mshrProp
rating: 0+x
blank.png

大八嶋蒐集物覚書帳目録第〇〇〇八番

捕捉年不明。少なくとも乎富等大王をほどのおおきみ1を大王に迎える際使われたことが知られる。それ以前にも先の諸大王が、十六柱の"大八嶋"とその儀式によって世を統べたと伝えられている。

そのはじめについては複数の伝承が残り、いづれが真であるかは不明である。そのほぼすべてに共通していることは、「かつて大王家が"大八嶋"の一柱を手にし、それが大王家から離れることのなかったこと」「大王らが四方へ征討し、諸豪族から"大八嶋"を献上させたこと」「それぞれの"大八嶋"は異なる島で見つかったと伝わること」である。

既知の"大八嶋"は十四柱存在し、その大小により八と六に分けられる。前を"大嶋"と呼び、後を"小嶋"と呼ぶ。されど伝説には十六柱とある。この二柱を併せて"水嶋"と呼ぶ。古い伝承には"大八嶋"を八または十とあり、"小嶋"の発見が"大嶋"に遅れるものであると推測されている。いづれも瑪瑙と香高い木によってできた像である。"大八嶋"はかの御神の御子神の形代であるから、それぞれに宿る神霊と霊力とは非常に近しい。"大八嶋"同士を近づけることは神同士の諍いを招くため、これを生得的に鎮めることのできる大王家のものを除き、一人のものが複数を所持することはできない。

"大嶋"は淡道2の"狭別さわけ"、吉備3より捧げられた"二名ふたな"、出雲4より捧げられた"忍許呂おしころ"、筑紫5の"筑紫つくし"、伊伎6の"比登都柱ひとつばしら"、津島7の"狭手依さでより"、佐度8の"佐度さど"及び大王所有の"秋津あきつ"である。いづれも高さは1尺ほどであり、"小嶋"に対しより高い神格をもつ。

また"小嶋"は吉備より捧げられた"日方ひかた"と"野手ぬて"、大島9の"多麻流たまる"、豊10の"一根ひとつね"、知訶島11の"忍男おしを"、両児島12の"両屋ふたや"であるが、多くが失われたままである。高さはおよそ半尺ほどであり、伝承によればいづれも"大嶋"よりも後に見つけられたと伝わる。

淡道の一島"淤能碁呂おのころ"にて、"大八嶋"を八柱("大嶋"であることが望ましい)1つに集めることによって、所定の儀式を行うことが可能である。これには"大八嶋"の他儀式者""1人、用いる"大八嶋"を持っていた者もしくはその代人ヤツカミ8人、数十種の供物を要する。

儀式の度"大八嶋"は大王に帰属する"秋津"を除き各地に離散する。離散した"大八嶋"が捕捉される場所はその"大八嶋"が初めて見つかったとされる島やその周辺の地域であることが多いが、必ずしもそうであるとは限らない。また時として逆賊が"大八嶋"を得ることがあり、継体21年丁未に乱を起こした石井いわい13も"筑紫"を有していた。最も近年に行われた儀式は先の志帰嶋大王しきしまのおおきみ14の即位に際し執り行われたものであり、こののち"秋津"等を除き大半が未蒐集のままである。

(記・不明)

五八三年捕捉。淡道の岩屋浦絵島のというところで神像が見つかったとの話あり。厩戸王15がこれを未知の"大八嶋"の一つであると見抜く。伝承に残る"水嶋"であると見受けられる。厩戸王によって"水蛭子ひるこ"と命名され、同王が所有。小嶋と同程度の大きさであるが歪であり、大嶋と同等の霊力を有している。

五八七年、丁未。物部との戦が差し迫ったため私蘇我大臣16の指示により儀式を執り行わせた。一部代替として"小嶋"を用いたが無事成功し、物部らを打ち滅ぼすことができた。儀式に際しては"水嶋"の使用も提言したが、厩戸王が「夢見に曰く、みだりに"水嶋"を用いることは非常に危いとのことである。よく分らぬうちにこれを用いるべきではない」と仰せになったため、これについては実行しなかった。戦後「蒐集院」が設立され、物部方が領していた"大八嶋"をも蒐集した。今後蒐集院において"大八嶋"は第〇〇〇八番と呼称し、それぞれの"大八嶋"については"大嶋"・"小嶋"・"水嶋"第何号の号をつけて呼称することとする。

