SCP-5552: Our Stolen Theory - 奪われし理論 (2)

現在このページの批評は中断しています。

Hyper_Wormhole.jpg

SCP-5552-EXモデル(SCP-5552-EX Model)

Item #: SCP-5552-EX
アイテム番号: SCP-5552-EX

Special Containment Procedures: N/A
特別収容プロトコル: N/A

Description: SCP-5552-EX is the Wendel Conduit as described in "A Comprehensive Theory On Bi-Directional Temporal Travel", titled after the lead author on the paper: Jonathan Wendel.
説明: SCP-5552-EXは「双方向的時間航行に関する包括理論」にて詳述されるウェンデル・コンジットを指します。これは当論文の筆頭著者であるジョナサン・ウェンデルに因んで命名されました。

The Wendel Conduit operates in a similar manner to closed timelike curvatures conjectured by Gödel. However, instead of operating like a wormhole might, which relies on immense amounts of energy to open, Wendel Conduits are opened and sustained through the vibration of wenion particles. Wenion particles vibrate in accordance to an atom's Wilt. Investigation into connections between Wilt and phenomena observed by anomalies in containment is ongoing.
ウェンデル・コンジットはゲーデルによって推測された時間的閉曲線と同様に機能します。しかしながら、莫大な量のエネルギーに依存して開通するワームホールとは異なり、ウェンデル・コンジットはウェニオン粒子1の振動によって開通し、機能を維持します。ウェニオン粒子は原子のウィルト2に同調して振動します。収容下にあるアノマリーから観察される現象とウィルトとの関連性に対する調査が進行中です。

According to Dr. Wendel, the process for generating sufficient Wilt to open a Wendel Conduit is significantly less resource-intensive than the theoretical method of opening a sizable wormhole. It is currently believed that Dr. Wendel is working in conjunction with the UN to create a practical time machine. Attempts to gain further information about this project have been hindered by GOC interference.
ウェンデル博士によれば、ウェンデル・コンジットの開通に十分なウィルトを生成するプロセスは、大型ワームホールを開通する理論上の手法よりも資源消費が著しく少ないとされています。現在、ウェンデル博士は国連と共同して実用的なタイムマシンの開発に取り組んでいると考えられています。当該プロジェクトについての更なる情報を入手する試みはGOCの干渉により妨害されています。

Addendum SCP-5552-1: Below is a transcript from examinations of Dr. Wendel's paper to confirm its accuracy. Examination was lead by the CHRONUS Project leads, Dr. Cindy Helsman and Dr. Naman Gupta.
補遺SCP-5552-1: 以下はウェンデル論文の正確性を確認する調査の筆記録です。調査はCHRONUSプロジェクトのリーダー、シンディ・ヘルスマン博士及びナマン・グプタ博士により実施されました。

<Begin Log>
<記録開始>

Gupta: God this is hard to read.
グプタ: やれやれ、読んでられないよ。

Helsman: I mean, yeah it's bland but it's not like we—
ヘルスマン: いやまあ、そう、無味乾燥よね。でもなんて言うか…、

Gupta: I mean emotionally, Cindy.
グプタ: 気持ち的に、って意味さ、シンディ。

Helsman: Oh. Yeah I should've guessed.
ヘルスマン: ああ。そう、察してあげるべきでしたわね。

Gupta: This is our research. Literally our research! I swear half of these figures are copied straight from our draft.
グプタ: これは俺たちの研究だ。文字通り俺たちのな!誓ってもいい、ここにある数値の半分は俺たちの草案の丸コピじゃないか。

Helsman: I mean, we know that a lot of people had been working in this field. It was a tight race.
ヘルスマン: いやまあ、この分野で研究している人が大勢いたのは百も承知でしょう。熾烈な競争なのよ。

Gupta: It's fucking bullshit is what it is. Did you see the look on this guy's face? When he gave that talk? Smuggest piece of shit I've ever seen.
グプタ: それこそ荒唐無稽だろう。あの野郎のツラを見たかい?あの講演の最中のさ?今まで見た中で最悪の自己満クソ野郎だったよ。

Helsman: You told me that at the conference.
ヘルスマン: その話はもう議場で聞いたわ。

Gupta: And also, he named everything after himself! Fucking "Wendel Conduit", "wenion".
グプタ: あとはそう、奴は何でもかんでも自分に因んで名付けやがる!クソが、「ウェンデル・コンジット」だろ、「ウェニオン」だろ。

Helsman: Wilt?
ヘルスマン: ウィルトは?

