人事交流Tale(タイトル未定)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

私、鏡月 四音の上司である竜胆博士は、普段からあまり感情の起伏が激しくない人だ。
喜怒哀楽が抑制されている…というよりはむしろ、殆ど欠如しているのではないかと思う程。勿論常ににこやかではあるのだが、それを除けば感情を強く表に出す所は殆ど見たことがない。……その体を覆う白い鱗の様に。
幾ら人からかけ離れた姿だと言っても、私の知っている人事の殆どは必ずどこかに人間臭さという物が存在するなのだが、それを殆ど感じさせない博士は別の存在なのか?とさえ思っていた。

あの日までは。

「ああ、鏡月さん!すみません、ちょっと大変な事が起きたので来てもらえます!?」
「……ああもう、今回は何ですか…斑座さん。」
うんざりとした目で目の前の女性を見つめる。
彼女は斑座 真利奈、私から見れば少々……いやかなり特殊な性癖を持つ彼女は、北海道に位置するこのサイト-8138に来てから挙動不審な行動が続いていた。
今回もその延長線上なのだろうとたかを括って問いかけたが、結果として飛び出したのは予想外の答え。
「竜胆博士が急に倒れたんです!」
「……え?」
事態が飲み込めず呆然とする私を、彼女は「ほら、早く来てください!早く!」と言いながら引っ張っていった。

「よう、ケモノ好きのお嬢ちゃん。話は聞いたぞ、竜胆が倒れたってな」
白鼠と濡羽色の毛並みに赤い瞳を持つ卯都木 紫陽医師は
「……」

ERROR

The evilplant's portal does not exist.


エラー: evilplantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3356641 ( 09 Dec 2018 18:51 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License