記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-XXX-JPは██県██山に存在する二階建ての屋敷です。外見上、老朽化が進行していますが、内部は老朽化による劣化は存在せず、一部破壊耐性を有しています。

SCP-XXX-JPは10代前半~30代後半までの1~6人のみ出現し、対象は内部に侵入します。対象がSCP-XXX-JPを1時間以上探索すると、未知の実態生物(以下、SCP-XXX-JP-1)が出現し、対象を攻撃します。SCP-XXX-JPの内部から鍵を入手しない限り、脱出不可能になります。また、SCP-XXX-JPの内部に存在するSCP-XXX-JP-1に関する資料は全て異なっています。

SCP-XXX-JP-1の外見は全て異なっており、2回目以降の同じ外見の証言は発見されていません。
以下、SCP-XXX-JP-1に関する記録です。
番号 外見説明 関連情報
SCP-XXX-JP-1-A 首と足が変形した10代前半の女性のように見える人型実体 です。額に直径50cmの腫瘍があります。 20代後半の男性によって発見された文書です。文書にはSCP-XXX-JPの当主である██ ██氏が10代前半未満の少女の鑑賞目的で科学的に作成したと記述しています。
SCP-XXX-JP-1-B 青色の眼球が特徴的だった事以外、外見不明 です。 20代前半の男女3人によって発見された文書です。文書にはSCP-XXX-JP-1-B関連の宗教的文献、教祖の██ ███氏を中心とした宗教団体の儀式によってSCP-XXX-JP-1-Bが出現したことについて記述されています。
SCP-XXX-JP-1-C 体長3mのオオカミです。両目が損傷しており、肉体による劣化が見られます。基本的に二足歩行で行動しますが、対象を発見すると四足歩行で追撃します。 10代前半の女性2人よって発見された日記帳です。日記帳にはSCP-XXX-JPの庭にSCP-XXX-JP-1-Cが満月の夜によって墓場から蘇生したと記述されています。
SCP-XXX-JP-1-D 体長4mの般若の仮面です。眼孔から光が放出しており、対象がSCP-XXX-JP-1-D付近にいた場合、口から火を噴出しています。 10代後半の男性はSCP-XXX-JP-1-Dに対して「屋敷の防犯システム」と証言しており、同行していた20代前半の男性二人が現在行方不明です。
SCP-XXX-JP-1-E ヴィクトリア朝の貴族服を着用した80代男性です。太股から脚部がなく、衣服には血痕が付着しています。 内容

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The ONIBI's portal does not exist.


エラー: ONIBIのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3631250 ( 15 Jul 2019 03:52 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License