ファウンデーション・ファンタジー(FF)

現在このページの批評は中断しています。



神話


帝国の建国神話(この世界の設定)

この世界の神話は僅か[年数]年しか遡らない。

太古の人々は機工技術に優れ、繁栄した。

ある一人の人間が提案をした。

「高い塔を作ろう。その塔を登り、天に住む人に会いに行こう。」

作られた塔は虚空を貫き、天に住む人々の里へ遂に届いた。

彼らは私達とよく似た姿をしていた。しかし彼らは特異な能力を持っていた。

自らの意思のままに物理法則を操り、森羅万象へ介入し、時に何かを創造することができた。

彼らは魔法を操ることが出来たのだ。

彼らは魔法により栄華を極め、全てを手に入れた民族だった。それゆえに欲を持たず、争うことをせず、他を嫉妬することもない。ほぼ無限の時間を生き、ボーっと1日を不自由なく友や恋人と穏やかに過ごすのみだった。

彼らの文明に名前を付けるなら「停滞」が相応しい。完成された物語に先がないように彼らの文明は停滞している。そんな中、天の下の人たちが訪ねてきたのは彼らには刺激的だった。それこそ何十年も続編の出なかった傑作の第二巻だった。

天に住む人々は全てを持っていたが傲慢では無かった。天の上の人々と、天の下の人々はすぐに打ち解け、天を挟んだ上下という概念は曖昧になっていった。天の上の人々は、天の下の人々の躍進的な文明に刺激を受けた。天の下の人々は、天の上の人々の操る魔法に刺激を受けた。両文明はお互いを尊重し、共に成長し、遂に融和をし始めた。

しかし傑作の二巻とは大抵駄作なものだ。

天の上の人々は"自分の意思"を魔法に溶かす。しかし何千年という年月を停滞に過ごしてきた彼らに、天の下の人々の話す言葉や起こす行動はあまり刺激的だった。これは魔法の暴走として現実のものとなる。

ある時、天の下の人が放った冗談が、天の上の人の笑いのツボに刺さった。天の上の人は半日笑い続け、笑いやむまで冗談を基にした魔法が暴走し続けた。

ある時、天の下の人が話した英雄の逸話が、天の上の人の心を熱くした。天の上の人はその英雄に強く影響され、遂に魔法が暴走し、在りし日の英雄の実体が約半年は世界に居続けた。

彼らの感情は、彼らの感情があるがままに魔法となり、実体を得る。ただし感情とは永遠ではなく、ほとんどの魔法が"飽き"によって終わりを迎える。ただ一つの感情を除いては。。。。

恐怖とは人々の周囲を付きまとい、そして離れない。ある時、天の下の人が話した神話が、天の上の人を恐怖に叩き落した。巨大な悪竜が人々を食らい、世界を闇で包む。科学を得た天の下の人々が克服した恐怖の神話、有体に言えば恐怖の作り話だ。しかし天の上の人々は作り話としては処理できなかった。

巨大な悪竜が天の上の里に降り立つ。そしてその悪竜は時間が経っても消えず、天の上より災いを降らせた。天の下の人々は武器を取り、戦いを挑んだ。天の下の人々は、天の上の人々に協力を打診した。しかし、天の上の人々はもう役に立たなかった。

恐怖は恐怖を呼び、恐怖と交じり、恐怖と繋がる。恐怖は新たなる恐怖となり、天の上の人々を包み始めた。眼が合わぬ限り兵士たちの首を次々捻る恐怖の魔像。如何なる攻撃も通用せず凶暴に兵士を食らう脅威の地竜。若き兵士に異次元より忍び寄り腐食させ溶かし異次元へと攫う醜悪な魔人。世界は恐怖の魔法で包まれた。

こうして世界は今日まで恐怖の魔法達に脅かされ続けている。天へ届く塔が魔法に壊された今も、天の上の里では天の上の人々が部屋の隅で縮こまり、恐怖の魔法を生み出し続けている。


文明の歴史と崩壊


この世界(ムンデュスmundus・ハレットharet・デゴームDheghom)