五九五年捕捉。淡道にて香木が発見されたとの報告があり、厩戸王がこれを蒐集。もう一柱の"水嶋"であると判明し、王は"淡島あはしま"と命名したうえでこれを所有。また"大嶋"・"小嶋"の再捕捉についても順調に進行中。

六二〇年、厩戸王とともに国記等を編纂する。これにともない、"大八嶋"・儀式等の蒐集物に関する大規模な文書記録が初めて作成されることとなる。草案を王より直接見せて頂いたが、大八洲と神々のはじめの伝承と儀式の手順とを巧みに融合させており、知るべきもののみわかるようにできている。完成したものは我が邸宅でこれを所蔵し、適宜捕捉・修正を行うものとする。

六二二年、厩戸王が急死し、その蒐集品を蘇我と山背王17で分割した。"大八嶋"についてもうち二柱を蒐集した。なお"水嶋"についても分割するはずであったが、毛人えみし18が強固に反対し双方とも山背王の手に渡ることとなった。

(記・蘇我大臣馬子)

六四三年、新たに大臣となった蘇我大臣入鹿が諸王と図って山背王を自害せしめる。大臣は上宮王家の蒐集品をほぼすべて強奪し、蒐集院に蒐集させる。これによって蒐集院が"大八嶋"のうち十一柱を占有することとなった。大臣の行為、特に"水嶋"を強奪した事について毛人殿は猛烈にお怒りであった。

六四五年、大臣主導のもと儀式の実行を企図していたところ入鹿大臣が誅される。毛人殿は甘樫の邸宅で自刃し、蘇我宗家は滅亡した。蒐集院蒐集物の多くが焼失・紛失ないし強奪され、"大八嶋"についてもその過半が大王家の管理下におかれることとなった。蒐集院は大王のもとで存続したものの、その勢力は大きく減退することとなった。

(記・蘇我倉麻呂19

    • _

    (施第壱号閲覧封印術式)

    蘇我毛人手記


    私は政務の傍ら、大八嶋の不可思議を解明しようと試みてきた。
    国記・天皇記等々の編纂にあたって多くの資料を集め、石上神宮に伝わる口伝や百済より伝えられた経典を紐解きながらこの神霊とは何なのかを探ろうとしてきた。
    大伴・物部が衰え、かつての蕃神たる仏が十分この国に入り八百万の神が唯一のものではなくなった今こそできる研究であった。

    然るに、大八嶋とは土地神の依り代である。この土地神は神の間に生まれた子神であり、その威光が届くのは神とその子孫たる王が支配する大八洲の中である。ゆえに今、大八嶋を伴って隋や高句麗へ行こうともその加護は保たれない。

    子神は祖神より生み出された分け身ともいうべきものであるから、その形代を集める儀式によって祖神の形代が作られる。これによって大八洲の安寧と繁栄を祈願するのが儀式である。

    厩戸王曰く、水嶋は忌むべき子神である。
    水蛭子と淡島とは伝承に言う交合において最初に生まれた双子神であり、未熟であった。
    然るに葦船に載せて流されたと伝わる。

    水嶋は最初の子神でありまた祖神自体の形代、もしくは大八洲自体の形代としての性格を保っているから、大八嶋のなかでも大きな神力を蓄えている。
    しかしその出自は忌むべきものであり、そのほかの大八嶋とも大きく形質が異なるのであるから、大嶋や小嶋と共に儀式へ用いるべきではないし、その持ち主に害がないとは限らない。
    事実水嶋を持ったものは入鹿や私を含め、栄華しながらもよからぬ最期を迎えている。
    これを将来にわたって保持することは本国の不幸につながりかねないことであるから、長らく企図していた通りに私とこの邸及びそこに蓄えた物品とを贄として、水嶋を鎮めんと図る。

    これに用いない国記等の重要な物品については、舎人や史を通じて持ち出させる。

    (皇極四年六月十三日)



    2007年、3月 甘樫丘東麓遺跡より発見

六六三年、白村江で軍が唐新羅の軍にひどく打ち破られたとの報。中大兄王20は唐の侵攻を恐れ、各地から山城の建設を装い大八嶋を蒐集し儀式を行うようである。

六七二年一月、大王が崩御した。これまでに先の儀式の後離散した大八嶋のうち三柱を捕捉し、さらに未知の"小嶋"を一柱捕捉することができた。乙巳以前から蒐集していた四柱と合わせて儀式を実行する。蘇我左大臣赤兄は大友王を支持するようだが、蒐集院の権威を戻し大和を盛り立てるためには吉野の大海人王が大王となるべきだろう。

