第二回: フィリップ・フランツ・シーボルトの誕生
rating: 0+x
blank.png

文化

連載 エージェント・シーボルト 〜200年越しの真実〜
連載ページへ戻る
第一回 カール・カスパール・フォン・シーボルト

第二回 フィリップ・フランツ・シーボルトの誕生

公開日 2028年9月3日19:30

フィリップ・フランツ・シーボルトは1796年、大フランス戦争下のヴュルツブルクで生まれた。前回語った通り祖父カールは近代的な外科手術の創始者の一人であり、その功績から1801年にシーボルト家は貴族となっている。

父ヨハンはシーボルトが2歳のときに死去したため、彼は長らく母方の叔父の下で養われることとなる。シーボルトはのちに、この頃始めて異常物品に触れたと回想している。ナポレオン戦争の混乱によって、幼き日のシーボルトさえ異常物品を手にすることができたのだろう。

家族の勧めによってヴュルツブルク大学医学科へ進んだシーボルトは、自然科学や地理学をも学んだ。これがのちにエージェントとして働く際に大いに役に立った。

1820年に医学博士号を取得したシーボルトは開業医となったが、その知的好奇心と貴族としての名誉心から、より重大な職に就くことを望んだ。その結果2年後、東インド会社の医療従事者という地位を得た。

オランダ東インド植民地議会特別調査委員会(SIBCDEI)は近代におけるオランダの超常組織だ。シーボルト

レオポルディーナ

オランダ東インド植民地議会特別調査委員会
王立バイエルン超常研究院
プロイセン王國異常事例調査局
との関係

日本へ

第三回 シーボルトと出島


関連キーワード 異常史 ドイツ シーボルト 財団


ピックアップ
[# ]
[# ]
[# ]

新着 国内
[# ]
[# ]
[# ]

新着 海外
[# ]
[# ]
[# ]

経済
[# ]
[# ]
[# ]

アクセスランキング
1 [# ]
2 [# ]
3 [# ]


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0


ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License