恋昏崎新聞社フォーマット
rating: 0+x
blank.png
最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
test911.jpeg
沖縄県の住宅火災、無許可の超常住宅での心中か 遺書らしきメモ発見
2008/3/24 10:22
撮影: 恋昏崎新聞社

 24日午前0時48分頃、沖縄県国頭村の住民から「近くの住宅から火が出ている」と119番があり、消防車が出動した。国頭地区行政事務組合の発表によると、火は他の住宅に延焼せず約20分で鎮火したが、住宅の内外に火災や消火活動による影響はなく、現場からは複数の遺体と遺書とみられるメモが発見されたという。また、遺体にもやけどは見られなかったことも明らかにした。名護署はこの件について、火元の家が自治体の認可を得ていない超常建造物にあたる可能性があると見て、行方不明となっている住人、所有者の捜索を行う方針を示している。

 関係者によると、住宅からは身元不明の男女4人と、村に登録されていない猫2匹の遺体が見つかっている。出火元は1階のリビングで、ガソリンが撒かれていたという。近隣住民への取材では、住人を見かけることは少なかったことが明らかとなっている。


header.jpg
hirosue.jpg
▲広末 孝行 明大政治経済学部卒、東弊重工本社総務部で10年勤続後退社し、恋昏崎新聞社へ入社。最近スキンケアに気を遣うようになった。

 今回の事件で亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。

 ヴェールが崩壊して間もないころ、一般の人々のうちアノマリーの存在を好意的に受け止める層は、ありとあらゆる分野に革新的な変化が訪れると期待していました。今回の事件にも関わる、形成外科学や美容外科学、義肢製造もその1つです。

 超常的な性質を持つものの中には、人の外見を変えるものも多く存在します。その原理が解明されれば、肉体全体を安全かつ自在に作り変える施術も実現するでしょう。しかし、安全性や再現性の問題をクリアしたとしても、個人を示す顔や指紋を手軽に変えられるようになることは、社会に希望だけでなく大きな混乱をもたらします。財団をはじめとする正常性維持機関はそのような事態を避けるために、先に挙げた2分野の活動を制限してきました。

 この事件は、市民の声に耳を傾けようとしない財団の態度と怠慢から起きたものであるのは明白です。

ERROR

The TF2045's portal does not exist.


エラー: TF2045のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3545776 ( 01 Jun 2018 09:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License