六七三年三月、さる壬申の戦に勝利し、大海人王が無事大王となった。これによって我々の権力も再び拡大するだろう。

六八一年、大海人大王は儀式によって擁立されたにもかかわらず我々の権威をそごうとしているようだ。帝紀・旧辞の大八嶋の条を我らの進言通り改め 、先日奉斎稗田阿礼に対しその誦習を認めた。だが五年前の陰陽寮設置は認めがたい。人員を多く送り込めたとはいえ、蒐集した十四柱の大八嶋の半数を持っていかれることとなり我々の名も蒐集寮に改めることとなった。より王の権威を高めるような律令を制定することも発布され、このままでは先王の時代よりも勢力を失いかねない。何とか対策をねらなければ。

六八六年九月、王が崩御し、我々の権威を広げる機会が訪れた。鸕野讃良大后が大津王の排斥を狙っているらしい。これをうまく利用すれば儀式の実行者たる"岐"が確保できそうである。

    • _

    古事記記述と"大八嶋"儀式手順の比較


    蒐集院研儀大夫 賀茂益荒
    —— 清めを行った"岐"・ヤツカミ、"淤能碁呂"へ寄る
    於是天神諸命以 ヤツカミ、"淤能碁呂"の八方へ"大八嶋"を伴い坐り、祝詞を唱える
    修理固成是多陀用幣流之國。賜天沼矛而。言依賜也 "岐"が祝詞を唱え"淤能碁呂"に侵入する。"淤能碁呂"おのずと結界が生じ、その姿が露わになる。"岐"の足元に紫雲が現れ、何処からか五音の楽が鳴り響き始める。"岐"は紫雲と共に中央の柱へと近づく。
    故二柱神立天浮橋而 淵まで進んだところで"岐"が前進を停止する。女神(以下"美")が柱を挟んだ対面に出現する。"岐"と"美"が紫雲の道を歩み、柱に近接する。
    指下其沼矛以畫者。鹽許袁呂許袁呂邇畫鳴而。引上時。自其矛末垂落之鹽。累積成嶋。是淤能碁呂嶋 "岐"と"美"はともに柱をつかみ、両手を動かす。数拍のちに柱の周りの水面が凝り始める。
    於其嶋天降坐而。見立天之御柱。見立八尋殿 紫雲が薄れ、"岐"と"美"は固化した部分へと降りる。柱頭が固化部分と同程度の広さまで拡大する。
    於是問其妹伊邪那美命曰。……言阿那邇夜志愛袁登古袁 "岐"と"美"はそれぞれ柱の反対側を半周する。"岐"が"美"に対し声をかける。"美"がこれに応答する。(対となる事例については不明。)
    如此言竟而。御合 "岐"と"美"が光に覆い隠される。この状態が数時間続く。交合か?
    生子。……次生兩兒嶋。亦名謂天兩屋 光が最高潮に至った際ヤツカミの持つ"大八嶋"が光跡を描きながら"淤能碁呂"へと飛翔し、消失する。ヤツカミはみな死亡。神霊が拡散を始める
    既生國竟。更生神。……亦名謂火之迦具土神 供物が順に消失する。神霊の拡散が続く
    因生此子。美蕃登見炙而病臥在。……故所斬之刀名。謂天之尾羽張。亦名謂。伊都之尾羽張 すべての供物が消失したのち、強い霊力を理由として"淤能碁呂"内が炎上のような状態になる
    於是欲相見其妹伊邪那美命。追往黃泉國 光が消える。"美"及びヤツカミ、"岐"は消失している
    爾自殿騰戶。……故其所謂黃泉比良坂者。今謂出雲國之伊賦夜坂也 不明。水面下から"美"およびヤツカミの声が聞こえる、霊力の拡散があるなどの報告あり。
    是以伊邪那伎大神詔。吾者到於伊那志許米志許米岐穢國而在祁理。故吾者爲御身之禊而。到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐原而 "岐"が水面から出現。固化した大地が水面を覆う。
    到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐原而。……墨江之三前大神也 大地が沈降し、清浄な水面が出現する。"岐"が清めの儀を行う
    於是洗左御目時。所成神名。天照大御神。……乃神夜良比爾夜良比賜也 複数体の神格が出現する。"岐"は神的実体に対し儀式による目的を告げる
    故。其伊邪那岐大神者。坐淡海之多賀也 龍脈を通じて目的が成就され、"淤能碁呂"周辺が崩壊し始める。光が拡散し、"岐"および神格が崩壊乃至消失する
    —— [削除済]。進入禁止
    —— "淤能碁呂"が当初の状態に戻る。数か月から数年が必要

