SCP-XXX-JP "錆石"

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト81██の専用保管室、もしくは各地の臨時収容サイト内に収容されます。保管室内への入光は可能な限り防止してください。新たにSCP-XXX-JP-AおよびSCP-XXX-JP-Bが発見された場合、機動部隊い-48("世界の墓石屋")がサイト81██への輸送を行います。重量等の理由で移動が困難な場合、発見されたSCP-XXX-JPの周囲に臨時収容サイトが建設されます。

SCP-XXX-JPの室外への持ちだし、およびSCP-XXX-JPを用いた実験にはクリアランスレベル4職員2名以上の許可が必要です。は現在禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは状態によって、SCP-XXX-JP-A及びSCP-XXX-JP-Bに分類されます。

SCP-XXX-JP-Aは錆石と組成及び外見上同一の物質です。波長が█nmから███µmの光がSCP-XXX-JP-Aに照射された場合、光源とSCP-XXX-JP-Aを結んだ直線の延長上にある物質、即ちSCP-XXX-JP-Aの影に存在するSCP-XXX-JP以外の物質は次第に"腐食"していきます。腐食の進行は光源の強さと光源と物質の間にあるSCP-XXX-JP-Aの量とそれぞれ正の相関関係を持ち、複数のSCP-XXX-JP-Aの影に入ることでより早くなることが明らかになっています腐食した物質は次第に黒い斑点を伴った赤褐色の物質へと変化し、最終的にSCP-XXX-JP-Bへとなります。

SCP-XXX-JP-Bは白花崗岩と組成及び外見上同一の物質です。SCP-XXX-JP-Bは光量が███ルクス以下の時酸素を放出し、次第にSCP-XXX-JP-Aへと変化します。この時、SCP-XXX-JP-Bは█nm/hの速度で移動を行います。

SCP-XXX-JPは19██年、当時錆石に関する研究で博士課程下にあった蛭川博士によって発見されました。蛭川博士が通常の錆石と異なる性質を持った錆石について研究を纏めたことで、同氏の所属していた███大学に潜入中のエージェントを介して財団はSCP-XXX-JPの存在を認知しました。その後

ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License