Radical Acceptance / ラディカル・アクセプタンス

現在このページは批評中です。


rating: 0+x

I thought I'd seen everything, but it was a goddamn Muppet that broke me.
私は全てを見てきたと思い込んでいた。しかし、そんな私の心はただのマペットに打ち砕かれてしまった。

I was the site director of Base-19.1 I thought my senses were completely dulled by some of the ultra-violence I'd seen in over 30 years of service. Someone stole SCP-447-1 and hid it in a morgue. I had to tear open an unsuspecting junior researcher's ribcage to access an encrypted data drive because someone decided to "get edgy" with the emergency response procedures of a keter. On a gamble, we neutralized SCP-2317-K by drilling a bargeload of poison into its skull before it could wake up.
私はベース-192のサイト管理官だった。私は30年以上の勤務の中である種の超絶なる暴力を見てきたから、それですっかり感覚が鈍ってしまったと思っていた。誰かがSCP-447-1を盗み、死体安置所に隠した。誰かがKeterの緊急対処プロトコルを"先鋭的にしよう"と決めたせいで、暗号化されたデータドライブにアクセスするために、私は無防備な次席研究員の胸を切り裂かなければならなかった。一か八か、目を覚ます前にその頭蓋骨に孔をあけて大量の毒を流し込むことでSCP-2317-Kを無力化したこともあった。

Even then, we were on the way out. The Sarkic cults had managed to summon a creature they thought was Grand Karcist Ion, but… fuck if I know, someone forgot an accent mark on their unpronounceable magic words. A few millennia has left my memory fuzzy on the particulars. Either way, SCP-37238, object class Apollyon, was about to wipe us all out in a millisecond at 11:34 in the morning, December 3rd, 2329.
それでも、我々は滅びかけていた。サーキック・カルトの信者どもは、崇高なるカルキスト・イオンと思わしきクリーチャーを召喚することに成功したのだが……なぜかは知らんが、誰かがその発音しづらい魔法の言葉にアクセントマークを入れ忘れていた。もう数千年も経つから、詳しいところの記憶は曖昧だが。いずれにせよ、SCP-37238、オブジェクトクラスApollyonは、2329年12月3日午前11時34分その時、1ミリ秒のうちに我々全員を抹殺しようとしていた。

At least we had about five years' advance warning. All the human race could see the wad of flesh in low orbit, and they knew exactly what to expect when it landed. The world's central government had actually made our transition into oblivion a bit easier. The word "radical acceptance" was tossed around quite a bit on the airwaves.
一応、5年ほどの事前警告はあった。全人類が低軌道上に浮かぶ肉の塊を見ることができたし、それが着地したときに何が起こるかもはっきりとわかっていた。世界中央政府は、実質的に我々が忘れ去られるのを少し容易にしてくれた。"全てを受け入れようラディカル・アクセプタンス"という言葉が、電波に乗って盛んに叫ばれた。

Five years of peace. We threw away our money and let strangers sleep in our beds. It was an anarcho-libertarian's nightmare. You'd be surprised how good complete strangers could be to one another when we're all about to move into the same graveyard.
その5年間は平和だった。我々は金を浪費し、見知らぬ人をベッドに寝かせた。無政府自由主義者にとっては悪夢のようだったろうな。みんなが同じ死地へと向かおうとするとき、全く見知らぬ人同士がどれほど仲良くなれるか、君たちは驚くことだろう。

December 2nd. I sat in the onsite nuclear warhead's room of Base-19, popped open a cold one, and watched some TV on my laptop.
12月2日。私はベース-19の核弾頭室に座り、冷たい飲み物を飲みながらノートパソコンでテレビを見ていた。

Sesame Street. After 360 years on the air, their series finale came on the day before the world ended. I knew they dealt with some pretty heavy topics sometimes - lead poisoning and Mr. Hooper's death comes to mind, along with that one episode back in 2148 about dealing with radioactive fallout. But at least with all those other "very special" episodes, there was an element of hope. A promise that something better is coming, so long as we look out for it.
セサミストリート。360年に渡って放送されたそのシリーズは、世界が終わる前日にフィナーレを迎えていた。セサミストリートが、時に重いテーマを扱うことがあるのは知っていた ― 鉛中毒やフーパーさんの死のことが思い浮かぶし、2148年には放射性降下物への対処に関するエピソードもあった。しかし、少なくともそういった"非常に特別"なエピソードには、ちゃんと希望の光があった。期待していさえすれば状況が好転していくというお約束だ。

This episode was called "Saying Goodbye."
このときのエピソードの題名は、『おわかれのあいさつ』だった。

"Elmo heard the news guy say that the whole world was gonna go away tomorrow. You scared? …Elmo scared too."
"エルモ、ニュースで聞いたんだ。明日、世界はみんな消えちゃうんだって。怖い? …エルモも怖いよ。"

I dropped my beer.
私は、飲んでいたビールを取り落とした。

I closed my laptop.
ノートパソコンを閉じた。

I walked into my office.
自分のオフィスに入った。

I screamed.
絶叫した。

I spent five hours browsing through the Foundation Archives, most of which had been declassified the week prior to the end, if only to satisfy all our curiosities before we went away. There had to be some kind of way out, even if everyone else had stopped. And at about T-minus four hours to XK, I found it.
私は5時間かけて、財団のアーカイブを見て回った。アーカイブのほとんどは、死を前にした我々が好奇心を満たせるようにと、終焉の前の週に機密解除されていた。たとえ誰もが諦めていても、何か突破口があるはずだと思った。そして、XKの4時間前、それを見つけた。

