SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (3)

現在このページの批評は中断しています。

Hyper_Wormhole.jpg

SCP-5552-EXモデル(SCP-5552-EX Model)

Special Containment Procedures: N/A
特別収容プロトコル: N/A

Description: SCP-5552-EX is the Gupta-Helsman Gate as described in "A Comprehensive Theory On Bi-Directional Temporal Travel", titled after the lead authors on the paper, Naman Gupta and Cindy Helsman. This paper was presented on 2020/03/14 at the International Conference on Particle Physics, after a board of Foundation personnel reviewed the paper and deemed the science sufficiently in-line with baseline assumptions to be considered non-anomalous.
説明: SCP-5552-EXは「双方向的時間航行に関する包括理論」にて詳述されるグプタ-ヘルスマン・ゲートを指します。これは当論文の筆頭著者であるナマン・グプタ及びシンディ・ヘルスマンに因んで命名されました。当論文は、財団職員による編集委員会の査読を経て、非異常性と見なす基準線に充分に適合した科学体系であると判断された後、2020年3月14日の国際量子物理学会にて発表されました。

The Gupta-Helsman Gate operates in a similar manner to closed timelike curvatures conjectured by Gödel. However, instead of operating like a wormhole might, which relies on immense amounts of energy to open, Gupta-Helsman Gates are opened and sustained through the vibration of vibron particles. Vibron particles vibrate in accordance to an atom's Wilt. Investigation into connections between Wilt and phenomena observed by anomalies in containment is ongoing.
グプタ-ヘルスマン・ゲートはゲーデルによって推測された時間的閉曲線と同様に機能します。しかしながら、莫大な量のエネルギーに依存して開通するワームホールとは異なり、グプタ-ヘルスマン・ゲートはバイブロン粒子1の振動によって開通し、機能を維持します。バイブロン粒子は原子のウィルト2に同調して振動します。収容下にあるアノマリーから観察される現象とウィルトとの関連性に対する調査が進行中です。

According to Dr. Gupta and Dr. Helsman, the process for generating sufficient Wilt to open a Gupta-Helsman Gate is significantly less resource-intensive than the theoretical method of opening a sizable wormhole. The Foundation has allocated additional resources to Gupta's and Helsman's CHRONUS Project to build a device that demonstrates the principles within their paper.
グプタ博士及びヘルスマン博士によれば、グプタ-ヘルスマン・ゲートの開通に十分なウィルトを生成するプロセスは、大型ワームホールを開通する理論上の手法よりも資源消費が著しく少ないとされています。財団は当論文中の原理を実証する装置を構築すべく、グプタ・ヘルスマン両博士が主導するクロノス・プロジェクトに追加資産を割り当てています。

Addendum SCP-5552-1: Below is a partial transcript from the CHRONUS Project Lead meeting regarding the construction of a Bi-Directional Temporal Traversal Device (BTTD) as proposed in their paper:
補遺SCP-5552-1: 以下は当論文にて提唱された双方向的時間航行装置(BTTD)の構築に関するクロノス・プロジェクトリーダー会議からの筆記録の一部です。

Gupta: I can't believe they actually let us publish.
グプタ: 上が俺たちの発表を本当に許すとはな。

Helsman: Honestly I'm more surprised they're letting us build it.
ヘルスマン: 正直、彼らが私たちにアレの開発を許した事が一層驚きだわ。

Gupta: Well, of course they want us to build it. It's the Foundation.
グプタ: ま、当然上も俺たちに造って貰いたいのさ。それが財団だ。

Helsman: Right, right…
ヘルスマン: ええ、ええそうよね…。

Gupta: Something wrong?
グプタ: どうかしたか?

Helsman: I guess I'm just nervous.
ヘルスマン: ちょっと落ち着かないみたい。

Gupta: Don't worry. Everyone is.
グプタ: 心配するな。みんなそうさ。

Helsman: Except you apparently.
ヘルスマン: 見たところあなたは例外ね。

Gupta: Oh I'm nervous. I'm just good at hiding it. Now, let's get to scheduling, shall we?
グプタ: いやあ俺だって不安さ。顔に出さないのが上手いだけ。さて、スケジュールを組もう、いいか?

