SCP-3585 - Wondertainment's Murder Mystery Mates / ワンダーテインメント博士のマーダーミステリーのなかまたち

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

Item #: SCP-3585
アイテム番号: SCP-3585

Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: Each instance of SCP-3585 is stored in a separate standard item containment locker. Each locker is to be equipped with a basic motion tracking camera. If movement above two meters is detected within a thirty day period a Ventura Event will be initiated by Foundation personnel.
特別収容プロトコル: SCP-3585の各実例は隔離標準物品収容ロッカーに保管されます。各ロッカーには簡易モーショントラッキングカメラが取り付けられます。30日間で2m以上の移動が検知された場合、財団職員によりベンチュラ・イベントが開始されます。

All suggested testing of SCP-3585 must be approved by two Level 3 personnel. Any banned materials included in suggested testing materials will result in immediate denial. The list of banned materials is found in document 3585-291.
提案されたSCP-3585の実験は全て、レベル3職員2名の許可を得なければなりません。用いる材料の中に禁止されているものが含まれている場合、その実験の提案は即座に却下されます。禁止されている材料のリストは文書3585-291を参照してください。

Description: SCP-3585 is a set of nine, thirty-four centimeter tall, plush toys depicting slightly exaggerated representations of various animals. Animals represented by SCP-3585 consist of:
説明: SCP-3585は少し誇張表現された様々な動物をかたどった9体のぬいぐるみで、高さは34cmです。SCP-3585のモチーフとなっている動物は以下の通りです。

  • SCP-3585-A a fennec fox
  • SCP-3585-B an American bullfrog
  • SCP-3585-C a striped skunk
  • SCP-3585-D a white tailed deer
  • SCP-3585-E a tiger
  • SCP-3585-F a long eared Hedgehog
  • SCP-3585-G a common potoo
  • SCP-3585-H a red legged sun squirrel
  • SCP-3585-I a red legged sun squirrel
  • SCP-3585-A フェネックギツネ
  • SCP-3585-B ウシガエル
  • SCP-3585-C シマスカンク
  • SCP-3585-D オジロジカ
  • SCP-3585-E トラ
  • SCP-3585-F オオミミハリネズミ
  • SCP-3585-G ハイイロタチヨタカ
  • SCP-3585-H アカアシタイヨウリス
  • SCP-3585-I アカアシタイヨウリス

Each SCP-3585 has an attached tag reading on one side as follows:
各SCP-3585には、片面に以下のように書かれたタグが取り付けられています。

DR.WONDERTAINMENT® MURDER MYSTERY MATES©
ワンダーテインメント博士® の マーダーミステリーのなかまたち©

On the reverse side the tag reads as follows:
タグの裏面には以下のように書かれています。

SURFACE WASHABLE
ALL NEW MATERIALS
POLYESTER FIBERS & PLASTIC PELLETS
MADE IN INDONESIA
表面拭き洗い
すべて新素材
ポリエステル繊維 & プラスチックペレット
インドネシア製

When located in the same room all instances of SCP-3585 become both fully sapient and capable of independent motion. Once in this state SCP-3585-D will approach human individuals in the room, and vocalize an offer to begin a Ventura event. The process through which SCP-3585-D makes this vocalization is currently unknown. If all human subjects refuse, all instances of SCP-3585 will return to an inactive state. If a human subject accepts, SCP-3585-D instances will ask that all humans leave the room.
SCP-3585が同じ部屋に配置されると、SCP-3585の全実例は完全に知能を持つようになり、独立して動くことができるようになります。この状態になると、SCP-3585-Dは部屋の中にいる人物に近づき、ベンチュラ・イベントを始めることを発話によって提案します。SCP-3585-Dの発話がどのようなプロセスで行われているのかはいまだ不明です。すべての人物がこの提案を拒否した場合、SCP-3585の全実例は不活性状態に戻ります。提案を受け入れる人物がいる場合、SCP-3585-Dはすべての人間に部屋から出るように依頼します。