    (明和六年)


四百年間 略


一〇五一年、末法による終焉の到来を防ぐため藤原関白頼通殿などからの頼みを受け、陰陽寮とともに儀式を実行した。准太上天皇小一条院を"岐"とすることで無事成功。しかし想定していた見返りを得ることはできなかった。ここ百年にわたって北家に服従してきたが、そろそろ潮時であろうか。尊仁親王も藤氏に対しては不満があるようであるから、王を支援することとする。

一〇六九年。呪術等の甲斐あって、無事尊仁王21に皇位が継承された。我々に近しい大江匡房らが登用され、我らの権威も復活しつつある。ただこの関係がいつまで続くかは不明である。我らが独自に儀式を執り行えるよう、処々の計画に本腰を入れるべきだろう。近頃は陰陽寮こそ次第に力を失いつつあるが叡山も騒々しくなってきており、対応せねばならないだろう。

    • _

    (施第壱号閲覧封印術式)

    秘匿資料


    現在儀式の"岐"となることができるのは、複数の"大八嶋"を持つことのできる人物、すなわち大王家の人間に限られる。
    大王家外の血が混じることの少なかった記紀の時代ならまだしも、藤原北家の血が多くを占めるようになった当代においてなお大王家の者がいくつもの"大八嶋"を持つことができるというのは非常に不可思議なことである。
    一方諸源氏の者のような諸臣は、先祖が天皇であるといっても"大八嶋"を二つ以上持つことは能わない。
    これを見るに、大王家に属しているもののみが"大八嶋"を自由に扱うに足るのであると思われる。
    即ち、"岐"となれるのは大王家の血を継ぎかつ大王家に属していることが公に認められているもののみであるとの推測がなされる。

    この推論によって密かに諸王諸臣の生霊を調べたところ、公に皇族であるとされる人々の型は互いに非常に似通っており、諸臣(臣籍に降りたものを含む)のそれとは大きく異なっていた。
    然るに大王家であるということがその者の生霊を大王家のもの足らしめているのであると思われる。
    このことは、斎宮のように大王家の者が神を鎮め対処し得る力を持つことともかかわっていると見える

    さて当代は世荒れ荒み、先行き混迷の状態である。
    古くから諸蒐集物を守るものとして、"大八嶋"や神への対処は我々が長きにわたり果たすべき役目である。
    故に大王家に頼らずとも"大八嶋"の儀を執り行い、神を鎮められるようになるべきである。

    四余より大王家の生霊に近い者を集め、これを結ばせ大王家に似せた氏族を作らんとする。
    またこれと共にこの氏族に諸神を鎮める術を身につけさせ、秘匿してうえで当寮ーー当院直下の地位に置く。
    これを大八洲の祖神の名をもって日奉いさなぎとなづける。

    蒐集寮頭 斎部通成
    (延久元年)


五百年間 略


一五八一年。羽柴筑前守が武力によって安宅氏22より淡路国を奪取し、"淤能碁呂"の直接支配権を奪ったとの報。ここ数年来の信長包囲網崩壊により、比叡山23、将軍家24、本願寺25などからいくつもの"大八嶋"が織田方の手に落ちており、信長が独断で儀式を行える状況が近くなっている。早急に対処すべきである。

一五八二年六月。無事、按察司明智日向守光秀によって織田信長が殺害された。これにより大嶋第一番"狭別"、大嶋第五番"比登都柱"、及び大嶋第七番"佐度"を再度蒐集することに成功した。第八番"秋津"は性質上宮中に存在するが、先日堺会合衆の協力により蒐集された大嶋第三番"忍許呂"と合わせ"大嶋"七つの蒐集に成功。これらの管理目的を兼ね七哲を発足する。

