限りない愛

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


 けたたましい警報と強い衝撃が僕の意識を目覚めさせる。

 緊急事態であろうことは直ぐにわかった。しかしそれは重要では無い。

 衝撃の影響か収容室の壁は壊れ、穴が空いていた。そして、自身を捕らえているはずの拘束具は見当たらなかった

 つまり、今ならばここから逃げ出せるという事だ。もっと、人の為になれるという事だ。

 この幸運に幸運に感謝した。一つ問題があるとすれば、衝撃の原因であろう異常実体が、明らかに僕の方に目を向けていると言うことだが。

 半壊状態の建物内を駆ける。もちろん、大切なみんなが支えてくれているから、死ぬことが嫌なわけじゃない。むしろ、みんなのために死ぬ事が僕の義務だ、僕の喜びだ。けど、このままあの異常実体に捕まってしまったら、数回しか大切な人のために死ねない。僕はもっとたくさん死にたい。たくさんの人のために死にたい。

 廊下をまっすぐ駆け、突き当たりを右に曲がる。階段を下り、食堂を抜け、二股に別れた廊下を左に曲がったしたところで、もう一方の道に一人の女性を見た。

 "お前が守らないでどうする"

 もう居ない、父からの声が聞こえた気がした。今の僕に必要なのはたくさんの大切な人を作ることだ。けれど、彼女を助けないという考えは不思議と浮かばなかった。

 身を翻し、異常実体の方に体を向ける。異常実体はすでに、僕の方を向いてはいない。

 異常実体がその歪な触腕を振りかぶる。

 どうか間に合えと願いながら、僕は触腕の前へ飛び出した。








 女が覚えているのは、ほんの一言耳にしただけの声と、その男が女の命を救ったということだけ。

 女の初恋の相手は英雄だった。命を懸けて多くの人を救ってきた。多くの事の助けになった。彼女を命の危機から救ったのは、そんな男だった。

 彼女は彼のことをずっと探し続けていた。彼女の書いた論文が財団職員の目に留まり、財団で働くようになってからも、彼女は自身を助けてくれた誰かのことを探し続けていた。

 そうして、3年が経過する。

「担当者が変わったみたいだね」
 
 彼女が収容対象の点滴を交換していた時に響いた声は、……彼の声だった。それはあまりにも予想外で、目を背けたくなるような忌むべき形での再開であったはずだ。

 しかし彼女は、やっと彼に会えたと思った。彼のことをもっと知りたいと思った。もっと一緒にいたいと思った。

 そして、彼の1番大切な人になりたかった。そうじゃないことが、許せないと感じた。

 直接接する人型オブジェクトだ。彼女は報告書を、目に穴が空くほど読み込んでいる。だから、何をすればいいかはすぐに思いついた。

   あまりにもバカげているのは分かっている。許されることでないのも分かってる。そもそも、1番になんてなりようがないこともわかっている。けれど……。

 そんな思いで彼女は返答する。

「ええ、よろしくお願いします。私は、  








 女の前に躍り出た男の体は、当の彼女によって突き飛ばされた。

 そして、触腕に体を貫かれた彼女と、男との間にガシャンとシャッターが降りる。

「どうして……」

「私は嬉しいんですよ!何度もあなたが私を助けようとしてくれて!1番沢山助けてもらえて!だから、私も1番助けたいんです!あなたの1番大切な人になるために、1番死ななきゃいけないんです!私は、  

 命を懸けて男を救った英雄は、ただの1度も弱音を吐くことがなかった。

ERROR

The aster_shion's portal does not exist.


エラー: aster_shionのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3669025 ( 01 Jun 2018 11:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License