この世界の文明は、大きく分けて3つの歴史から成る。

1つ目の文明は、栄華を極め、神の領域に達した超文明だ。この文明の遺跡をみるとまさに次元の違う文明力を実感できる。これ程の文明が何故姿を消したか、それは神話にすら残っていない。

2つ目の文明は、1つ目の文明が滅びた後に成立した文明だ。1つ目の文明には劣るものの、優れた機械文明で栄えた。天に届く塔と文明の崩壊は神話に残されている。

3つ目の文明が今現在の文明だ。1つ目の文明に比べれば残りカスのような技術力しかない文明であり、貧しい文明だが、魔法という不思議な力を得た文明だ。

2つの崩壊

この世界は今までに文明を破壊する規模の崩壊が2回(4Kカノン採用だから正確には3つ)あった。
1つ目は、1つ目の文明を滅した大崩壊。
2つ目は、神話で語られる魔法による崩壊だ。


世界


天の上(カエルムcaelum・エリシュオン・カリュオン)

天蓋・天球とも呼ばれる空に浮かぶ第二の地平に根付く文明だ。

魔法を自在に操る民族が暮らし、神話通りの生活を営んでいた。魔法による崩壊の後は、恐怖の魔法を産み出すだけの場所になっているとされているが、塔が崩壊した今となっては確かめる術がない。

天の下

地上・芯球とも呼ばれる大地に根付く文明だ。

芯球に栄える文明は、母なる大地から鉄や水を享受することで高度な機械文明を築く。文明が幾度滅び、民族が入れ替わっても発展する文明は変わらず、不思議と運命づけられているように機械文明が栄える。


国家・団体


帝国(Gentes Opponentis contra Caelum天へ対抗せし氏族たち)

かの国の興りは約[年数]年前。当時、天の上から降り続ける恐怖の魔法により、世界中で魔法による破壊が深刻化していた。そんな中、崩壊した[国名①]国の首都[街の名前]に若き男が突如として現れ、疲弊した民に戦いを説いた。その男は圧倒的な統率力で民忠を集め、魔法たちへ戦争を仕掛けた。この戦争は僅か4日で集結し、多くの魔法を破壊することに成功する戦果を挙げた。この男は民忠そのままに崩壊した[国名①]が存在した地に"[国名②]"を建国。初代皇帝[人名]一世を名乗り、その後も魔法を狩り続けた。建国から[年数]が経つ今もこの戦争政策は続けられており、大国へと成長した[国名②]は人々の生存圏を守っている。彼らの目標は魔法の根絶、即ち天の上の人々の殲滅だ。

ゲートを通じてこの世界にやってきた世界オカルト連合の仮の姿。

聖・天の神官団教会(Sancti Caelites Pontificum 聖天神団・ファウデシオ教会)

建国神話に基づく教えを説く教会。帝国領内で信仰される宗教であり、主に魔法使いやその親族に信仰されている。

帝国が出来て間もない頃、帝国は一人の魔法使いを捕縛した。その魔法使いは恐怖に心を破壊され、恐怖の魔法を生み出す機械と化していた。帝国はこの魔法使いを処刑しようとしたが、そこにある若者が割って入る。若者は「この者から魔法を取り上げてみせる」と言うと魔法使いに水瓶を啜らせた。魔法使いは恐怖を克服し、機械ではなくなった。若者は「恐怖は払う事が出来る」と言うとどこかへ立ち去ってしまった。それを目の当たりにした民衆と、救われた魔法使いが協力し作ったのが教会である。あの若者を救世主と呼び、天の上の人々を殺す以外の道を説いている。

帝国へ魔法使いが士官する際の窓口となっているのが教会だ。帝国は教会を煙たく感じるが、斬るに斬れない。

ゲートを通じこの世界にやってきた財団の仮の姿。この世界を支配し、封じ込めたいがGOCに先手をとられている。魔法使いの殺害に消極的な姿勢は、収容という目的のためだろう。


