これはSCPだ!!(ボツ案)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-████の食堂の壁に固定されており、外すことは出来ません。よって注意喚起を促し、 職員が触れないようにしてください。

説明: SCP-XXX-JPは墨汁で不安と書かれている横15cm、縦26cmの和紙です。
SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPに触れた時に起こります。SCP-XXX-JPに触れた人間(以下SCP-XXX-JP-1)は当たり前のことを異常性を持っていると認識し、SCPと断定するようになります。最終的にSCP-XXX-JP-1は一週間経過するか、Cクラス記憶処理を施すと、異常性が無くなります。
SCP-XXX-JPはサイト-████の食堂の壁に画鋲で固定された状態で発見されました。取り外しのためにSCP-XXX-JPに触れた鈴木職員と三浦職員が暴露したことによって異常性が確認され、収容されました。

インタビュー記録-XXX-JP

対象: 暴露した直後の鈴木職員

インタビュアー: 木村研究員

録音開始

木村研究員 どうしたんだ鈴木、なにしてんだ?

鈴木職員 みてわからねぇのか!?SCPがいるから隠れてんだよ!!

木村研究員 ちょっと待て、SCPは全て特別収容プロトコルに基づいて収容されてるんだ、そんなことはありえない。

鈴木職員 じゃあこれはなんだよ!!ペットボトルに水が入ってるじゃねぇか!!SCPだろ!?

木村研究員 何を言ってんだお前、そんなの当たり前のことだろ?

鈴木職員 まさかお前…もうSCPに洗脳されてるんじゃないか?よく見ろよ!!SCPが大量に放し飼いにされてるんだぞ!!見ろよ!ゴミ箱の中にティッシュが入ってる!!どうみてもおかしいだろ!!あれもだ!草田博士が持ってるあの草も絶対SCPだ!!

木村研究員 こいつは…インタビューを終了、鈴木職員を落ち着かせろ。

<録音終了>

補遺: 草田博士が所持していた植物はオジギソウ(Mimosa pudica)であり、また、鈴木職員がSCPと認識していた物質は全て異常性は見つかりませんでした。


ERROR

The Owata514's portal does not exist.


エラー: Owata514のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3639280 ( 16 Jul 2019 13:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License