SCP-3100 - The Reliquary / 廟

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png
cave.jpg

Marker Point Alfa-1 of SCP-3100. Collapsed area not visible.
SCP-3100のアルファ-1標識地点。崩壊した区域は視認できない。

Item #: SCP-3100
アイテム番号: SCP-3100

Object Class: Euclid
オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: SCP-3100 is to remain cordoned off to civilians under the cover of ongoing research by the Geological Survey of South Africa (GSSA). Access to the surface site is granted to personnel with clearance level of 2/3100 or higher. Access to the subterranean portion of SCP-3100 is prohibited.
特別収容プロトコル: SCP-3100は南アフリカ地質調査所(GSSA)による調査が進行中とのカバーストーリーのもと、市民の侵入を防ぐため閉鎖されます。地表サイトへのアクセスはクリアランスレベル2/3100以上の職員にのみ許可されます。SCP-3100の地下部へのアクセスは禁止されています。

Description: SCP-3100 is a former secure Foundation site dedicated to the interment and indefinite preservation of deceased key personnel. It comprises an extensive natural cave system extending more than 900 metres downwards from a limestone outcrop in Gauteng province, South Africa. It contains more than 5 kilometres of naturally-formed passages lined with an estimated 4,000 niches measuring 210 x 70 x 60 cm (± 5 cm). Niches appear man-made, bearing precise dimensions and smoothed walls, despite their geological age indicating otherwise. SCP-3100 also comprises two man-made structures: the former administration building on the surface, and its attached residential outpost located 120 metres below.
説明: SCP-3100は、死亡した重要職員の埋葬および恒久的保存のために用いられていた財団の旧セキュアサイトです。SCP-3100は、南アフリカのハウテン州にある石灰岩の露頭から900m以上地下へと広がる、広大な天然の洞窟系からなります。この洞窟系には、寸法210×70×60cm(±5cm)の壁龕が推定4000個並んだ、長さ5kmを超える自然に形成された通路が存在します。壁龕はその地質年代が非常に古いにも関わらず、正確な寸法と滑らかな壁を有することから人工的に造られたものであると考えられています。SCP-3100には地表にある元々管理施設であった建物、および地下120mに位置する附属居住基地という、2つの人工建造物も含まれます。

The placing of a recently-deceased and intact human body1 inside any of the niches of SCP-3100 allows the free access of the deceased's memories by individuals within the cave complex. With training and sufficient use of mnestic drugs, this ability can be perfected, enabling the free retrieval of information known to the deceased, as well as emulating possible thoughts held by the deceased. Additionally, remains placed within SCP-3100 do not decompose. Using these effects, Foundation researchers were able to devise a protocol for preserving key personnel and holders of sensitive information, effectively retaining their memories and expertise for future reference after their deaths. The proposed protocol was reviewed and approved by the O5 Council in July 2012 under Project AMURTAT.
死亡時期が直近であり、腐敗していない死体2をSCP-3100の壁龕に配置すると、洞窟内に存在する人物はその死体の記憶に自由にアクセスすることが可能になります。訓練と十分な記憶補強薬の使用によってこの能力は完全なものとなり、死者が有していた情報の回収、および死者の思考のエミュレートが可能となります。また、SCP-3100内に配置された死体は腐敗しません。これらの効果を用いて重要職員・機密情報保持者の記憶や専門知識を死後も効果的に保存するプロトコルが、財団の研究員によって考案されました。当該プロトコルは、提案後にO5評議会のレビューを経て、2012年7月にプロジェクト・アムルタートとして承認されました。

Under Project AMURTAT, over seven hundred Foundation personnel were interred within SCP-3100 from Feburary to October 2012. Their memories were catalogued by the members of Task Force 707, a specially-selected group of senior operatives permanently housed within Area-707's subterranean outpost. In the interests of information security, members of Task Force 707 were the only individuals authorised to enter the actively anomalous portions of SCP-3100, and were thus also tasked with the interring of its occupants and exploration of its underground passages.
プロジェクト・アムルタートに基づき、2012年の2月から10月の間に700名以上の財団職員がSCP-3100内に埋葬されました。埋葬された職員らの記憶は任務部隊707によって目録化されました。任務部隊707は特別に選抜された上級工作員からなる部隊であり、エリア-707の地下基地に恒久的に居住することとなっています。情報セキュリティに関する懸念から、任務部隊707の隊員はSCP-3100の異常性活性部への侵入を許可された唯一の人員であり、そのため運び込まれた死体の埋葬および地下路探索の任務も帯びることとなりました。