一五八二年七月。筑前守が異常な速度で行軍してきたため、明智按察司の支配体制は即座に崩壊してしまった。大八嶋を守るため七哲芝山監物26を通じ堺27の千宗易28殿に便宜を取り計らうよう依頼することとする。

一五九一年三月。先日秀吉の命によって千宗易が切腹した。秀吉は五年前の堺の堀を埋め立てて以来我々に対しても態度を硬化させている。このままでは増長しつつある秀吉に蒐集してきた"大八嶋"を簒奪されかねない。天下がもはや秀吉の下統一されようとしている以上、その矛先を外へとそらさねばならない。

一五九二年。秀吉の目を唐・朝鮮へと向けることに成功した。大嶋第一番"狭別"と大嶋第四番"筑紫"を強奪されたが、対価として小嶋第二番"野手"を獲得することができた。小嶋第六番"両屋"も長らく我々の手元にあるため、"淤能碁呂"は秀吉の支配下にあるものの、宮中に協力せぬよう働きかければ儀式を防げるはずだ。

一五九七年。一昨年秀次公に自刃を命じたころから秀吉が狂いだした。土御門久脩29ら陰陽寮の諸官も尾張へ流され、我々に対する締め付けも激化。第二番"二名"と"第六番"狭手依"までもが相次いで強奪された。もはやいつ儀式が強行されるかわからぬ。蒐集物を最大限用いてでも止めねばなるまい。

一五九八年、秀吉の排除に成功。ただし急であったため国内の混乱が続いている。今の間にできるだけ多くの大八嶋を回収する。

一六〇〇年、関ヶ原にて合戦、徳川方が勝利。当院に復帰した天海及び崇伝の取り持ちにより徳川家康殿との関係が良好なものとなった。大八嶋についても徳川殿の協力のもと蒐集を行うこととする。

一六〇三年。我々の後押しもあり徳川殿が征夷大将軍に任じられた。大嶋第一番"狭別"については慣習から徳川殿に与えられたが、そのほかの多くの大八嶋の蒐集に成功しつつある。しかし大坂にも複数の大八嶋が存在するはずであり、その回収が必要である。

一六一五年。大坂の豊臣が滅亡し、大八嶋の回収に成功した。徳川殿の申し出を受け日奉椙を"岐"として国内平穏と繁栄を目的に儀式を実行。

    • _

    添付文書・壱
    大王夢を見て宝を授かり、四方を征して天に上り給う事


    大王は床に伏した。
    気づけば辺りは黒光に満ち、彼方に赤黒いししとくろがねのくちなわの光を食む様が見える。しばし後その姿も黒光の向こうにかき消えた。
    黒光、大王を囲む。大王は剣を振るい、かずらや櫛をなげて戦いつつ逃げるけれども、剣も鬘も櫛も失われ、黒光は己に差し迫ってくる。
    大王は岩柱を見つけ、その上によじ登った。そこまでも黒光が迫りもはやこれまでかと観念したとき、大王は茜色に輝く太陽を目にした。
    太陽は鳥となり、大王に向かって飛んできた。鳥から日光が発せられ、闇は払われた。
    鳥は龍となり、女となり、大王と交わった。
    時がたって別れの時が来た。大王は礼を言いつつここを去ることが惜しいという。
    女は璧と香り高い木の塊を腹から出し、これを大王に授けた。
    曰く、これは私の代わり身です。私の体は八分し、日の光と同じく万土に散っています。
    あなたはわが体を一つに集めなさい。そしてこの柱へと来なさい。そうすれば再びあなたと私は合うことができるでしょう。
    大王が床から目覚めると手の中には昨夜の宝があった。
    そののち大王は四方へ征討し、諸処の豪族を下して彼らの持っていた宝を献上させた。
    しかる後大王は柱を探させた。長い間見つからなかったが、淡道国造という人がここではないかと進言した。そこに行ってみると大王の夢に見た石柱と同じであった。
    しかして大王はかつて伝えられたとおりに儀を執り行い、女と結び天に上った。
    この儀によって大八洲は富み栄え、諸民はこれを言い伝えた。