Gupta: I think that's his dog's name.
グプタ: ありゃ奴の犬の名前だと思う。

Helsman: Ah.
ヘルスマン: あー…。

Gupta: A dog. A fucking dog has more physics phenomena named after it than I do.
グプタ: 犬なんだよ。犬っころなんかの名前が、俺よりもたくさんの物理現象につけられてるんだよ。

Helsman: Well maybe something in here doesn't work out. Maybe the reviewers missed something.
ヘルスマン: とにかく、辻褄が合わないところがあるかもしれない。査読者が何か見落とした可能性もあるわ。

Gupta: It's my research! I've checked everything as well as I checked my own numbers.
グプタ: 俺の研究だぞ!自分で数値を出した時と同じくらい、隅々まで全部チェックしてある。

Helsman: Our research.
ヘルスマン: たち。

Gupta: Huh?
グプタ: うん?

Helsman: It's not your research. It's ours.
ヘルスマン: 貴方の研究じゃなくてよ。私たちの。

Gupta: Oh. Right. Slip of the tongue. Sorry.
グプタ: ああ。そうだな。失言だった。すまん。

Helsman: It's alright.
ヘルスマン: 大丈夫よ。

Helsman and Gupta return to reading the paper in silence. All that can be heard is a faint ticking from Gupta's pocket-watch. Gupta finishes and looks at Helsman.
ヘルスマンとグプタは論文の黙読を再開する。聞こえるのはグプタが持つ懐中時計の針の微かな音だけである。グプタは論文を読み終え、ヘルスマンを見やる。

Gupta: Well…
グプタ: なあ…。

Helsman: Yeah, I'm not seeing anything here either. It's all right.
ヘルスマン: ええ、何も見当たらないわね。問題ないわ。

Gupta: Fuck.
グプタ: クソっ。

Helsman: We'll discover something else. We're persistent like that.
ヘルスマン: 他に何か見つかるはずよ。私たちはしつこいんだもの。

Gupta leaves the meeting room, slamming the door behind him. Helsman sighs.
グプタはドアを荒々しく閉めて会議室を退出する。ヘルスマンは嘆息する。

<End Log>
<記録終了>

Following this meeting, the contents of Dr. Wendel's research was considered to be grounded well enough in our current understanding of physics to be considered explained rather than anomalous. Monitoring of the implementation of this research is to continue to ensure no additional anomalous phenomena are discovered in the process.
この会議の後、ウェンデル博士の研究内容は異常なものではなく、現行の物理学的見地に充分に基づき、解明がなされているとみなされました。本研究の実施状況に対する監視は、その過程で新たに異常現象が発見されない事を保証するべく継続されます。

Addendum SCP-5552-2: On 2020/05/02, Foundation satellites detected a large visual disturbance in Nunavut, Canada. An area of twenty acres of land had become entirely black, including all flora and fauna residing within that area. Foundation personnel were dispatched to the location. Below is a copy of their report:
補遺SCP-5552-2: 2020年5月2日、財団籍の人工衛星はカナダ国ヌナブト準州において大規模な視覚的異常を検出しました。20エーカーに及ぶ領域が、生息する動植物群を含めて完全に黒く変色していました。財団職員が直ちに当該地域に派遣されました。以下はその報告書のコピーです。

Stevenson and I arrived at the scene around midday. The strange coloration could be seen in some of the grass and the trees on the edges of the effected area, but ten feet in everything was completely black. Well, not that the material had turned black. It was more like the light wasn't even reflecting off the surfaces.
スティーヴンソンと私は正午頃に現場に到着しました。被影響エリアの境目には奇妙な配色の草木が散見されましたが、10フィートも進めばすべてが完全に黒に染まっていました。ただ、物質自体が黒くなったというわけではなく、どちらかと言えば表面に光が反射していないような感じでした。

The ground was sturdy to stand on but organic matter didn't fare as well. It maintained its stability until we touched it, but even with a slight brush entire trees crumbled. Or I guess they more melted. They just fell apart. Stevenson grabbed a few samples to test later.
地面は上に立ってもしっかりしていたものの、有機物は駄目でした。我々が触れるまでは安定していたのですが、ほんの軽い接触で木々が丸ごと崩れました。溶けていったと言うべきかもしれません。ただただ、粉々になったのです。スティーヴンソンは検査用にサンプルをいくらか採取しました。