民族


天の上の人

神話の通り、世界を魔法により崩壊させた存在達だ。世界が魔法に包まれてから今日に至るまで、天の上の人々の多くは今でも恐怖の魔法を生み出し続けている。

天球に住んでいた彼らは、1つ目の文明の生き残りであり、厳しい環境下で魔法を獲得した種族である。
1つ目の文明が健在だった頃に不老手術を受けており、ほぼ無限に近い時間を生きることができる。脳の不老手術のみ不完全であったため、脳シナプスの再生薬を定期的補給しなければならないが、文明の崩壊によりそれは不可能である。そのため、自分たちがどのようにして魔法を会得したか、何故1つ目の文明は滅んだか、それを記憶している者はいない。

天球に存在する文明、或いは天球自体を生み出したのは、1つ目の文明すなわち彼らが作りだした物だと考えられる。

天の下の人

芯球に住む人々。魔法の様な際立った能力は持たないが、機械文明を発展させるほどの知恵を持っている。鉄道、船、飛行船、火器、爆弾、それらの文明は魔法に対抗するに十分な力を所持している。

魔導士

天の上の人と天の下の人が交じったその末裔だけが、地上で魔法を自由に使える民族といえる。ただし彼らは世間から迫害されている。この世界を闇に突き落とした張本人の血が混じっているからだ。

地上に存在する魔法使いの末裔達。彼らの生きる術は少ない。野山へ分け入り、その日食う分だけの木の実を享受するか。または魔法殺しとして帝国に服従し、戦場に身を投じ魔法で武功を建てるか。大抵がこのどちらかだ。

(同胞殺しをさせたいね)


場所・地名


ゲート

1つ目の文明が大崩壊に際して作成した時空間ポータル。このポータルを利用し、別の財団宇宙に逃げたものたちの行方はわからない。

このポータルは現在でも残っており、帝国や教会の成立に深く関わっている。このポータルの管理権は帝国と教会の対立を煽る火種だ。

当初この地を治めたのは帝国であったが、教会が興るとこの地を聖地に定めた。教会の修練者が定期的にこの地へ巡礼に来るようになり、表立ってゲートを使うことが出来なくなってしまった。帝国はこの修練者達を弾圧しようとするが、教会から圧力がそれを許さない。この地を巡る戦いは泥沼の政治劇だ。


魔法


魔法の種類

魔法は魔導士と天の上の人だけが行使することができ、その感情によって姿かたちを変える。笑いや怒りなどの感情から齎される魔法は短時間で消滅するが、恐怖は簡単には消えない。また、未確認ではあるが悲しみや憎しみの魔法も、恐怖に類似する傾向がある。

古代魔法

古代魔法に分類される魔法は完全に常識を超えている。魔法にはその魔法を行使した魔法使いが必ず存在するが、古代魔法にはそれが存在しない。例え笑いや怒りの魔法でも消滅せず、破壊しなければ消滅しない。そもそも絶対に破壊できないものすら存在し、帝国も手を焼いている。

それもそのはず、古代魔法は魔法では無く、本物のオブジェクトだ。ゲートを通じて迷い込んだか、それともこの世界で産まれたか、いずれかの方法でこの世界に存在するオブジェクトは魔法と誤認され、他の魔法と共に恐れられている。

よき魔法使いとは?

魔法は魔法使いの感情が昂っているほど強力な魔法になる。その魔法に対して何の感情も持たなければ強力な魔法を使う事ができず、だからといって制御できないほどの感情を魔法に使うのは危険だ。

魔法を魔法殺しに効率よく使える魔法使いとは「魔法はアリもしないと思いつつも、それを魔法として楽しむことが出来る人物」が当てはまる。そう、それはまるで"読者"や"著者"のような存在だ。

若く未熟な魔法使い程、強力な魔法を放ててしまう場合がある。帝国が教会を表立って排除できない理由とも言えるだろう。

魔法殺し

魔法の破壊を指す言葉。多くの場合は天球より飛来した魔法の破壊を指すが、一部芯球で産まれた魔法を破壊しなければならないことがある。

それは地上の魔法使いが制御できない感情の末に放った魔法だ。この場合、破壊するのは魔法だけではない。魔法使いも破壊する必要があるのだ。この魔法殺しを請け負ってしまった魔法使いは”同胞殺し”の汚名を覚悟しなければならない。

ERROR

The indonootoko's portal does not exist.


エラー: indonootokoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3461191 ( 20 Jul 2018 11:22 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License