SCP-3319. "The Lotus." It was an old Global Occult Coalition project still in its launch base in Canada, and the Foundation got a hold of it after they disbanded in Operation Apoplexy.
SCP-3319。"睡蓮"だ。カナダの発射基地に残っていた世界オカルト連合の古いプロジェクトのひとつで、オペレーション・アポプレキシーで連合が解散した後、財団が手に入れたものだった。

If the world was about to go up in flames from an extraterrestrial threat, SCP-3319 could launch into orbit, unfold all its "tachyon displacement panels" like some kind of flower, and teleport the Earth to far-off, sun-like star somewhere in the Crab Nebula.
地球外の脅威によって世界が崩壊してしまいそうになった時、SCP-3319を軌道上に打ち上げれば、それはすべての"タキオン変位パネル"を花のように広げて、かに星雲のどこかにある太陽に似た遠くの星のところへと地球をテレポートさせてくれる。

And here we were, letting this thing sit in the ice, all because we had made this ridiculous peace with our doom. Well, that, and it was barely functional - diagnostic testing of the Lotus yielded only a 30% chance of reaching the target star, and a 70% chance of an unintended extradimensional-juxta-huxta-manahmanah something-or-other causing all life on earth to data-expunged all the way to redacted.
つまり、我々はこの死すべき運命を愚かにも受け入れてしまったばっかりに、このオブジェクトを氷の中に放置していたわけだ。まあ、そのオブジェクトも辛うじて機能する程度だったのだが ― 睡蓮の診断検査によると、目標の星に到達する確率はたった30%、残り70%では、予期せぬ超次元なんたらかんたらの云々とかいう何かが地球上のすべての生命を編集済までデータ削除済してしまうらしかった。

30% was better than 0%.
30%は0%よりかマシだ。

T-minus 2 hours, I found the launch codes.
終焉の2時間前、打ち上げコードを見つけた。

T-minus 1 hour, I pirated the launch control applet.
終焉の1時間前、発射制御アプレットを奪い取った。

39 minutes to XK, with MTF Nu-7 knocking down the door of my condo in Baltimore, I launched the lotus.
XKの39分前、ボルティモアにある自宅マンションのドアを機動部隊Nu-7が破ろうとしている中、私は睡蓮を打ち上げた。

What I wanted was someone else's sun. What we became was a moon in someone else's sky.
我々が求めていたのは、他の誰かの太陽だった。我々が成ったのは、他の誰かの空に浮かぶ月だった

…and monkey food. God, I never thought I could joke about the first harvesting war, but time really does heal all wounds - and here in Corbenic, time is the best weapon we have.
…それと、猿の餌。まったく、第一次収穫戦争で冗談を言える日が来るとは思ってもみなかったよ。しかし、時間というのは本当に全ての傷を癒してくれる ― そして、ここコルベニクにおいては、時間こそが我々の持つ最大の武器なのだ。

My point is this: in Corbenic, you can't afford to accept what you've been given. That's the quickest way into a strider's gullet or one of the Elephant King's meat orgies.
私が言いたいのは、コルベニクでは、与えられたものを受け入れている余裕はないということだ。そんなことをしていたら、ストライダーの胃袋や象王の酒池肉林の宴に一直線だ。

Perhaps we did die. Perhaps the lotus took us to where we were going anyway. But this way, we were able to keep our planet, our armies, and our technology - and our clothes, thank God. With these, we had a chance to rebuild. To not accept.
もしかすると、我々は単に死んだだけなのかもしれない。もしかすると、睡蓮が連れて行ってくれたのは、どっちみち我々が行くことになる場所だったのかもしれない。しかしこのような形でここに来られたからこそ、我々は自分たちの惑星、軍隊、技術、そしてありがたいことに服までも保持することができた。これらのおかげで、我々は再建の機会を手に入れた。与えられたものを受け入れないための再建だ。

When we came to the afterlife, there was no heaven and hell, so we built them. There were no angels, so we trained them. There was no god, so we hired one - Glory to thee, Jalakåra. (In the higher ranks, he even lets you use lowercase!)
我々が来世にやってきたとき、天国と地獄がなかったから、それらを造った。天使がいなかったから、天使を訓練した。神がいなかったから、神を雇った ― Jalakåra、汝に栄光あれ。 (高位の人間には、その名を小文字で書くことも許してくださっています!)

And now, with the third moon being smelted apart for raw materials, we're the closest thing you're going to get to divine intervention.
そして今、第3の月が原料採取のために粉々にされ溶かされている中、我々は君たちの求める神の介入に最も近しい存在なのだ。

You are watched. You are protected. And no matter how goddamn frustrating you are, you are loved.
君たちは見守られている。君たちは護られている。そして、君たちがどんなに苛立たしいことをしていようと、君たちは愛されている。

- President Girard Niang, ☽☽☽ Initiative
― ジラード・ニャン大統領、☽☽☽イニシアチブ




ERROR

The Tsukiyomizuku's portal does not exist.


エラー: Tsukiyomizukuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3344274 ( 02 Jun 2018 15:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License