Upon the room being evacuated by all entities except for SCP-3585 instances, the SCP-3585 instances will use all materials available in the room to construct a representation of a murder crime scene. The process by which the SCP-3585 instances manipulate the materials is currently unknown. A seemingly random SCP-3585 instance shall be used as the murder victim in question. This instance has never been documented to be SCP-3585-D. In 5% of all Ventura Events, these crime scenes have matched a documented murder case. Once the scene has been created1 the human individuals who agreed to participate in the Ventura Event will be invited back into the room.
SCP-3585実例以外の存在をすべて部屋から出すと、SCP-3585実例は部屋の中にあるあらゆる利用可能な材料を用いて殺人事件の現場を再現します。SCP-3585が材料をどのようなプロセスで操作しているのかはいまだ不明です。見たところ、無作為に選ばれたSCP-3585実例が問題の殺人事件の被害者として用いられるとされています。SCP-3585-Dが被害者役となった例は一度も記録されていません。全ベンチュラ・イベントのうち5%において、SCP-3585が再現するこの事件現場は、過去に確認された殺人事件と一致しています。事件現場がつくられると2、ベンチュラ・イベントへの参加に同意した人物は部屋に戻るよう依頼されます。

Once the room contains all individuals who agreed to participate in the Ventura Event SCP-3585-D will explain the rules of the Ventura Event.3 The individuals will then be given ten hours to decide which SCP-3585 instance is playing the part of the murderer.
ベンチュラ・イベントへの参加に同意した人物がすべて部屋に入ると、SCP-3585-Dはベンチュラ・イベントのルールを説明します4。説明を聞いた人物はその後、犯人役のSCP-3585実例がどれであるかを決めるための時間として10時間が与えられます。

If the proper SCP-3585 instance is guessed by the end of the ten hours SCP-3585-D will vocalize congratulations on a job well done, and give them a plastic novelty sheriff's badge. If the proper SCP-3585 instance was not chosen as the murderer all instances will deactivate without vocalization. At the end of the Ventura Event all damaged SCP-3585 instances will revert to the state they were in before activation.
10時間の終わりまでに適切なSCP-3585実例を犯人と言い当てた場合、SCP-3585-Dはその見事な推理に対して祝いの言葉を述べ、プラスチックでできた保安官バッジの進呈品を贈ります。適切なSCP-3585実例が犯人として選ばれなかった場合、SCP-3585の全実例は発話せずに不活性化します。ベンチュラ・イベント終了時、傷ついたSCP-3585は全て活性化前の状態にまで戻ります。

Addendum: The following is a sample of past testing on Ventura Events.
補遺: 以下は過去に行われたベンチュラ・イベントの実験例です。

Date: 6/29/10
日付: 2010/6/29

Room: Standard testing chamber.
部屋: 標準実験チャンバー

Participants: D-31937 (Male, 27)
参加者: D-31937 (男性、27歳)

Materials Provided: None
与えられた材料: なし

Brief Overview of Resulting Ventura Event: While D-31937 was waiting outside of the testing chamber, SCP-3585 instances stood in a circle for five minutes. At the end of the five minutes SCP-3585-C fell to the ground, and the rest of the SCP-3585 instances excluding SCP-3585-D began to move around the fallen SCP-3585-C simulating panic. SCP-3585-D moved to the door to the testing chamber, and knocked against the door three times while vocalizing the words 'We're done.'
発生したベンチュラ・イベントの概要: D-31937が実験チャンバーの外で待機している間、SCP-3585実例は5分間輪になって立っていた。5分後、SCP-3585-Cは地面に倒れ、SCP-3585-Dを含む残りのSCP-3585実例は倒れたSCP-3585-Cの周りをパニックになっているかのように動き回り始めた。SCP-3585-Dが実験チャンバーのドアの方へと移動し、"終わったよ"と発話しながら3回ドアをノックした。