On the morning of 2012/10/06, during one such exploration, members of Task Force 707 activated a previously-unknown anomalous effect within SCP-3100, resulting in the loss of consciousness of 12 of the 13 task force members. Interviews with survivors have proved inconclusive due to self-administration of intravenous amnestic drugs. Intercepted communications at the time reporting of altered topology within SCP-3100's deeper levels could not be confirmed by surface GPR scans. Currently, due to the inaccessibility of SCP-3100's anomalous areas, it cannot be confirmed if SCP-3100 still retains its original effects, or if it has developed new effects following this incident. Proposals to clear the tunnels and explore SCP-3100, as well as rescue the remaining trapped member of Task Force 707, have been denied on safety grounds.
2012/10/06の朝に実施されていた地下路の探索中、任務部隊707の隊員らはSCP-3100内部においてそれまで知られていなかった異常効果を活性化させ、その結果隊員13名のうち12名が意識を失いました。生存者は記憶処理薬の静脈への自己注射を行っていたため、インタビューを行ったものの重要な情報は得られませんでした。傍受された当時の通信記録にて報告されていたSCP-3100深部の地形学的変化は、地表GPRスキャンからは確認できませんでした。現在SCP-3100の異常性発現区域へはアクセスできなくなっているため、SCP-3100が当初の効果を現在もまだ保持しているのか、あるいはこのインシデントを受けて新たな効果が発生しているのかは確認できていません。地下道の障害物を除去してSCP-3100を探索し、また閉じ込められた任務部隊707の隊員を救出する提案は、安全性の観点から却下されました。


2011/09/14 - 2011/09/30: Discovery of anomalous location by local search and rescue. Embedded agents within local authorities interview witnesses and facilitate site acquisition through Foundation fronts. Cadaver-preserving properties of anomalous location are investigated and verified by initial containment team through use of local resources. Location is documented as SCP-3100.
2011/09/14 - 2011/09/30: 地元の捜索救助隊が異常な区域を発見する。地元当局に潜入していたエージェントが目撃者にインタビューを行い、財団フロント機関を通じた区域の接収を補助する。初期収容チームが現地のリソースを用いて異常区域の死体保護特性を調査・検証する。区域がSCP-3100として記録される。


2011/10/10: Handover of site to Foundation front Satie Logistics completed. Satie Logistics conducts initial exploration and mapping, discovering that SCP-3100 extends far deeper into the mountain surface than indicated by surface GPR. On-site research team fully catalogues SCP-3100's anomalous effects. Psychological effects experienced by initial exploration team are explained as psychic feedback due to accessing non-selfed memories stored within SCP-3100 without prior conditioning.
2011/10/10: 財団フロント企業サティ・ロジティクスへの区域の引き渡しが完了。サティ・ロジティクスが初期探索およびマッピングを実施し、SCP-3100が山の表面から地表GPRが示すよりもずっと深層部まで広がっていることを突き止める。現地研究チームがSCP-3100の異常効果を全て目録化する。初期探索チームが経験した精神影響効果は、事前の訓練なしにSCP-3100に保存されていた非自己の記憶にアクセスしたことに起因する精神的フィードバックとして説明される。


2011/11/02: Drawing from previous documentation on similar projects, Dr. M. Bruckner's secondary research team designs a psychopharmaceutical regimen enabling individuals with sufficient mental resilience to interface with SCP-3100.
2011/11/02: M.ブルックナー博士の二次研究チームは、類似のプロジェクトに関する過去の資料を基に、十分な精神的回復力をもつ人物に対してSCP-3100との相互作用を可能にする向精神薬処方を考案する。

