下書き『輪廻せし守護の天竜』

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号: SCP-2XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2XXX-JPの発生条件、及び能力の発動条件は事案2XXX-JP-αで判明した情報以外は明らかになっていません。その為SCP-2XXX-JP-A-2の暴走及び別個体のSCP-2XXX-JP-Aを目撃した場合、最低でも半径10km圏内の近隣住民の速やかな退避と機動部隊し-89《バルムンク》の出動を要請してください。
SCP-2XXX-JP-A-2は、サイト-8138上位オブジェクトクラス収容チャンバー内の対改変者特別収容室に拘束及び目隠、口枷を装着した状態で収容されます。栄養失調による衰弱死、またそれを引き金とした壊滅的な現実改変を防ぐため、常駐できる鎮痛睡眠薬に精神安定剤と必須な栄養素を混合した薬剤で満たした点滴1台を常備し、ロボットアームを用いた交換作業をAIによって行ってください。専門医療スタッフ及び001/5クラス職員はこの作業に異変が無いか、定期的にチェックする必要があります。
何時如何なる場合に於いても、SCP-2XXX-JP-A及びSCP-2XXX-JP-Bへの接触は許可されません。万が一接触を試みた場合に備え、サイト-8138内の職員及びサイト-8138を訪問した人物には視覚認知ミームパターンの2重ミーム処理が施されます。1

説明: SCP-2XXX-JP-Aは、後述のSCP-2XXX-Bが外部からの力によって人型実体に寄生することで発生する人型異常実体です。現在までに2体のSCP-2XXX-JP-Aが確認されていますが、そのうち片方は事案2XXX-JP-αで発見された個体であり、死亡が確認されています。
SCP-2XXX-JP-Aの特筆すべき特性は、その改変能力にあります。事案2XXX-JP-αでの報告書によると、SCP-2XXX-JP-A-1は地面から鋭利な錐系物体を生成する、直接接触した人体を含めた物体を粉状に分解する等の接触型現実改変や、応戦したエージェントが発砲した拳銃が命中せず周囲に着弾する改変現象2、継承イベント2XXX-JPと呼称される事案中のイベントで発生した直径50km程度の距離によって減衰の発生する強力な現実改変等が確認されています。
またSCP-2XXX-A-1は


ERROR

The evilplant's portal does not exist.


エラー: evilplantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3356641 ( 09 Dec 2018 18:51 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License