Upon entering the chamber D-31937 was given an explanation of the rules. He was told that he had ten hours to find out which SCP-3585 instance had killed SCP-3585-C. He was informed that everyone in the room would cooperate as long as the information being asked for didn't give them away as being a possible suspect, but all of them would have clear signs of when they were trying to deceive D-31937.
チャンバーに入室すると、D-31937はルールについての説明を受けた。D-31937は、10時間以内にどのSCP-3585実例がSCP-3585-Cを殺害したのかを突き止めるよう指示された。D-31937は、部屋にいる者は全員、要求される情報が容疑者を暴露するようなものでない限りは捜査に協力的であり、またD-31937を騙そうとしているときには明確なサインを出すことになっていると伝えられた。

D-31937 started by questioning SCP-3585-D. He was told that SCP-3585-C had been walking home the night prior with SCP-3585-A, and that SCP-3585-D had no information beyond that. Upon questioning SCP-3585-A, D-31937 was given the information that SCP-3585-C had been attacked by a dark and green being while they were walking home, and passing by the river. During this conversation SCP-3585-A had its ears placed over the plastic representing its eyes, and was letting out occasional sobbing sounds. This behavior ceased at the end of questioning.
D-31937はまずSCP-3585-Dに質問を行った。D-31937は、SCP-3585-Cがその前の晩にSCP-3585-Aと一緒に家に向かって歩いていたこと、そしてSCP-3585-Dはそれ以上の情報を持っていないことを伝えられた。SCP-3585-Aへの質問の際、D-31937はSCP-3585-Cが帰宅中川に差し掛かった時に暗緑色の存在に襲われたという情報を得た。この会話の間、SCP-3585-Aはその耳でプラスチックの目を覆い、時折すすり泣きのような声を出していた。このような行動は、質問が終わると収まった。

After examining SCP-3585-C for approximately four minutes, D-31937 noticed that SCP-3585-C was as he described it 'unusually wet'. At the thirty minute mark, D-31937 declared that he believed the murderer to be SCP-3585-B. After this declaration all SCP-3585 instances fell to the ground with no vocalization.
約4分間にわたってSCP-3585-Cの調査を行った後、D-31937はSCP-3585-Cが、彼の表現を借りるなら"不自然に湿っている"ことに気づいた。30分が経過した時点で、D-31937は"犯人はSCP-3585-Bだと思う"と宣言した。この宣言の後、全てのSCP-3585実例は何も発話せずに地面に倒れた。

Additional notes: Test was to see what would happen if the SCP-3585 instances were not given any materials to work with.
追記: この実験は、SCP-3585実例に使用できる材料を何も与えなかった場合に何が起こるのか確認するために実施されたものである。

Date: 8/24/10
日付: 2010/8/24

Room: Standard testing chamber.
部屋: 標準実験チャンバー

Participants: D-93482 (Female, 36)
参加者: D-93482 (女性、36歳)

Materials Provided: Twenty-two wooden planks, a box of forty nails, and two hammers.
与えられた材料: 板材22枚、釘40本が入った箱1つ、ハンマー2つ

Brief Overview of Resulting Ventura Event: SCP-3585 instances stand in a circle for five minutes. At the end of the five minutes SCP-3585-A, SCP-3585-B, and SCP-3585-G began construction of a small wooden structure similar in design to a style house. The other instances of SCP-3585 remained away from the building area, and began to vocalize sounds of heavy construction equipment.
発生したベンチュラ・イベントの概要: SCP-3585実例は5分間輪になって立っていた。5分後、SCP-3585-AとSCP-3585-B、SCP-3585-Gは家に似たデザインの小さな木造建築物を建設し始めた。他のSCP-3585実例は建築物から離れたまま、建設重機の音を発声し始めた。

The building was completed lacking a front wall, and the excess materials were put to the side of the structure. Inside of the structure SCP-3585-G had been nailed to an interior wall in a way resembling crucifixion.
建築物は前壁を欠いたまま完成し、余った材料がその脇に置かれた。建築物の中では、磔に類似した形でSCP-3585-Gが内壁に釘で打ち付けられていた。

