俺より強い奴に会いに行く

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは

説明: SCP-XXX-JPは不定期に出現する人型実体です。SCP-XXX-JPは白いドレスを身に纏った女性のような容姿であり、基本的には友好的な振る舞いを見せます。

SCP-XXX-JPは出現した際必ず1人の人物(以降対象と表記)と接触を行い、何かを囁く、手を握るなどした後に消失します。SCP-XXX-JPが対象に囁いている内容を記録することはすべて失敗に終わっています。

対象はSCP-XXX-JPとの接触を終えると、付近に存在するスポーツジムやボクシングジムなどの施設に向かい、そこに滞在している人物たちに勝負を挑みます。勝負を挑まれた人物はそれを拒否することなく受け入れ、対象と殴り合いなどの行為を開始します。この行為はどちらかがこれを継続不可能な状態に陥るまで続行されます。ただし、対象が勝利した事例はほとんど存在していません。対象が敗北すると1その場に滞在していた人物たちはこの状況が異常であることを把握することが可能になります。

対象がこのような行動を起こすのはSCP-XXX-JPが原因だと推測されていますが、SCP-XXX-JPがなぜそのようなことをしているのかといった目的などは判明していません。また、対象に見られる共通点として、ほとんどの場合においてナタや釘バットなどといった凶器になりうる道具を所持しているというものがあります。対象がそのような道具を所持していることとSCP-XXX-JPの関連性は明確にされていません。

追記: SCP-XXX-JPが対象に対して比較的大きな声量で話しかける事例が発生し、SCP-XXX-JPの発言の一部が防犯カメラに記録されていることが確認されました。以下のものは記録された音声です。

映像記録XXX-JP

<記録開始>

[SCP-XXX-JPが歩いていた対象の目の前に出現し、笑顔で手を振る]

対象: うわ、何だこいつ。

SCP-XXX-JP: [笑顔のまま対象に近づき、耳元で何かを囁く]

対象: 何で知ってんだよ……気持ちわりいな。

[対象がSCP-XXX-JPから離れるように小走りで移動を開始する]

SCP-XXX-JP: ███さーん!2

[対象が立ち止まりSCP-XXX-JPの方向に振り向く。SCP-XXX-JPは対象に近づいていく]

対象: な、何だよ。

SCP-XXX-JP: 誰でもよかったなんて言っちゃってー。こんなことなかなかできないんですし幼稚園なんかじゃなくてもっと強いやつにチャレンジしてみましょうよ。[口を押えるような仕草をする]ちょっと声大きすぎたかな。

対象: ……確かに。

[SCP-XXX-JPが微笑み、対象の手を握る]

[対象がこれまで向かっていた方向と反対方向に走り出す]

SCP-XXX-JP: よし。[ガッツポーズを取った後に消失する。]

<記録終了>

その後対象は暴力団事務所に侵入し、その後の行方は確認されていません。

ERROR

The bamboon's portal does not exist.


エラー: bamboonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3591242 ( 02 Jun 2018 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License