Helsman: Right.
ヘルスマン: ええ。

Gupta: I think we can get this thing done in about three months. That sound ok to you?
グプタ: 俺の見立てでは3か月程度で事をやり遂げられる。これは君も問題なさそうか?

Helsman: Yeah. That sounds fine.
ヘルスマン: そうね。良いと思う。

Gupta: Alright, we'll be testing in three months and let's work backward from there.
グプタ: 良し、では3か月で試験に持ち込む。そこから逆算して進めよう。

Addendum SCP-5552-2: Below is the time table for the construction of the BTTD:
補遺SCP-5552-2: 以下はBTTD開発のタイムテーブルです。

タスク(Task) 責任者(Task Lead) 期日(Deadline) 備考(Notes)
BTTD航行カプセルの設計(BTTD Traveller Capsule Design) グプタ(Gupta) 2020年4月23日(2020/04/23) 期日通りに完了。カプセル内からBTTDを起動できる見込み。(Completed on time. Should be able to activate the BTTD from inside the capsule.)
ウィルト生成室の設計(Wilt Generation Cell Design) ヘルスマン(Helsman) 2020年5月9日(2020/05/09) 2020年5月14日に完了。(Completed on 2020/05/14.)
時間的安定性確保の計算(Temporal Stability Ensurance Computations) ヘルスマン(Helsman) 2020年5月21日(2020/05/21) 2020年6月3日に完了。(Completed on 2020/06/03.)
BTTD航行カプセルの構築(BTTD Traveller Capsule Construction) グプタ(Gupta) 2020年5月23日(2020/05/23) 期日通りに完了。余剰資材はカプセル二号機用に保管。(Completed on time. Additional materials have been reserved for a second capsule.)
ウィルト生成室の構築(Wilt Generation Cell Construction) ヘルスマン(Helsman) 2020年6月3日(2020/06/03) 2020年6月20日に完了。blue|(Completed on 2020/06/20.)##
試験提案(Testing Proposal) グプタ(Gupta) 2020年6月14日(2020/06/14) 期日通りに完了。過去・未来双方への航行を行う計3回の試運転を申請。(Completed on time. Requested a total of three different trials both with forward and backward temporal travel.)
安全性確認(Safety Checks) ヘルスマン(Helsman) 2020年6月22日(2020/06/22) N/A

Addendum SCP-5552-3: On 2020/07/02, Helsman was confronted about her inability to meet the deadlines of the project. Below is a transcript from the meeting:
補遺SCP-5552-3: 2020年7月2日、ヘルスマン博士はプロジェクトの期日順守の不履行について査問されました。以下はそれに伴う会議の筆記録です。

Gupta: Cindy, we need to talk. We're falling behind schedule.
グプタ: シンディ、話がある。期日に遅れている事についてだ。

Helsman: I know, I know.
ヘルスマン: 分かってる、分かっているわ。

Gupta: Like, I appreciate all the safety checks and recalculations you're doing but I need you to trust me.
グプタ: なあ、君が進めてる安全確認と再計算はどれも高く評価してるよ。だが、俺を信用して欲しいんだ。

Helsman: But you know how dangerous this thing can be! If we're not right down to the fourteenth decimal this could cause a catastrophic amount of damage.
ヘルスマン: 貴方だってこれがどれ程危険な代物になり得るか分かってるんでしょう!小数第14位まで徹底的に確定しないと、破滅的な被害を及ぼすかもしれないのよ。

Gupta: So you don't trust me?
グプタ: だから俺が信用ならないと?

Helsman: No, no… I trust you but— like I don't trust myself. I feel like I'm always a few steps behind you trying to play catch up. There's something about all of this that just clicks for you and it's not clicking for me. It's frustrating. This was supposed to be our project but it doesn't quite feel like mine anymore.
ヘルスマン: 違う、違うの…、貴方のことは信じてる、けど…。そう、私は自分を信用できないんだわ。いつも自分が貴方より何歩か遅れを取って、それを取り戻そうとしている気がするの。貴方は何かを掴んでいるけれど、私にはそれがわからない。悔しいのよ。これは私たちのプロジェクトだった筈なのに、もう自分のものだとは感じてない。

Gupta: [sighs] Would you like me to tell you something that might make you feel better?
グプタ: [嘆息] 気が晴れるかもしれないことを教えてあげようか?