At this point SCP-3585-D once again moved to the door, and repeated its previous behavioral patterns signifying that the Ventura Event was ready for participants. The rules were the same as the previous tests. D-93482 entered into the room, and began to examine the built structure. D-92482 seemed discouraged upon noticing the state that SCP-3585-G was currently in, and asked for the game to stop.
このとき、SCP-3585-Dは再度ドアの方へと移動して以前の行動パターンを繰り返し、ベンチュラ・イベントの準備が完了したことを参加者に知らせた。ルールは以前の実験と同一であった。D-93482は部屋に入り、建てられた建築物を調べ始めた。D-92482はSCP-3585-Gの現状に気づくとやる気を削がれた様子を見せ、ゲームの中止を要求した。

SCP-3585-G pulled itself out of the wall, and upon hitting the ground ended its activation along side all other SCP-3585 instances. The damage SCP-3585-G received due to the crucifixion was missing when it was examined after the test.
SCP-3585-Gは壁から外れて地面にぶつかると、他の全てのSCP-3585実例と同様に不活性化した。磔によってSCP-3585-Gが負った傷は、実験後の調査の時には消滅していた。

Additional Notes: Test was to demonstrate the building capabilities of SCP-3585 instances. D-93482 was disciplined for ending the testing early without approval. First example of a Ventura Event ending before a guess was made as to which SCP-3585 instance the murderer was.
追記: この実験により、SCP-3585実例の建築能力が示された。D-93482は許可なく実験を早期に終了させたため、懲戒処分を受けた。どのSCP-3585実例が犯人であるかが推測される前にベンチュラ・イベントが終了した最初の例。

Date: 11/29/10
日付: 2010/11/29

Room: Standard testing chamber
部屋: 標準実験チャンバー

Participants: D-97921 (Male, 54, Previously employed as a detective.)
参加者: D-97921 (男性、54歳、以前探偵として雇用されていた)

Materials Provided: Paper, a clipboard, twenty wooden planks, box of nails, two golden plated watches, one ceremonial knife, a bottle of spring water, and three day old fresh bread.
与えられた材料: 紙、クリップボード1つ、板材20枚、釘の入った箱、金メッキされた腕時計2つ、儀式用ナイフ1つ、湧き水1瓶、焼けてから3日経過したパン

Brief Overview of Resulting Ventura Event: Upon entering the room to begin the Ventura Event D-97921 was approached by SCP-3585-D. Instead of the normal vocalization SCP-3585-D gave D-97921 the plastic novelty sheriff badge given to individuals who correctly guessed during an Ventura Event. SCP-3585-D then congratulated D-97921 on a job well done, and fell to the ground in a pattern identical to the response given upon correct guess during an Ventura Event.
発生したベンチュラ・イベントの概要: ベンチュラ・イベントを始めるために部屋に入ると、SCP-3585-DはD-97921に接近した。SCP-3585-Dは通常の発話の代わりに、ベンチュラ・イベントにおいて正しく推理を行った人物に贈られるプラスチックでできた保安官バッジの進呈品をD-97921に渡した。SCP-3585-Dはその後、ベンチュラ・イベントにおいて正しく推理を行った場合の反応と完全に同一のパターンに沿って、D-97921の見事な推理に対して祝いの言葉を述べて地面に倒れた。

Additional Notes: All tests done with personnel who previously had a background in law enforcement have ended in this manner, suggesting that nothing more can be gained from testing individuals with this type of background in conjunction with SCP-3585.
追記: 法執行機関に勤めていた経歴のある職員による実験は全てこのような結果に終わっているため、この種の経歴をもつ人物とSCP-3585を組み合わせる実験からはこれ以上何も得られないと推測されている。


ERROR

The Tsukiyomizuku's portal does not exist.


エラー: Tsukiyomizukuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3344274 ( 02 Jun 2018 15:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License