一七八五年、蝦夷遠征。"大八嶋"の拡大を狙う。

一八二八年、オランダ商館医フランツ・シーボルトが不審であるとの報告あり。調査の結果、天文方筆頭高橋景保らに対し所蔵の異常性蒐集物と"大八嶋"等の重要物を交換を持ち掛けていたことが判明。一部物品はすでに国外に流出したとみられるが、異常・非異常合わせ一万余の物品流出を防止した。これに際し天文方の保持していた小嶋第四番"多麻流"の蒐集に成功した。近年南蛮人らの接触が相次いでおり、このような事態が再び発生する可能性は十分ある。何としても開国は防がねばならない。

一八五九年、横浜開港。朝廷や幕府に働きかけたがついにこの時が来てしまった。南蛮人の野蛮さは目を見張るものがあり、清など国内の異常物品の多くを奪われつつあると聞く。この国でも奴らが同じことをしないという保証はない。大八嶋が流出するようなことがあれば、どんな災いが訪れるかもわからない。これまで以上に警戒していかねばならない。

一八六七年十二月、王政復古の宣布。ほとんど寝耳に水であった。我々はほとんど関わることができず、ただ傍観するしかない。果たして大八嶋らを国内にとどめ、蒐集することはできるのであろうか。

一八六八年一月、旧陸海軍総裁の蜂須賀斉裕が死去。跡を継いだ蜂須賀茂韶は新政府方につき、こののち"淤能碁呂"の支配権が新政府軍へ完全に移行。

一八六八年十月、儀式実行。蒐集院からも一部協力。目的は「政体改革」及び「富国強兵」。

一八六八年末、土御門民部卿晴雄の進言により天文方閉鎖。同局の有する"大八嶋"等の蒐集物はほとんどが、民部卿が陰陽頭を勤める陰陽寮へ吸収されたとのこと。

一八七十年、陰陽頭であった土御門民部卿晴雄が昨年死去したことを受け陰陽寮が廃止された。天文方から収奪したものも含め、"大八嶋"など多くの蒐集物が政府の管理下に置かれるとのこと。明日は我が身である。

一八八五年、蒐集職葦舟龍臣が"大八嶋"らしき未知の物品を捕捉したと報告。水嶋第一番"水蛭子"と判明。

一九〇一年、在野の陰陽寮が新たに発足した「財団」なる組織に吸収されたらしい。噂では大嶋第六番"狭手依"等も継承されたという。全米確保収容イニシアチブ等の列強警戒が必要だろう。

一九三九年九月、後方勤務要員養成所卒業の三川十七が"水嶋"を発見とのこと。水嶋第二番"淡島"と命名し、外部協力者として三川を支援する。

一九四四年。大本営の命令により、戦況の改善を図って国内諸機関の協力の下儀式001-JPが実行された。当院についても本院が中心となり関与。
しかし未知の理由により中途にて失敗、甚大な被害が発生したとのこと。無理難題でも吹っ掛けて怒りを買ったのではないだろうか?

一九四五年五月、再捕捉。大嶋第五番"比登都柱"。異常事例調査局からの返還要求は拒否。

一九四五年八月十五日、連合国に対し無条件降伏すると正式に報道。五行結社、皇室から決別。これに際しSCP-001-JP-A-8が喪失したとのこと。五行結社へ渡ったとみられる。

一九四五年九月、当院や九十九機関の抗戦派が儀式実行等をもくろみ大八嶋を持ち出し離脱。財団がこれに対処しようとしたが失敗し、協定を結び我々が対応する。紀伊沖で大規模戦闘が発生したが無事勝利。

一九四五年十一月。先日の合意を基に財団とオノゴロ四五協定を締結。財団八一管区内における一定の地位を保証する代わりとして、現在我々が保有する大八嶋二柱をはじめとする諸蒐集物・資料を継承する。

一九四五年十二月三十一日、81管区設立宣言。財団への継承が実行される。

    • _

    大八嶋蒐集の歴史は我々蒐集院の歴史であり、日本の歴史でもあった。
    日本は先の大戦に敗北したが、決して「滅亡」してはいない。我々もまた姿を変えて、この国を守り続けることとなるのだ。

    蒐集

    七哲"伯耆" 改め 81管区理事"千鳥"
    七哲"善右" 改め 81管区理事"鳳林"