We reached the center of the affected area. There was an opening in the ground, no larger than a manhole. We didn't trust the ladder built into the hole's walls, so we tied up a rope and rappelled down.
我々は被影響エリアの中心に到達しました。そこには地面にマンホール大の穴が開いていました。穴の壁面に備え付けられた梯子は信用できなかったので、命綱による懸垂下降を試みました。

Everything in the hole was black too except for the walls. At first we thought they were made of stone but they were far too soft for that. The hallways of the facility were mostly empty, save for a few safety notices with GOC branding on them. We only found one unlocked door, labeled "Primary Construction Bay". We decided not to go inside because the entrance was blocked by humanoid figures that had turned black, like the trees outside. We didn't want to "break" them.
穴の中も同様に何もかも真っ黒でしたが、壁だけは例外でした。最初は石で出来ていると思ったのですが、それにしては柔らかすぎました。施設の廊下は、GOC仕様の安全に関する注意書きがいくつかあった以外には特に何もありませんでした。未施錠の扉が1つだけ見つかり、「第一種建設室」と書かれていました。入り口は外の木のように黒く染まった人型で塞がれていたので、我々は中に入らない事に決めました。彼らを“壊し”たくはありませんでした。

Stevenson did manage to get some pictures of just inside the room. The place was packed, everyone crowded around some sort of capsule in the middle, which was the only thing in there that kept its color. We think the inside was occupied but we can't say for certain.
スティーヴンソンが苦心しながら部屋の内部の写真を撮影しました。中はごった返していました。中央にあるカプセルのようなものの周りに大勢が集まっていて、そのカプセルだけが唯一、元の色を保っていました。中に何か入っていたと思うのですが、確証はありません。

After being confronted with this report, a GOC official confirmed that this was the result of their efforts to realize the practical uses of Dr. Wendel's research. In order to avoid similar incidents regarding temporal research, the GOC agreed to transfer all documents and computations Dr. Wendel performed to the Foundation.
本報告を受け、GOC高官は本イベントがウェンデル博士の研究を実用化する取り組みの結果である事を認めました。時間的研究における同様のインシデントを回避する目的で、GOCはウェンデル博士が従事した全ての文書及び計算結果を財団へ譲渡することに同意しました。

Addendum SCP-5552-3: Below is a transcript from the Project CHRONUS team during their meeting to decipher and understand the writings of Dr. Wendel:
補遺SCP-5552-3: 以下は、CHRONUSプロジェクトのチームがウェンデル博士の論文を解読及び理解するために行った会議の筆記録です。

Helsman enters the room. Gupta is staring at a whiteboard.
ヘルスマンが入室する。グプタはホワイトボードを見つめている。

Helsman: Hey Naman.
ヘルスマン: お疲れ様、ナマン。

Gupta: Hey.
グプタ: お疲れ。

Helsman: I uhh, I know it must be hard to hear about what happened.
ヘルスマン: えっと…今回の件については、聞くのが辛かったと思うわ。

Gupta remains silent.
グプタは黙ったままでいる。

Helsman: I mean, I was as confident as you were that our work was correct. And while it's terrible what happened to Wendel and everyone, I'm at least grateful we didn't have to experience our failures first hand.
ヘルスマン: いやまあ、私だって貴方と同じくらい、自分たちの研究は正確だと信じていたわよ。ウェンデルたちの身に起こった事は酷いものだけれど、少なくとも、自分たちの失敗を直に体験せずに済んだのは感謝してる。

Gupta: Dumbass.
グプタ: ノータリン。

Helsman: Huh?
ヘルスマン: え?

Gupta: Wendel. He's a fucking dumbass.
グプタ: ウェンデル。あいつはマジの脳足りんだ。

Helsman: This isn't the time for—
ヘルスマン: そんな事を言っている暇は…

Gupta: No no, like… like look here!
グプタ: 違う、違うんだよ…なあ、これを見てくれ!

Gupta walks back to his desk and grabs one of Wendel's pages of computations.
グプタは自身のデスクに戻り、ウェンデル論文の計算結果の1ページを掴む。

Gupta: For the decay constant, you remember what we calculated that number out to?
グプタ: 崩壊定数の話さ、あの数値を計算した結果は覚えてるか?

