Owata514-12--9751

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


これは俺の一番古い記憶。
俺が人間じゃなくなった日。

記憶が蘇る。

声が聞こえる。
「異常性が発現しなかった?さっさと処分しておけ。」
異常性?処分?なんだそれ。
だんだん目が覚める。俺は半裸で手術台のようなものに寝そべっていた。「起きろ。」隣にいた男がそう言う。上着をくれと言う。が「そんなものは必要ない」と一蹴された。男について行くとガラス張りの部屋の中に人がいる。髪の毛が針のように鋭い人、拳が金属みたいになってる人、めちゃくちゃパンチが早い人。ここはなんだ?と思い男に聞いてみる。「お前には必要ない情報だ」イラッとする。イライラしながらついて行くとドアの前で止まる。男は「ここに入れ」と言っている。嫌だと言うとハゲにボコボコにされて無理矢理入れられた。
その部屋にはモジャ髭の男と、ランボーみたいなやつと緑髪の少女がいた。ここはどこだ、と聞いてみる。モジャ髭曰く「人間兵器生産センター」らしい。なんでもここはマッドサイエンティスト共が死刑囚にやばい人体実験をするところらしい。まるで武器人間みたいだと思っているとランボーが「お前の異常性はなんだ?」と聞かれる。異常性?少し前の記憶が蘇る。「異常性が発現しなかった?さっさと処分しておけ。」

ERROR

The Owata514's portal does not exist.


エラー: Owata514のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3639280 ( 16 Jul 2019 13:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License