of progress.)

Addendum SCP-5552-2: Below is a transcript of the monthly status meeting between Dr. Helsman and Dr. Gupta held on 2020/04/16:
補遺SCP-5552-2: 以下は2020年4月16日に行われた、ヘルスマン博士とグプタ博士との月例状況報告の筆記録です。

Gupta: So… I see you abandoned another theory.
グプタ: で…君はまた理論を破棄したようだね。

Helsman: Yeah.
ヘルスマン: はい。

Gupta: You know it's harder for me to keep justifying your funding if you're not getting anywhere.
グプタ: 何も成し遂げていなければ、君の所への予算割り当てを正当化するのが難しくなるのは分かってるな。

Helsman: I know Naman.
ヘルスマン: 承知しておりますわ、ナマン。

Gupta: So, um, why'd you abandon this one?
グプタ: では、んん、何故こいつを破棄したんだ?

Helsman: I mean, really it's the same reason I abandoned all the other ones. Not enough progress and too much pointing against it.
ヘルスマン: まあ、他全てを破棄したのと全く同じ理由です。進歩がなく粗だらけなので。

Gupta: I thought this one seemed promising.
グプタ: 俺はこれなら有望だと思うがな。

Helsman: Really? You think that time travel being based on the rotation of gluons is promising?
ヘルスマン: 本気で言ってるの?グルーオンの回転に基づくタイムトラベルが有望だと、貴方はそう思うの?

Gupta: I mean—
グプタ: いや、つまり…、

Helsman: I don't even know what I was thinking when I proposed it. It's fucking stupid. We already have gluons tied to the Strong Force.
ヘルスマン: あれを提唱した時に何を考えていたのかさえ分からない。最悪の駄作ですわ。グルーオンは既に強い相互作用との結び付きがあるというのに。

Gupta: I just think maybe this line of investigation is worth going down.
グプタ: 俺はただ、この線の調査は進める価値があるかもしれないって思ったんだ。

Helsman: Naman, I've been at this for more than two years and all I've hit are fucking dead ends.
ヘルスマン: ナマン、私はこれに取り組んで2年になるけれど、行き着く全てが袋小路のどん詰まりだった。

Gupta: But I know you can do it.
グプタ: けど俺は君ならできると知ってる。

Helsman: That's what you've been telling me for the past year! And while they're nice words, they've been kind of useless.
ヘルスマン: この1年貴方はそればっかり!言葉の聞こえは良くても、何の役にも立たなかったわ。

Gupta: Well, it's not my job to do the research.
グプタ: まあ、研究をするのは俺の仕事じゃないしな。

Helsman: It used to be! We used to be a team. And then you left me for what? For management? Do you even enjoy that?
ヘルスマン: 元はそうだったでしょう!私たちはチームだった。なのに貴方は私を残して、何をしてるって?管理?せいぜい楽しめた?

Gupta: I am in this position because I want to be.
グプタ: 俺がこの地位に居るのは、俺がこうなりたかったからだ。

Helsman: And maybe that's because you don't even enjoy research anymore. And here you are telling me to chase geese!
ヘルスマン: そうなりたかったのは、もう研究を楽しむ事ができないからでしょう。それで貴方はここで私に堂々巡りを命じて!

Gupta: Or maybe it's because I was better at research.
グプタ: それか、俺の方が優れた研究者だったから、かもな。

Helsman: You know what? You can fuck off. Take my funding. See if I give a shit.
ヘルスマン: あのねえ。もう消えて。予算ならどうぞ。勝手にやってなさい。

Helsman gets up and leaves Gupta's office, slamming the door behind her. Gupta sighs and puts his head in his hands.
ヘルスマンは立ち上がり、ドアを荒々しく閉めてグプタのオフィスを退出する。グプタは嘆息し、両手を頭の後ろに回す。

Gupta: She'll thank me later. Or maybe not. But she'll be grateful nonetheless.
グプタ: あいつはやがて俺に礼を言うだろう。言わんかも知れんが。だとしても感謝はするだろうさ。

Addendum SCP-5552-3: During the night of 2020/04/16, security personnel at Site-72 reported a sudden, significant alteration to rooms 118, 119, and 121, which contained the Project CHRONUS Laboratory, cubicles for Project CHRONUS personnel, and the office of Dr. Helsman respectively. The walls, floors, ceiling, and all contents of these rooms had morphed into a black substance. Objects made of this substance maintained their shape until disturbed, at which point they would assume a more liquid-like state.
補遺SCP-5552-3: 2020年4月16日の夜間、サイト-72の保安職員が118号室・119号室・121号室に突如重大な変異が発生したと報告しました。該当する部屋はそれぞれCHRONUSプロジェクト用実験室、及びCHRONUSプロジェクト職員用小寝室、並びにヘルスマン博士のオフィスでした。これらの部屋の壁面、床面、天井、及び全ての室内用具は黒色の物質に変質していました。当該物質で構成された物品は干渉を受けるまでは形状を維持しますが、干渉を受けると液体に近い状態になります。

Security personnel reported three casualties. Two of these casualties were Researcher Yufei Zhu and Janitor Ivan DeWalt, who were presumed to be engaged in conversation at the time of the event based on their poses at the time of discovery. The third was Dr. Cindy Helsman, who was most likely listening to a voicemail on her phone. Below is the transcript of the most recent voicemail received by Dr. Helsman prior to the event.
保安職員は3名の死傷者を報告しました。うち2名はチュー・ユーフェイ研究員及びアイヴァン・デウォルト用務員でした。発見時の姿勢から、事件発生時は会話中だったと推測されています。3人目の犠牲者は、自身の携帯電話でボイスメールを聞いていたとみられる、シンディ・ヘルスマン博士でした。以下は当該イベント前にヘルスマン博士が受信した、最新のボイスメールの筆記録です。

Gupta: Hey Cindy. Umm… sorry about what I said earlier. I didn't mean most of it. Like, I didn't mean the part about me being the better researcher. Honestly, I left the project because I wanted it to be your discovery. It's just, it's frustrating for both of us to see you bang your head against this problem. But if you want, I can come back to the project. We can make this our theory again.
グプタ: よう、シンディ。その…さっきはあんな事を言って済まなかった。あんな事が言いたかったんじゃないんだ。そう、俺は自分がより優れた研究者だと言いたかったんじゃない。正直に言うと、君の発見になって欲しかったから俺はプロジェクトを去ったんだ。ただ、君の努力が無駄になるのを何度も目の当たりにするのは、俺にとっても悔しいことなんだよ。だが君さえ良ければ、俺はプロジェクトに戻ることができる。俺たち2人で理論を作り直そう。

Following the 2020/04/16 event, Dr. Gupta took over the CHRONUS Project. The CHRONUS Project was also moved from Site-72 to Site-53, after the entire Eastern Wing of Site-72 experienced a similar event to that described above (See CHRONUS Project Special Reports for details).
2020年4月16日の事件以後、グプタ博士がCHRONUSプロジェクトを後継しました。さらに、サイト-72東棟全体が上記同様のイベントに見舞われてからは、CHRONUSプロジェクトはサイト-72からサイト-53に移転しました(詳細はCHRONUSプロジェクト特別報告書を参照)。

文書3/6(Document 3/6)



ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License