SCP-1403-JP - おにいちゃん冠動脈マッシュポテトクソど畜生工法セメント

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

空想科学部門からの通達

本報告書の編集及び削除機能は凍結されています。

アイテム番号: SCP-1403-JP

オブジェクトクラス: Covered

特別収容プロトコル: SCP-1403-JPはサイト-8195内の低脅威度物品ロッカー内で保管して下さい。

説明: SCP-1403-JPは異常性を持つナイロン製の布です。SCP-1403-JPの異常性は財団内でナンバリングされたアノマリーの一部または全体を覆った際に発生します。SCP-1403-JPに覆われた対象は、対象の報告書のオブジェクトクラス欄がSCP-1403-JPの報告書のオブジェクトクラス欄と同じ表記に置き換わります。SCP-1403-JPの情報災害以外の異常性は発見されていません。

SCP-1403-JPの異常性はSCP-1403-JPを身に付けていたSCP-2872の収容違反時にオブジェクトクラスの再分類に失敗した事で発見されました。SCP-1403-JPは地球から0.5光年の地点で鹿口研究員により回収され、現在サイト-8195内で保管されています。


会話ログ1403-JP

早川研究員: SCP-1403-JP報告書の作成者って鹿口さんですよね。

鹿口研究員: あ、はい。

早川研究員: 作成時は報告忘れないようにお願いします。

鹿口研究員: 以後気を付けます。

早川研究員: それから、報告書が未完成のようなので修正して頂けませんか。

鹿口研究員: 何か気になる点でもありましたか?

早川研究員: この報告書、類似するオブジェクトの報告書と比べても内容が薄すぎます。特にオブジェクトの発見経緯の見直しが必要です。

鹿口研究員: 具体的にはどの辺りでしょうか。

早川研究員: SCP-2872は財団保有の宇宙機で確保出来ないのでEuclidからKeterへ再分類された訳ですよ。そのSCP-2872が持っているSCP-1403-JPを誰がどう回収したんですか。

[鹿口研究員の外見がSCP-2872に類似した実体に変化した]

早川研究員: それ以前の矛盾点としてですね、報告書が作成されるまで異常性が発現しないアノマリーが何故アノマリーとして報告書に登録されて、

[早川研究員が鹿口研究員に視線を向ける]

早川研究員: え?何で馬が?

鹿口研究員: 馬?どこにいるんですか?

早川研究員: 馬が喋った!その声、もしかして鹿口さんなんですか?

鹿口研究員: 私以外に誰がいるんですか。

早川研究員: 落ち着いて聞いて下さい。今、鹿口さんに何らかの改変現象が起こった可能性があります。

鹿口研究員: いや、私は前からこうでしたよ。

早川研究員: そんな筈は。

鹿口研究員: とにかく、SCP-2872の件は宇宙機で追いつけなかったので往復1光年分を私が自力で回収してきたんです。

早川研究員: 1光年の距離って、鹿口さん今年で入社2年目でしょう。

[鹿口研究員の体長が3倍程度に増加する]

鹿口研究員: 1年で回収しました。

早川研究員: 冗談ですよね?

[鹿口研究員の足踏みで床が陥没していく]

早川研究員: 今のは無しでお願いします。

鹿口研究員: では、先程話かけていた矛盾点について詳しく教えて貰えませんか。

早川研究員: 矛盾点ですか。矛盾と言っても大した事では無い話でして。

鹿口研究員: いいから言ってください。

[10秒の沈黙]

早川研究員: ああ、そうですね、確かに矛盾はあります。ですが特に修正する必要は無いんです。

鹿口研究員: 報告書として不適切な内容になりませんか?

早川研究員: この報告書はjokeのタグを付けるから問題無いんですよ。

鹿口研究員: jokeタグとは?

早川研究員: 鹿口さんの所にも定期的にセキュリティ部門からダミー報告書の確認依頼が来ていますよね。セキュリティの動作チェック用の報告書です。

鹿口研究員: はい。

早川研究員: ただ、面倒な単純作業なので後回しにして忘れる人が多くてちょっと問題になってるんです。なので、無味乾燥な内容のダミー報告書ではなくストレス軽減になるような文章を作ってはどうかと提案するつもりでして。jokeタグは本物と混合しないための措置ですね。

鹿口研究員: なるほど。そう言った需要があるんですね。

早川研究員: 鹿口さんには面白くふざけた内容の報告書を書いて下さいと依頼していた訳です。うっかり忘れてましたか?

鹿口研究員: そうですね、うっかりしていました。

早川研究員: そう、だから矛盾があっても問題無いですし、むしろ面白味を感じさせる要素にもなり得る訳です。報告書に書かれているように人間が馬に変化したり光速で移動したらそちらの方が不自然ですよね。

[鹿口研究員の外見が元の人間に戻る]

鹿口研究員: そりゃ当たり前でしょう。

早川研究員: 当たり前ですよね。

鹿口研究員: ところで、肝心な事なのですが、この報告書って面白そうですか?

早川研究員: それはその、面白さの感性は人それぞれなので。

鹿口研究員: 面白くするために報告書の文面を変えた方が良いですかね?

早川研究員: ここから報告書の本文を変えると完成度が下がってしまうので手を加えるべきではないですね。改変はやめましょう。やめるべきです。

鹿口研究員: じゃあ本文以外か。


本事案においてswn001-非認知領域における改変の痕跡が観測された事から、空想科学部門は一連の改変現象をswn001-1実体によるものと断定し、jokeタグの設置を決定しました。この措置により、K-クラスシナリオの誘発が推定される改変現象の一部をカノン世界から排除し、無力化した状態で収容する事に成功しました。
これを受け、空想科学部門はjokeタグの定義を明確化しオペレーション-Jの策定を行いました。オペレーション-Jにより収容中の改変現象はこちらを参照して下さい。


本文ここまで

使用予定タグ
scp-jp unclassed joke K-クラスシナリオ 自我 メタ 現実改変

特に気になっている事
・全体を通して面白いか。
・特に会話ログの会話の流れなどが不自然ではないか。
・ネタバレ部分をある程度読み取れるか。
・表現方法などの指摘。

ERROR

The WagnasCousin's portal does not exist.


エラー: WagnasCousinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3389120 ( 02 Jun 2018 15:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License