旧 Mishary(彌舎利/神舍利)の提言 大八嶋
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: LoI-811とその周辺領域はサイト81OGに指定され、日本理事会直下の機動部隊い-37("美斗能麻具波比")が警備にあたります。

未収容のSCP-001-JPについてはMTF-こ-10("古物骨董商")をはじめとした任務部隊、および財団フロント企業がその捜索と回収にあたります。

収容下にあるSCP-001-JPは財団日本支部理事会の管理下に置かれます。新たにSCP-001-JPが収容された場合、もしくは日本支部規定第41条及び第42条の記載に従って新規メンバーの登用もしくは割り当てが行われます。

説明: SCP-001-JPは要注意領域LoI-811と、人型の木・瑪瑙混成像SCP-001-JP-A、-B、-Cから構成されます。

LoI-811は兵庫県南あわじ市沼島に存在する約15m四方の領域です。LoI-811の中央には半径3m程度の穴(LoI-811-1)が存在します。穴の中は未知の黒色の液体で満たされており、その中心に高さ3.6mほどの瑪瑙と結晶片岩によって構成された石柱(LoI-811-2)が直立しています。LoI-811内は清浄に保たれており、後述する儀式001-JPの実行時を除き一切の時空間的変化を受けることがありません。

SCP-001-JP-A、-B、-Cは未知の香木と瑪瑙で構成された人形です。それぞれの人形は全て意匠が異なると考えられ、各個体ごとに番号がふられています。

SCP-001-JP-Aは高さが約30cmであり、計8体存在します。各人形には-1~-8の呼称が割り当てわれています。儀式001-JPの実行者を除きSCP-001-JP-Aを同一人物が複数所持することはできません。これを実行しようとした場合、[██████]。SCP-001-JPはその所持者に長寿、健康、幸運及び能力の上昇をもたらします。この能力はSCP-001-JP-A-2、SCP-001-JP-4、及びSCP-001-JP-8において顕著であり、とりわけSCP-001-JP-A-8は他のSCP-001-JP-Aの数倍の効果を発揮します。それぞれのSCP-001-JP-Aは上記以外にその所持者へ特殊な影響をもたらすものと考えられますが、詳細は未だ明らかになっていません。

SCP-001-JP-Bは本来高さが約15cmであり、本来計6体存在したものと考えられています。各人形ごとに-1~-6の呼称が割り当てられていますが、各資料から現在までに複数の個体が喪失もしくは破損したものとみられます。SCP-001-JP-Bは儀式001-JPにおいてSCP-001-JP-Aの代替として用いることが可能であり、それ自体もSCP-001-JP-Aに類似した能力を有していますが、総じてその効果はSCP-001-JP-Aよりもはるかに微弱です。

SCP-001-JP-Cに関する情報は殆ど存在しません。断片的な情報から、SCP-001-JP-Bと同程度の大きさであり、計2体存在するものと考えられています。それぞれの人形ごとに-1、-2の番号が割り当てられています。SCP-001-JP-CもSCP-001-JP-B同様儀式001-JPに代替として用いることができる可能性がありますが、詳細は不明です。

儀式001-JPの実行には以下の

    • _

    手順一: 清めを行ったナキ及び術者がLoI-8101へ近づく。

    手順二: 術者がそれぞれLoI-8101の八方にSCP-001-JPを伴って坐り、祝詞を唱える。

    手順三: ナキが祝詞を唱えながらLoI-8101に侵入する。ナキの足元には白色の物質が発生する。こ時点でLoI-8101の周辺に未知の結界が発生する。儀式に関与しない人間がLoI-8101内に侵入することはできなくなる。未知の音楽が鳴り響き始める。

    手順四: 淵まで進んだところでナキが前進を停止する。女性型の神格実体(以下ナミと呼称)が出現する。

    手順五: ナキとナミが互いに会話する。具体的な内容については不明。ナキとナミが歩みを進め、柱に近接する。

    手順六: ナキとナミはともに柱をつかみ、両手を動かす。数拍のちに柱と水面の接触部が固化し始める。

    手順七: ナキとナミは固化した部分へと降りる。柱頭が固化部分と同程度の面積まで拡大する。

    手順八: ナキとナミはそれぞれ柱の反対側を半周する。ナキがナミに対し声をかける。ナミがこれに応答する。

    手順九: ナキとナミが光に覆い隠される。この状態が数時間続く。断片的な情報から両者は交合しているものと推測される。

    手順十: 光が最高潮に至った際術者の持つSCP-001-JPが光跡を描きながらLoI-8101へと飛翔し、消失する。術者は生命活動を終了する。この段階ではEVEエネルギーの放射が確認されている。

    手順十一: 供物が順に消失する。EVEエネルギーの放出が続く。

    手順十二: すべての供物が消失したのち、強いエネルギーを理由としてLoI-8101内が炎上する。

    手順十三: 光が消える。ナミ及び術者は消失している。ナキが水面へと入る。

    手順十四: 不明。水面下からナミおよび術者の声が聞こえるとの分析がある。

    手順十五: ナキが水面から出現する。清めの具がすべて崩壊している。固化した大地が水面を覆う。

    手順十六: 大地が沈降し、清浄な水面が出現する。ナキが清めの儀を行う。

    手順十七: 複数体の神的実体が出現する。ナキは神的実体に対し儀式による目的を告げる。

    手順十八: 目的が成就され、LoI-8101周辺が崩壊し始める。光が拡散し、ナキおよび神的実体が消失する。

    手順十九: [削除済]。進入禁止。

    手順二十: LoI-8101が当初の状態に戻る。数か月から数年が必要。
    淤能碁呂作るとこから国生み条までの真似

歴史: SCP-001-JPがいつから存在するかは不明です。蒐集院や陰陽寮から収集した資料によれば、古墳時代から存在していたものと推測されます。
淡路国風土記にはSCP-001-JPに関する記載が存在したとみられ1、8世紀初頭にはすでに存在したと考えられています。

SCP-001-JPの変遷を書く

以下はSCP-001-JPの変遷に関する要約リストです。完全なリストは文書OGrを参照してください。

  • scp-jp
  • 001提言
  • thaumiel
  • 儀式
  • 宗教
  • 破壊不能
  • 歴史
  • 帝国異常調査局
  • 蒐集院
  • asci
  • 日奉一族
  • 五行結社
  • 扶桑記

Possible

  • 世界オカルト連合
  • gru-p-部局
  • 日本生類総研
  • 東弊重工
  • 負号部隊
  • jagpato
  • 石榴倶楽部
  • 異学会
  • ツァーリの賢人団
  • 貴族たち
  • daevite
  • 艦隊
  • 恋昏崎新聞社
  • 理外研

Possible attri
  • 移動不可
  • 儀式
  • 宗教
  • 場所
  • 木製
  • 歴史

ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License