Helsman: Something like fourteen decimals. Why?
ヘルスマン: 14桁の小数だったかしら。それが?

Gupta: Well, in the paper it looked like he'd just rounded it to three significant figures but he only used the rounded number in his actual math as well!
グプタ: ああ。論文の中だと有効数字が3桁で丸められている様子だったが、奴め、実際の計算でもその概数しか使ってねえんだ!

Helsman: Well, I mean we only put the rounded numbers in the paper. Guess he didn't have our full data sets.
ヘルスマン: 成程、私たちは論文に概数しか書いていない。彼は私たちの完全なデータは持っていなかったんでしょうね。

Gupta: But you know what this means, right?
グプタ: だがこれが意味する事は分かるな?

Helsman pauses. After a moment she smiles.
ヘルスマンは思案する。程なく彼女は笑みを浮かべる。

Helsman: It might still work.
ヘルスマン: まだうまくいくかもしれないわね。

Gupta: They haven't scrapped our budget right?
グプタ: 上は予算を削りに来てないよな?

Helsman: Not yet.
ヘルスマン: まだ大丈夫。

Gupta: So… do you want to build a time machine?
グプタ: なら…タイムマシンを造りたくはないか?

Helsman: You really didn't have to ask.
ヘルスマン: 訊くまでもないわ。

Addendum SCP-5552-3: Utilizing the remains of their budget, Project CHRONUS constructed a Bi-Directional Temporal Traversal Device (BTTD) over the course of three months. However, upon completion of the BTTD, Dr. Gupta and Dr. Helsman utilized the device without consulting the Foundation Ethics Committee, the Catastrophic Phenomena Contingency Planning Group, or the Department of Causality Consistency. Below is footage from the security cameras at the time of the Project's use:
補遺SCP-5552-4: CHRONUSプロジェクトは残存予算を活用し、3か月をかけて双方向的時間航行装置(BTTD)を構築しました。ところが、BTTDの完成直後、グプタ博士並びにヘルスマン博士は、財団倫理委員会、破局的現象偶発事故時対応計画部会、及び因果律整合部門の協議を受けぬまま装置を運用しました。以下はプロジェクトによる運用時刻の監視カメラ映像です。

Gupta enters the testing area for the BTTD at 2:00 AM. He goes to the control panel and begins powering up the machine until Helsman arrives at 2:08.
午前2時0分、グプタがBTTD用実験エリアに入る。彼はコントロールパネルへと進み、ヘルスマンが到着する午前2時8分までの間マシンの起動を進める。

Gupta: [checking his pocketwatch] You're late.
グプタ: [懐中時計を確認して] 遅かったな。

Helsman: And you haven't told me what you're doing.
ヘルスマン: 貴方が何をしているのか、まだ教えてもらっていないわ。

Gupta: I'm… doing preliminary testing. And thought you should be here for the first trial of our project.
グプタ: 今…予備テスト中だ。そしてプロジェクトの一次試運転には君も立ち会うべきだと考えていた。

Helsman: You're just going to use the time travel machine without telling anyone?
ヘルスマン: 誰にも告げずにタイムトラベルマシンを使おうっていうの?

Gupta: I'm telling you.
グプタ: 君に告げてるだろう。

Helsman: Naman…
ヘルスマン: ナマン…。

Gupta: You know no one would let me go back if I asked! And, well… I need someone to activate the machine after I get inside.
グプタ: 申請したって誰も過去に戻るのを許しちゃくれないって分かってるだろう!それに、そう…、俺が中に入った後でマシンを操作してくれる奴が必要なのさ。

Helsman: But why are you doing this? Official testing is starting in less than a week anyways!
ヘルスマン: でも、一体何のためにこんな事を?どの道1週間と経たずに正式な実験が始まる手筈じゃない!

Gupta: Cindy. I'm stealing our theory back.
グプタ: シンディ、俺は俺たちの理論を奪い返す。

Helsman: Excuse me?
ヘルスマン: 何ですって?

Gupta: Our theory. It still has Jonathan's name on it. I'm stealing it back. I know it's been bothering you too. You pause a little every time you say "Wendel Conduit". It keeps me up at night. He may have taken our work but now we have a machine that let's us fix mistakes like that!
グプタ: 俺たちの、理論さ。ジョナサンの名がまだ載ってるだろう。俺が奪い返す。君もずっと引っかかってるのは知ってる。「ウェンデル・コンジット」と口にする度、いつも間があった。俺も寝付けないんだ。奴に俺たちの成果を奪い去られちまったが、今の俺たちには間違いを正せるマシンがある!

