連載 エージェント・シーボルト 〜200年越しの真実〜 ハブ
rating: 0+x
blank.png

文化

連載 エージェント・シーボルト 〜200年越しの真実〜

公開日 2028年10月3日19:30

今年2028年の9月は、シーボルト事件から200周年にあたる。近年の研究によってこの事件はわが国のアノマリーを巡る国際問題に深く関連していた事が分かってきた。

この連載では、シーボルト事件の中心人物であるフランツ・シーボルトを中心に、近代の日本アノマリーを取り巻く国際関係を見て行きたい。

第一回 カール・カスパール・フォン・シーボルト

シーボルト家と異常の関わりはシーボルトの祖父に始まった。ドイツにおける近代外科手術の礎を築いたカール・K・シーボルトの人生を語る。
この記事を読む

第二回 フィリップ・フランツ・シーボルトの誕生

シーボルトはいかにして異常と関わり、そして日本へ来たのか。その前半生を追う。
この記事を読む

第三回 シーボルトと出島

鳴滝塾とはなんだったのか。シーボルトと蘭学の交わりを異常歴史学の視点から見る。
この記事を読む

第四回 シーボルト事件

シーボルト事件には江戸幕府と西欧の異常をめぐる対立が背景にあった。幕末最大級の事件、シーボルト事件を新たな史料から語る。
この記事を読む

第五回 「日本」

日本から追放されたシーボルトは、幕末の動乱期にどう行動したのか。開国・条約と異常を結びつけて考える。
この記事を読む

第六回 シーボルトとその子供たち(上)

シーボルト家と日本の異常をめぐる働きはシーボルトの死後も続いた。3人の子供たちに注目して語る。
この記事を読む

第七回 シーボルトとその子供たち(下)

日本が急成長し、財団が成立するまでの期間にシーボルトの子供たちはどう振る舞ったのかを語る。
この記事を読む

最終回 シーボルトコレクション

シーボルト一族が遺した膨大なコレクションは、過去を考える上で貴重な史料となっている。このシーボルトコレクションについて語る。
この記事を読む


関連キーワード 異常史 幕末 明治維新 紫禁城条約 ドイツ シーボルト 財団


ピックアップ
東京事変から10年、被災地は今
ガリシア評議会が新たに独立宣言 第二次スペイン内戦特集
宇宙進出計画 関連企業が次々賛同

新着 国内
細谷官房長官、ソードス癒着問題への関与を否定
ロス異輪で3冠の賀名生選手、俳優の佐東坊さんとの婚姻を発表
叡山派修験道の文書19点が発見

新着 海外
トンブクトゥで過激派による自爆テロ アフリカの混乱続く
ロシア帝国がニュージーランド王国に宣戦布告、アバルアを占領
ティノチティトランで大規模暴動か 現地政府は否定

経済
異種族婚ブームに活気 無機生命との婚姻も
経団連会長、中央新都心開発の遅れに苦言
ジンジャーエール育成キットが流行 なぜ?

アクセスランキング
1 G. サルディモッド監督の「青空よようこそ」、財団の反対を押し切り公開へ
2 大ゐをん展、日本でも開催か
3 カタルーニャ人民議会幹部がレオン独立共和国大使と乱闘。(動画)


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0

ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License