Helsman: If you can, go ahead.
ヘルスマン: できるなら、どうぞ。

Gupta: I know this is going to work, because it already has.
グプタ: 俺はこれが上手く運ぶ事を知ってるんだ。何故なら、もう上手く行ったから。

Helsman: You… you've already used it, haven't you?
ヘルスマン: 貴方…、既にあれを使ったのね、そうでしょう?

Gupta: I traveled back to January because if we didn't publish by March our research was going to be stolen.
グプタ: 俺は1月まで戻ってきた。3月までに発表できなけりゃ俺たちの研究は盗まれるからだ。

Helsman: January… but that's when we started getting experimental data.
ヘルスマン: 1月…、それって実験データが得られ出した頃じゃない。

Gupta: I just sped everything up is all. I knew what equations we were going to be able to extract so I could skip a few steps.
グプタ: 俺は全工程の完了を急いだまでさ。俺たちの導く方程式は分かっていたから、段階をいくつかすっ飛ばす事ができた。

Helsman: But… but that was supposed to be my job.
ヘルスマン: でも…でもそれは私の仕事になる筈だったわ。

Gupta: I know but—
グプタ: 分かってるよ、だが…、

Helsman: You were good with concepts and theories and I was good with the equations and making the numbers mean something. That was how we were supposed to divide the work. But then you just stole my equations from me.
ヘルスマン: 貴方は概念と理論に長け、私は方程式と有意な数の算出に長けていた。だからこそ2人で分業する手筈だった。けど、貴方はそうして私の方程式を盗んでいったのね。

Gupta: But you already solved them! You solved them last time all on your own. I was totally useless.
グプタ: いや、君はもう式を解いたんだ!前回の君は自分の手であれを解いたんだ。俺はとことんお手上げだったさ。

Helsman: But I wasn't there last time. This time I didn't do shit!
ヘルスマン: でも私は前回なんて知らない。今の私ができていないの!

Gupta: But it's all the same you.
グプタ: だけど同じ君なんだよ。

Helsman: I don't feel like I contributed! I feel like I've been playing second fiddle!
ヘルスマン: 貢献した気がしないの!脇役だったとしか!

Gupta: I— I'm sorry. I told you my plan when I left and you said it was fine.
グプタ: わ…悪かった。発つ時に俺は君に計画を話したんだ。君は了承してくれた。

Helsman: I keep telling you that wasn't me! Whoever that was obviously wasn't thinking about how it'd feel to have her equations stolen.
ヘルスマン: それは私じゃないってさっきから言ってるでしょう!誰だか知らないけど、ソイツが自分の方程式を盗まれる気持ちを理解していなかったのはハッキリしてるわ。

Gupta: I think she knew…
グプタ: 彼女は分かっていたんじゃないかと…、

Helsman: Well then she was being a dumbass!
ヘルスマン: じゃあソイツは脳足りんよ!

Gupta: I'm sorry. I… I didn't know.
グプタ: すまん。俺が…俺が分かってなかった。

Helsman takes deep breaths, and settles back into her chair.
ヘルスマンは深呼吸し、自身の席に戻る。

Helsman: It's fine. Nothing can be done now. How long until we're finished with this damn project?
ヘルスマン: もう良いわ。もうどうにもなりません。このクソプロジェクトが終わるまであとどれくらいかかりますでしょうか?

