サーキシズムへの人類学的アプローチ ― ケーススタディ:対岸の不具人

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

サーキシズムへの人類学的アプローチ

前山博士、人類学部門

前書:
「日本のサーキシズムの研究は遅れている」というような文言は幾分か前から財団の研究者の間で囁かれていました。実際、この狭い島国ではサーキシズムの信仰を保ちながら大手を振って歩けるような場所は多くなく、ほとんどのサーキックを信仰する人々は小型宇宙や余剰空間に隠れて生きています。それらの人々は半ば自己収容的な状態にあり、日本の一般的な社会に関わってこないか、小規模なコミュニティで慎ましく己の宗教を実践しています。

しかしながら、脅威が低いからと言って研究を疎かにするのは、役に立たない研究の予算は減額するということに似た愚かな考えに過ぎません。役に立たない研究など存在しないように、脅威が本当に低いオブジェクトは存在しません。よしんば、それがこれからも慎ましく生きていくということが証明されたとしても、我々が研究をやめる理由にはなりません。古代から生きてきた、それも独自の宗教をここまで保ち続けてきた、歴史的にも生物学的にも特異な人々を研究できるのは、今のところ我々のみです。結局のところ、世界を守る財団は単なる研究者の集団にすぎないのかもしれません。

今も息づいている人々は我々に示唆を与えてくれます。

デスマレ博士が行った継続的なフィールドワークによる研究は、少なくとも過去の財団においては非典型的なものでしたが、現在ではその考えが定着しています。すなわち、実際に現地に行って、人々の話を聞き、確かめるということです。

前山博士、極東地区歴史部門上級研究員―宗教的GoI脅威分析担当。

ケーススタディ: 対岸の不具人

概要: 日本のサーキックのコミュニティはいくつかあり、今から紹介する愛媛県今治市宮窪町の近辺に居住する彼らもその1つです。自身らのことを指す確固たる呼称を持っておらず、単に「対岸の人々」と呼ばれるか、あるいは蔑称として「不具人」「聾人」などと呼称されます。1日本のサーキックコミュニティに普遍的なこととして、小規模化されたコミュニティと隠匿された異次元空間などが挙げられます。彼らはその例に漏れず、宮窪町の漁港から船を用いてアクセスが可能な異次元空間に居住しています。異次元空間の島もまた単に「対岸」あるいは「島」と呼称されます。宮窪町と「対岸」の間には強い文化的な結び付き

ERROR

The carbon13's portal does not exist.


エラー: carbon13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3442755 ( 28 Jul 2018 16:30 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License