「現実緩衝装置」案走り書き

「電磁誘導とは磁束が変動する環境下に存在する導体に電位差が生じる現象である」(ウィキペディア「電磁誘導」の項より)

概要: 磁場に対する電磁石の要領で現実場の変動を抑制する緩衝装置が作れるのでは?

模索中の原理: これまで財団やファンサイトでヒュームや奇跡論を扱った記事を読んでいるうちに、現実場やEVE量子といった用語を目にする機会が何度かありました。量子力学には理解が追いつきませんでしたが、現実場というある種の力場なら自分の知っている電場や磁場の性質になぞらえて理解できるかもしれないと色々と調べたり考えてみたところ、電磁誘導のような現象がヒューム値や現実場の変動でも起こり得るのではないかと思いつきました。
この思いつきをもとに冒頭の電磁誘導に関する記述を現実場に当てはめると「現実性誘導とは現実場の強度が変動する環境下に存在する現実性伝導体にヒューム差が生じる現象である」と言い換えられられて、なんだかもっともらしく聞こえます。既存の現実性伝導体としてはベリリウム銅がこれに相当すると考えています。
また電磁誘導についてのレンツの法則、つまり電磁誘導は発生原因となった磁場変動を妨げる方向に磁場を発生させるという法則が"現実性誘導"にも適用されるとすれば、観測や動力を必要とせずある程度自動的に現実改変を打ち消す機構を作ることもできるのではないかと考えました。大まかな形としてはベリリウム銅製コイルを使ったリターダのようなものを想定しています。

懸念事項: しかしながらこの装置と理論は思いついてから1年以上が経過したアイデアで、当時は何かしら数学的に計算しようとしていた形跡もありますが現在はそれらを再現できそうにありません。ヒュームや奇跡論、スクラントン現実錨についても未だ十分把握できているとは言いがたく、既存のカノンとの衝突を懸念しています。また、理論的な問題を解決あるいはうまくごまかせたとしても"便利なマジックアイテム"になってしまうようでは記事をより面白くすることができません。そのため装置を記事に登場させるにあたっては理論だけではなく、財団世界の団体がこの装置を開発・運用する必要性も提示しなければならないでしょう。
これらの懸念事項を自分一人で解決するのは難しいと判断したため、物理学やヒューム、物語上での現実錨の効果的な使用方法などの知識を持つ方によるアドバイスを希望しています。

装置を使用する意義
現在財団は現実改変実体の収容にカント計数機およびスクラントン現実錨を使用している。しかし中には平時の現実性変動が少ない一方で突発的に現実改変を発生させるものもあり(SCP-2222-JPなど)、そのようなオブジェクトに対して常に万全の態勢で現実錨を稼働させる収容方法は費用対効果が低いのではないか。突発的な現実改変への備えとしてこの装置を補助的に使用することで、平時のスクラントン現実錨稼働コストを抑えられるだろう。

利点:
1.電源を必要とせず自動で動作するため、緊急時の信頼性が高い。
2.突発的な現実性変動発生の際にも即座にデータを提供できる。カント計数器の補助。
3.基底現実の現実性を利用して動作するので並行世界との予期せぬ相互作用のリスクを減らせる。
欠点:
1.動作に現実場の変動が必要なため、継続して現実性の操作が必要な収容手順には向かない。
2.同様の理由で長時間高ヒューム値を維持するような対象の観測には向かない。
3.そもそも現実改変やヒューム、奇跡論への理解が足りていない。既存の現実錨カノンと対立しないか?“反現実性”とでも呼ぶべき謎のポテンシャルが発生しないか?
4.高ヒューム値で安定してしまうと除去が困難。

その他
DJ・カクタスの提言Ⅱに登場したスクラントン-ケンプ共鳴緩衝機という名前はこのアイデアを表すのに適しているように思われる。

主な参考記事
FAQ;~ヒュームって一体全体なんだ?
████████████教授の応用奇跡論の講義の書き起こし
EVE余剰次元仮説(現実子-奇跡統一理論)


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The n-sing's portal does not exist.


エラー: n-singのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3663024 (30 Apr 2020 05:57)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License