2011/03 - 2011/12: Loss of key personnel due to unprecedented SCP-1718 escalation incident on 2011/02/02 leads to Overseer Council revisiting proposed personnel backup solutions. Fears of possible future escalation event leads O5-12 to attempt recovery of deceased key project researcher Dr. J. B. Hedley via any means possible. Subsequent investigation into SCP-3100 by the office of O5-12 in December 2011 yields promising results. The use of SCP-3100 for such a purpose is jointly proposed by O5-1, O5-3 and O5-12. Proposal is rejected at 4-9 votes.
2011/03 - 2011/12: 2011/02/02に発生した前例のないSCP-1718エスカレーション・インシデントによる重要職員の損失を受け、監督評議会は過去に提案された職員バックアップ手法群の再検討を行う。将来的なエスカレーション・インシデント発生に対する懸念から、O5-12によって可能な限りの手段を用いた死亡済重要プロジェクト研究員J.B.ヘドリー博士の蘇生が試みられる。その後2011年12月にO5-12の命令によりSCP-3100の調査が行われ、有望な結果が得られる。前述の目的のためのSCP-3100の利用が、O5-1、O5-3、およびO5-12の連名で提案される。提案は投票の結果4-9で否決される。


2012/01/15: The office of O5-12 begins construction of Area-707. Task Force 707 is formed with thirteen full-time members, led by senior field operative Joshua Marsh.
2012/01/15: O5-12の命令によりエリア-707の建造が開始される。ジョシュア・マーシュ上級工作員を隊長として、13名の専属メンバーからなる任務部隊707が編制される。

2012/02/25: O5-12 unilaterally commences Project AMURTAT with trial stage of 32 applicants.
2012/02/25: O5-12の独断により、プロジェクト・アムルタートが32名の志願者を対象とした試験段階をもって開始される。

2012/04/10: Trial stage is successful. Size of initial intake is planned to be 72 in total. Initial list of AMURTAT-eligible personnel is compiled, consisting of 150 individuals.
2012/04/10: 試験段階が成功を収める。初回搬入人数は合計72名の予定。150名の職員からなるアムルタート適格者の初期リストが作成される。


2012/05/21: Commencement of initial intake of 49 individuals. Successful communication established with 92% of interred individuals. Successful validation of identity established with 61% of interred individuals.
2012/05/21: 49名の職員を対象に一次搬入が開始される。埋葬された職員のうち92%との交信が確立される。同じく埋葬された職員のうち61%の本人性確認が成功する。

2012/06/23: Commencement of second intake of 183 individuals. Successful communication established with 95% of interred individuals. Successful validation of identity established with 75% of interred individuals.
2012/06/23: 183名の職員を対象に二次搬入が開始される。埋葬された職員のうち95%との交信が確立される。同じく埋葬された職員のうち75%の本人性確認が成功する。


2012/07/01: Project AMURTAT is jointly reproposed by O5-1, O5-3, O5-6, and O5-12. Proposal is passed at 7-6 votes.
2012/07/01: プロジェクト・アムルタートの実行がO5-1、O5-3、O5-6、およびO5-12の連名で再提案される。提案は投票の結果7-6で可決される。

2012/09/26: Commencement of third intake of 538 individuals. Successful communication established with 100% of interred individuals. Successful validation of identity established with 100% of interred individuals. List of AMURTAT-eligible personnel expanded to cover a total of 692 key appointment holders and 1,308 subject-matter specialists.
2012/09/26: 538名の職員を対象に二次搬入が開始される。埋葬された職員のうち100%との交信が確立される。同じく埋葬された職員のうち100%の本人性確認が成功する。要職に就く職員692名および特定分野の専門家1,308名をカバーできるよう、アムルタート適格職員リストが拡張される。


2012/10/04: Task Force 707 reports difficulties in sustaining volume of personnel stored within SCP-3100. Three personnel possibly incapacitated due to neurochemical complications. According to standard information security protocols, incapacitated personnel are not evacuated until full RAISA team can be deployed on-site. As stopgap measure, reserve personnel are activated from Site-747. ETA of reserve personnel is 48 hours.
2012/10/04: 任務部隊707が、SCP-3100内に保管されている多数の職員らを維持管理することが困難となっていることを報告する。3名の職員が神経化学的合併症により無力化された可能性がある。標準情報セキュリティプロトコルに基づき、RAISAチーム全員が現地に配置されるまで無力化された職員の回収は行われない。応急措置として、サイト-747から予備要員が投入される。予備要員の到着は48時間後である。

2012/10/06: Containment fails. [DATA EXPUNGED]
2012/10/06: 収容失敗。[データ削除済]





    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Tsukiyomizuku's portal does not exist.


エラー: Tsukiyomizukuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3344274 ( 02 Jun 2018 15:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License