Gupta: Umm, if we go at our predicted pace, only another month.
グプタ: うむ…、当初のペースなら、もう1か月もあれば。

Helsman: Thank god.
ヘルスマン: 有難く存じますわ。

Addendum SCP-5552-4: In the early morning of 2020/07/15, Site-72 experienced two major power outages. One at 3:34AM, and another at 3:56AM. Security camera footage prior to the 3:34 outage showed Dr. Helsman accessing the primary testing area for the BTTD, logging information into the main control panel, and entering the BTTD Traveller Capsule. Security personnel immediately ensured that the initial power outage did not result in a containment breach, and were unable to inspect the BTTD primary testing area before the second power outage occurred, which happened less than two minutes after power had been re-established to the site.
補遺SCP-5552-4: 2020年7月15日の早朝、サイト-72は2度の大規模停電に見舞われました。発生時刻は午前3時34分及び午前3時56分です。3時34分の停電以前の監視カメラ映像には、ヘルスマン博士がBTTD第一実験エリアに立ち入り、メインコントロールパネルに情報を入力した後、BTTD航行カプセルに入っていく様子が映されていました。保安職員は1度目の停電により収容違反が引き起こされていない事を直ちに確認しましたが、サイトに電力供給が再確立されてから2分以内に発生した2度目の停電前にBTTD第一実験エリアを点検する事はできませんでした。

Initial inspection of the BTTD primary testing area occurred at 4:23AM, where personnel discovered a black powdery substance scattered around and inside the BTTD Traveller Capsule. The door to the BTTD Traveller Capsule was closed, and readings from the BTTD Control Panel indicated recent use. Additionally, a letter found on the ground next to the control panel. Below is a transcript:
BTTD第一実験エリアの点検は午前4時23分に初めて実施され、BTTD航行カプセルの周囲及び内部に散乱する黒色の粉末状物質が職員により発見されました。BTTD航行カプセルのドアは閉じており、BTTDコントロールパネルの表示はBTTDが直近に使用された事を示していました。加えて、コントロールパネル付近の床上に手紙が発見されました。以下はその筆記録です。

I'm not sure if you will see this, since I'm not sure what happens after I activate the machine, but in case you do, know that I'm not mad. Well, not at you specifically.
私がマシンを起動した後で何が起こるか定かではないので、貴方がこれを読むかは定かでないのですが、読んでいるのなら、私は怒ってなどいないと理解してください。貴方には、ね。

I know you were just trying to get our work back. I know how it must've felt to have your work stolen from you. I get it must have been frustrating and painful and you wanted to fix that. But I was robbed of the opportunity to have a breakthrough entirely. You took my a-ha moment from me. And I want it back.
貴方はただ私たちの仕事を取り戻そうとしてくれたのだと理解しています。仕事の成果を奪われて貴方がどんな風に感じたか、私は理解しています。悔しさと苦痛、そしてそれをやり直したいと考えた事でしょう。でもね、私は自分で壁を突破する機会を丸ごと奪われたの。ひらめきの瞬間を貴方は奪ったのです。だから私はそれを取り戻したい。

I'm going back. I'm making sure you don't help me with my part of the project and then I'm shoving a syringe full of amnestics up my arm so I can experience it. The feeling of discovery. That moment when I solve a problem no one else can. If I've done it before like you've said, I should just have to reset everything and I can do it again.
私は戻りに行きます。プロジェクトの私の管轄部分に貴方が手出しできないようにしたら、記憶処理剤を注射器1本腕に打てば、私も体感できるわ。発見の感動を。他の誰もが成し遂げられない難問を私が解く瞬間というものを。貴方の言うように、私が前にもやり遂げていたのなら、全てをリセットするしかないわよね。そうすれば私はもう一度やり直せる。

I don't care if the research gets stolen. At least this time it really will be our theory.
研究が盗まれるかどうかは気にかけておりません。少なくとも今回は、正真正銘私たちの理論になるわ。

On the back of the letter is a series of calculations and numbers, appearing to be someone's scratch work. At the bottom a number is circled, and below it is written the following:
手紙の裏には、何者かにより走り書きされた一連の計算や数列が記載されています。その最後には数字が丸で囲まれ、以下の文言が併記されています。

Why do they always screw up the weight decay?
いつも荷重減衰でダメになるのは何故?

Dr. Gupta, who was seen in security footage sleeping in his office prior to the 3:34 power outage, could not be located.
グプタ博士は、3時34分の停電前には自身のオフィスで眠っている姿が監視カメラの映像で確認されましたが、消息は不明です。

文書2/6(Document 2/6)



ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License