SCP「蒼炎心力剣・鉄波威風(鉄パイプ)」
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在サイト-81██にある低危険度オブジェクト収容用ロッカーにて保管されています。SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-1の接触は危険であるため、実験の際は常に銃火器を武装した職員二名を同行させてください。

説明: SCP-XXX-JPは、全長1.31.2m、外径48.6mm、内径41.6mmである一般的に「鉄パイプ」と呼称される鉄製の管です。

SCP-XXX-JPを武器として使用した際に異常性が発現します。オブジェクトの所有者が明確な戦闘態勢に入った際、両端に空いている穴から炎のように見えるエフェクトが放出されます(なお、このエフェクトは熱を保持していない模様)。炎のエフェクトが出たのを合図に対象を攻撃すると、通常ではありえないほどの撃力を見せます。SCP-XXX-JP-1の証言及び実験の結果から、この撃力はSCP-XXX-JPにかけた遠心力の強さや時間に比例して増していることが分かりました。これらの異常は実験により、10cm切り離されたSCP-XXX-JPの一部にも発現することが確認されています。

SCP-XXX-JPによって発生する炎のエフェクトは、使用した人物によって変化します。現在確認されているパターンは3種類です(以降、SCP-XXX-JP-a,-b,-cと呼称)。実験の結果により、このエフェクトの変化に伴い、遠心力によって追加されるSCP-XXX-JPの撃力に変化が現れることもわかっています。


SCP-XXX-JP-1は身長176cm、体重75kgの日本人男性です。発見当時は、SCP-XXX-JPの最初の保有者として事情聴取を受け、その後の実験結果によってSCP-XXX-JP-1と分類されました。分類後の事情聴取では、SCP-XXX-JP-1にしかSCP-XXX-JP-aを発現させることができず、そのメカニズムにはSCP-XXX-JP-1の遺伝子が関わっているとの情報が入手できました。

現在、研究員一同はSCP-XXX-JPのもつ異常なまでの破壊力をどうにか量産できないかと模索しています。また、SCP-XXX-JP-aの発現条件から、どうにかSCP-XXX-JP-1の遺伝子を使った研究が執り行えないかと上層部への実験許可を得ようとしていますが、倫理委員会の猛反対を受け現在は禁止されています。

補遺:

ERROR

The kakanntosu's portal does not exist.


エラー: kakanntosuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3661818 ( 05 Jan 2021 08:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License