財団81管区支部設立ニ際スル附属文書 第七号

日付: 昭和二十年十二月三十一日


前文 先の財団と日本国内の諸超常機関及び日本国政府との間に結ばれた協定によって、財団81管区支部の設立が決定された。これによって諸超常機関の保有する資産は全て81管区支部に継承されることとなった。これに際し、日本国の超常史において非常に重要な地位を占めてきた異常物品についても財団の収容下に置かれることとなる。

その特異性及び諸協約に基づき、その収容を維持・拡大するため、本協約を制定する。

第一章: 用語

第一条
(a) 日本国内の重要異常物品通称"大八嶋"は、すべてSCP-001-JPと改称される。その子分類を含めた超常科学的定義については文書Oysにおいて規定する。

(b) "大八嶋"のうち"大嶋"はすべてSCP-001-JP-Aと改称され、附属文書1号の通りに番号が当てられる。

(c) "大八嶋"のうち"小嶋"はすべてSCP-001-JP-Bと改称され、附属文書1号の通りに番号が当てられる。

(d) "大八嶋"のうち"水嶋"はすべてSCP-001-JP-Cと改称され、附属文書1号の通りに番号が当てられる。

第二条
兵庫県三原郡沼島村に存在する"淤能碁呂"については「注意を必要とする地点に関する文書」の通り要注意領域308101号と改称する。その詳細な領域については文書Oysにおいて規定する。

第三条
SCP-001-JPを利用することによって実行可能な儀式については、「儀式001-JP」と呼称する。

第四条
儀式001-JPの実行者となることが可能な人物は天皇家または日奉家に所属していると社会・生物学・自己認識すべての観点から認められる人物に限定されるが、これらの氏族については「注意を必要とする氏族に関する文書」の通り要注意氏族31第0081号及び第1379号に指定される。

第二章: 資産の継承

第五条
財団81管区支部へ合併する全組織が有するSCP-001-JPに関する一切の史資料及び資源、人員、その他は「財団81管区支部設立草案第四条」に基づき、財団81管区支部へ例外なく継承される。

第三章: 実際の管理

第六条
(a) SCP-001-JP-Aの継承は以下のように執り行う。
 (i)SCP-001-JP-A-1("狭別")については、「晴明院の閉鎖とその継承に関する協定」に基づき、晴明院長賀茂相忌が81管区一号理事"獅子"としてこれを管理する。

 (ii)SCP-001-JP-A-2("二名")については。「九十九機関の解体に関する協定」に基づき、九十九機関臨時副理事長代理"善彌"が81管区ニ号理事"升"としてこれを管理する。

 (iii)SCP-001-JP-A-3("忍許呂")については、「名古屋協定財団による蒐集院の吸収と権利保護に関する協定」に基づき、蒐集院七哲"伯耆"が81管区三号理事"千鳥"としてこれを管理する。

 (iv)SCP-001-JP-A-4("筑紫")については、「九十九機関の解体に関する協定」に基づき、九十九機関理事長"麒麟"が81管区四号理事"稲妻"としてこれを管理する。

 (v)SCP-001-JP-A-5("比登都柱")については、「財団による蒐集院の吸収と権利保護に関する協定」に基づき、蒐集院七哲"善右"が81管区五号理事"鳳琳"としてこれを管理する。

 (vi)SCP-001-JP-A-6("狭手依")については、「紫禁城条約」において財団が陰陽寮より継承したものであるが、財団81管区レベル5管理官土御門晴泰が81管区支部第六号理事"若山"としてこれを管理する。

 (vii)SCP-001-JP-A-7("佐度")については、「虎鶫秘密協定」に基づき、"恠鳥"が81管区七号理事""としてこれを管理する。

(b) そのほかのSCP-001-JPについては以下のように執り行う。
 (i)財団81管区支部及び財団本部は、"異常品蒐集"の名目により多様な方法を用いてSCP-001-JPの確保及び収容を行う。

 (ii)新たにSCP-001-JPが発見された場合、「81管区理事規則第四十一条」に基づき新規理事、ないしそれに準じる新規の地位を任用する。

(c) 81管区理事が「財団機密重要人物死亡取扱規定」に定める「死亡及び其れに類する状態」に至った場合、重要機密違反・情報災害暴露等によって理事を罷免される場合、及びその他の理由によってSCP-001-JPの収容継続が困難になった場合は、当該理事の保有するSCP-001-JPを回収し、「81管区理事規則第四十二条」に基づき新規に任用した理事へ継承することにより収容の維持を図るものとする。