Helsman: You sound absurd.
ヘルスマン: バカみたいよ。

Gupta: But you don't disagree.
グプタ: けど止めないんだな。

Helsman: I… God this is so petty.
ヘルスマン: な…、本当、下らな過ぎるわ。

Gupta: It's not petty. We worked on this for what? Five years? Losing the product of five years of standing at the whiteboard, arguing over simulation results and gathering test data isn't petty.
グプタ: 下らなかないさ。どれだけの時間をこの研究に費やした?5年だよな?ホワイトボードにかじりついて、シミュレーション結果について激論して、実験データをかき集めたあの5年間の失われた結晶は、下らなくなんかない。

Helsman: You know as well as I do that you can't control how much you change.
ヘルスマン: 貴方もわかってるはずだけど、どれだけ歴史を変えられるかなんて、思い通りにはいかないのよ。

Gupta: Yes, yes. There's actions in life which set off long chains of events that have effects no one could predict, yada yada yada. But for every one of those actions, how many others have almost no impact on tomorrow? If you arrived here three minutes earlier that wouldn't change the conversation we're having now. Only so many actions can mean something. And for all we know I could be avoiding catastrophes instead of starting new ones.
グプタ: ああ、わかってる。人生には、長い長い事象の連鎖を引き起こす行動がある。それは誰も予測できない結果を齎すことも…とか何とかってやつだろ。だがそういった行動の数に比べて、未来にほとんど影響しない行動はどれだけあると思う?仮に君がここに来るのが3分早かったところで、俺たちの今の会話は変わらなかっただろう。意味のある行動はそう多くはない。俺のせいで何か問題が起きる可能性はあるが、逆に大惨事を防いでいる可能性だってあるだろう。

Helsman: That doesn't sound very… scientifically sound.
ヘルスマン: それはあまり…科学的ではない言い分ね。

Gupta: I've run some of the numbers. I'm almost certain that if I just help us come up with some of our interpretations of the data a little faster that I can recreate everything without any significant difference up through us publishing our research.
グプタ: いくつか試算してきたんだ。ほぼ間違いない。データの解釈をもう少し早く考えつくよう手助けさえしてやれば、俺たちが研究を発表するところまで大差なく全てを作り直せる。

Helsman sighs.
ヘルスマンは嘆息する。

Helsman: How far back are you going?
ヘルスマン: どのくらい戻りに行くの?

Gupta: January. So eight months. Should give me enough time to speed our research along so we can publish in that particle physics conference in March. Before Jonathan is able to steal it.
グプタ: 1月まで。だから8か月か。研究を早めて3月の素粒子物理学会で発表できるようにするには十分な時間のはずだ。ジョナサンが盗み出す、その前に。

Helsman: … fine. Just promise me that we get co-first author.
ヘルスマン: …わかった。これだけは約束よ、私たちを共同第一著者にして。

Gupta: That was always the plan.
グプタ: 初めからそのつもりさ。

Helsman: Hop in.
ヘルスマン: 乗って。

Gupta: Thank you so much.
グプタ: 恩に着る。

Gupta enters the BTTD Traveller Capsule while Helsman takes over at the control panel. After Gupta is strapped in, Helsman walks over to the Traveller Capsule.
グプタがBTTD航行カプセルに入る間に、ヘルスマンはコントロールパネルの管制を引き継ぐ。グプタが内部で姿勢を固定した後、ヘルスマンは航行カプセルに歩み寄る。

Helsman: [shouts] Good luck.
ヘルスマン: [叫び声] 幸運を。

Gupta: [shouting through the capsule] I won't need it! I should have as many tries as I need.
グプタ: [カプセル内から叫んで] 必要無えよ!もしもの時は何度でもやり直してやるさ。

Helsman nods and walks back to the control panel.
ヘルスマンは頷き、コントロールパネルへ戻る。

Helsman: That's the least comforting thing he could've said.
ヘルスマン: 一番慰めにならない返事ね。

Helsman activates the BTTD. Power is drawn from the entirety of the site, causing the surveillance cameras to shut down.
ヘルスマンはBTTDを起動する。サイト全体から電力が消費され、監視カメラが停止する。

文書1/6(Document 1/6)



ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License