お世話スズメ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-███の標準的な鳥類用収容区画に収容してください。SCP-XXX-JPはその異常性により、サイト内の職員は1時間SCP-XXX-JPによるセラピーを受ける権利があります。セラピーを受けたい職員は鳥井博士に許可をもらってください。

説明: SCP-XXX-JPは10羽のスズメ(Passer montanus)です。
SCP-XXX-JPの異常性は29.1m内に人間
が存在することで発生します。
SCP-XXX-JPの範囲内に人間が存在する(以下被験者)と、SCP-XXX-JPは活性化状態になり、被験者の周囲を、被験者が快適に住める環境に変化させます。

実験記録XXX - 日付20██/4/26

対象: D-2031

実施方法: 頭部にカメラを装着させたD-2031をSCP-XXX-JPの範囲内で移動させ、その後の反応を24時間観察。

5:00 実験開始

5:00 D-2031がSCP-XXX-JPの範囲内に侵入、3秒後に二階建ての一軒家が出現。D-2031の実家のようです。

5:30 家の中を歩き回る

6:00 7:00までテレビを視聴

7:00 SCP-XXX-JPが白米と焼き魚を運んでくる。後にD-2031の実家の朝食と判明。

7:30 10:00までテレビを視聴

10:00 D-2031が立ち上がり、二階に上がっていく。

10:10 D-2031が階段を上がって右側にある部屋に

結果: D-2031が望んだものは全てSCP-XXX-JP群が持ってきていた。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Owata514's portal does not exist.


エラー: Owata514のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3639280 ( 16 Jul 2019 13:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License