第七条
(a) LoI-811("淤能碁呂")については一切の史資料から第一次情報改竄によって抹消し、その周辺領域はサイト81OGに指定する。

(b) サイト81OGへは81管区支部理事会直属の任務部隊、静止任務部隊い-37("神代")を配置し、常に第一種警戒態勢を維持する。

第八条
(a) CoI-0081については以下のように取り計らう。
 (i)連合国軍最高司令官総司令部及び日本政府の協力の下、81管区支部の厳重な監視・管理下に置く。

 (ii)管理に必要なコストを鑑み、CoI-0081に所属する人物を適宜削減することとする。

(b) CoI-1379については以下のように取り計らう。
 (i)財団及び81管区支部はCoI-1379に所属する人物の追跡及び確保を優先的に実行する。

 (ii)確保に成功したCoI-1379に所属する人物は厳重に収容する。仮に財団に対し率先して友好的な姿勢を見せた場合は、理事会の議決を経てその他のCoI-1379人員の懐柔その他に用いることが認められる。

(後略)


附属資料 以下ハ,現在確認サレテイル"大八嶋"ノ一覧デアル.最モ認知度ノ高イ蒐集院ニ於ケル呼称及ビ其ノ通称ト,SCP財団下ニ於ケル新タナ呼称,並ビニ所有者ナドノ特筆事項ヲ記載シタモノデアル.
蒐集院ニ於ケル呼称 国内ニ於ケル通称 SCP財団ニ於ケル呼称 現在ノ所在ト変化
淤能碁呂 LoI-811
淤能碁呂 "淤能碁呂オノゴロ" LoI-811 淡路國██群██村内
大嶋 SCP-001-JP-A
第一番 "狭別サワケ" SCP-001-JP-A-1 晴明院長 賀茂相忌 改め 81管区支部一号理事"獅子"
第二番 "二名フタナ" SCP-001-JP-A-2 九十九機関副理事長"善彌" 改め 81管区支部二号理事"升"
第三番 "忍許呂オシコロ" SCP-001-JP-A-3 蒐集院七哲"伯耆" 改め 81管区支部三号理事"千鳥"
第四番 "筑紫ツクシ" SCP-001-JP-A-4 九十九機関理事長"麒麟" 改め 81管区支部四号理事"稲妻"
第五番 "比登都柱ヒトツバシラ" SCP-001-JP-A-5 蒐集院七哲"善右" 改め 81管区支部五号理事"鳳林"
第六番 "狭手依サデヨリ" SCP-001-JP-A-6 旧陰陽寮 土御門晴泰 改め 81管区支部六号理事"若山"
第七番 "佐度サド" SCP-001-JP-A-7 "恠鳥" 改め 81管区支部七号理事"鵺"
第八番 "秋津アキツ" SCP-001-JP-A-8 五行結社
小嶋 SCP-001-JP-B
第一番 "日方ヒカタ" SCP-001-JP-B-1 江戸中期以降喪失
第二番 "野手ヌテ" SCP-001-JP-B-2 不明.信憑性ハ低イガ,東弊組マタハ如月関係者ガ保持トノ情報アリ
第三番 "一根ヒトツネ" SCP-001-JP-B-3 理外研カ?
第四番 "多麻流タマル" SCP-001-JP-B-4 不明.1945年10月蒐集院反統合派ノ所持ヲ確認
第五番 "忍男オシヲ" SCP-001-JP-B-5 五分ニ崩壊.全テ行方不明
第六番 "両屋フタヤ" SCP-001-JP-B-6 不明.日奉某ガ所持カ
水嶋 SCP-001-JP-C
第一番 "水蛭子ヒルコ" SCP-001-JP-C-1 不明.1944年ニ葦船龍臣所持ヲ最後ニ確認
第二番 "淡島アハシマ" SCP-001-JP-C-2 不明.1944年三川十七所持ヲ最後ニ確認
kaou3

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: Mishary
文字数: 21233
リビジョン数: 117
批評コメント: 0

最終更新: 21 May 2020 17:15
最終コメント: 批評コメントはありません
    • _

    やるべきこと
    沼島について書く
    単体の作用について書く
    どこかにEVEとかについて書く
    消えること書く

    これは批評にださないやつ
    批評するときはコピペする
    #486a8a


ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License