おばけ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


お化けなんてないさ
rating: 0+x
こわい

 SCP-XXX-JP-Jによる投稿と見られる動画のスクリーンショット

アイテム番号: SCP-XXX-JP-J

オブジェクトクラス: Keter Safe

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JP-Jは日本全土に出現する霊的実体の総称です。SCP-XXX-JP-Jは基本的に「心霊スポット」と呼ばれる場所に出現します。SCP-XXX-JP-Jは生物に対して敵対的なもの、そうでないものに分けることができます。

SCP-XXX-JP-Jに共通する習性は、生物を驚かせる、恐怖させることを好むというものです。SCP-XXX-JP-Jの大半は1度それを達成することにより満足しその場から消失しますが、ごく稀に生物に憑依することがあります。これは神社等で行われる「お祓い」と呼ばれるものを行うことで除去することが可能ですが、科学的根拠は示されておらず、原因は不明です。

SCP-XXX-JP-Jによって行われた一連の行動は、第3者が撮影をしているという形式で動画、または写真に記録されインターネット上に投稿されます。これはSCP-XXX-JP-Jが生物に対して接触した場合必ず発生し、止めることは不可能です。動画、画像は削除しても再び投稿されます。その結果、インターネット上には大量のSCP-XXX-JP-J関連動画が存在しています。このことや、全国のSCP-XXX-JP-Jが出現する場所の監視、警備は困難であることから、完全な収容は不可能と判断され、オブジェクトクラスはKeterに制定されました。

補遺: インターネット上に存在するSCP-XXX-JP-J関連の動画、画像を削除した直後に削除に使用した端末が送信元不明のメールを受信する等といった事態が多発しています。メールの内容の大半は「消さないで」「今回は盛れたのに」「また投稿するのが面倒」等といったものであり、現在SCP-XXX-JP-Jとの関連性が調査されています。

追記: SCP-XXX-JP-Jの収容について稲川博士から提案がなされました。以下の内容がその提案をまとめたものです。

  • TV等のメディアを用いて心霊現象特集などの番組の撮影を行う。
  • インターネット上に存在するSCP-XXX-JP-J関連動画をその番組内で紹介する。
  • その動画の中に財団が撮影したクオリティの低いものを紛れ込ませる。(これによってSCP-XXX-JP-J関連動画の信憑性を低下させる)
  • 出演するタレントに霊に取り憑かれたという設定でわざとらしい演技をしてもらうよう依頼する。
  • スタジオでVTRを視聴するタレント達に大袈裟に怖がっているフリをしてもらうよう依頼する。(これによってSCP-XXX-JP-Jの欲求を満たす)

この提案を受け、実験としてSCP-XXX-JP-Jの存在を知らないDクラス職員10名に作成した番組を視聴させたところ、SCP-XXX-JP-Jの映像に対して「クオリティが低い」「演技をしているようだ」等という感想が多く見られました。この後も同様の実験が行われましたが感想は概ね同じであり、稲川博士の提案は採用され、作成された番組はTVで定期的に放送されることとなりました。

また、警備に人員の多数を裂けないために困難とされてきたSCP-XXX-JP-Jの出現場所の警備、監視についても稲川博士から提案がなされました。その提案とは、素行の悪そうな人物を2、3人該当場所に設置するというものでした。これは提案当初は批判されましたが、実際に試してみると肝試しに来たと思われる若者達の殆どは設置した人物を見ると来た道を引き返しました。このことからこの提案も採用され、至急機動部隊あ-44("夜露死苦")が結成されました。

この後、番組の放送によりSCP-XXX-JP-Jの存在の信憑性は低下し、機動部隊あ-44("夜露死苦")の設置により一般人とSCP-XXX-JP-Jとの遭遇率が低下しました。財団はこの状態をSCP-XXX-JP-Jの収容に成功したと判断し、オブジェクトクラスはSafeへと変更されました。

ERROR

The bamboon's portal does not exist.


エラー: bamboonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3591242 ( 02 Jun 2018 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License