翻訳下書き「SCP-5101 - Special Containment Procedures」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5101
著者: TanhonyTanhony
作成日(EN): 2020/02/29
翻訳完了期限: 2020/05/17
SCP-5101 - Special Containment Procedures
SCP-5101 - 特別収容プロトコル
tags: concept euclid ritual scp
タグ: 概念 euclid 儀式 scp

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-5101

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: All records detailing SCP-5101, including this document, are to be contained within three conceptual barriers hereafter referred to as Threshold Maya, Threshold Puimre and Threshold Yuf.

特別収容プロトコル: この文書を含むSCP-5101の詳述記録は全て、3つの概念的障壁 (以下Maya閾、Puimre閾、Yuf閾と呼称) の内部に収容されます。

Threshold Maya is a circular formation five meters in diameter, which surrounds Threshold Puimre, Threshold Yuf and all SCP-5101 documentation. Threshold Maya is to be composed from a mixture of industrial-grade chalk and fresh grain. These materials are to be replenished twice a week. No personnel are to visually observe Threshold Maya while it is being replenished under any circumstances.

Maya閾は直径5 mの円形構造であり、Puimre閾・Yuf閾・全てのSCP-5101文書を取り囲みます。Maya閾は工業用のチョークと新鮮な穀物の混合物で構成されます。これらの材料は週に2度補充されます。いかなる状況下でも、補充中にMaya閾を目視で観測しないでください。

Threshold Puimre is a circular formation three meters in diameter, which surrounds Threshold Yuf and all SCP-5101 documentation. Threshold Puimre is to be composed from a mixture of pigeon blood and cement. These materials are to be replenished six times a month1. During replenishment, personnel are to ignore any demands posed by Threshold Puimre.

Puimre閾は直径3 mの円形構造であり、Yuf境界と全てのSCP-5101文書を取り囲みます。Puimre閾は鳩の血液とセメントの混合物で構成されます。これらの材料は月に6度補充されます2。補充中はPuimre閾から寄せられる要求を全て無視してください。

Threshold Yuf is a circular formation one meter in diameter, which surrounds and contains all SCP-5101 documentation. Threshold Yuf is to be composed from a mixture of human spinal fluid and industrial-grade chalk. These materials are not to be replenished under any circumstances3. Once a month, a humanoid entity will appear on the border of Threshold Yuf and inform personnel of any adjustments that must be made to these containment procedures. These instructions are to be followed without question, and the entity is then to be executed using a gunshot to the head.

Yuf閾は直径1 mの円形構造であり、全てのSCP-5101文書を取り囲んで収容します。Yuf閾は人間の脳脊髄液と工業用のチョークの混合物で構成されます。これらの材料はいかなる状況下でも補充されません4。月に1度、Yuf閾の境界線上に人型実体が出現し、この収容プロトコルに加えなければならない調整の内容を職員に知らせます。指示には異議を挟まずに従い、その後で頭部への銃撃によって実体を殺害してください。

Outside of the maintenance specified in these containment procedures, personnel are to make no physical contact with Threshold Maya, Threshold Puimre or Threshold Yuf.

この収容プロトコルに明記された整備以外でMaya閾・Puimre閾・Yuf閾と物理的に接触しないでください。

Description: SCP-5101 is a set of anomalous containment procedures which, when properly enacted:

説明: SCP-5101は一連の異常な収容プロトコルであり、適切に設けられた場合に以下の効力を発揮します。

  • Prevent any entity within its boundaries from interfering with the outside world.
  • Prevent any sentient entities in the outside world from interfering with that which is contained.
  • 境界内の実体が外界と接触するのを防止します。
  • 外界のあらゆる知的実体が収容対象と接触するのを防止します。

Due to the lack of information on how SCP-5101 operates and the suspicious nature of its creation, it has been denied re-designation as Thaumiel and is instead currently being used to contain itself5.

SCP-5101の作用の仕組みに関する情報が不足していること、ならびにその作成方法が疑わしいことから、Thaumielへの再指定は否決されています。その代わりとして、現在はSCP-5101自体の収容に用いられています6


Addendum 5101-1 (Circumstances of Creation)

補遺5101-1 (作成経緯)

SCP-5101 was created by Julius Green, a RAISA Containment Specialist7, under orders from the Overseer Council to develop procedures capable of containing a highly dangerous object or entity. Due to security concerns, the Foundation is not at liberty to further discuss this anomaly.

SCP-5101は、RAISAの収容スペシャリストであるユリウス・グリーン8が、危険度の高い物体や実体を収容できるプロトコルを作り上げるよう監督評議会から命令を受けて作成しました。安全上の懸念から、財団はこのアノマリーに関して無断で議論を進めることを禁止されています。

However, the Overseer Council has declassified the following message exchange for use in tracking the development of SCP-5101.

ただし、監督評議会は、SCP-5101の進展を追跡できるように以下のメッセージのやり取りを機密解除しています。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Mr. Green, O5-6 has requisitioned your assistance with the containment of a classified anomaly. Further context is attached to this message. You are to drop all existing projects and focus all your efforts upon this task.

グリーン様、O5-6が機密指定アノマリーの収容に貴方のお力添えを必要としております。詳細な経緯はこのメッセージに添付しました。現存のプロジェクトを全て中断し、全労力をこのタスクに注いでください。

Note that this anomaly is classified 'Pitch Black' in terms of information control. As a result, the following measures will be taken upon your completion of this task:

留意点として、このアノマリーは情報統制の観点から "ピッチブラック" 機密指定を受けています。そのため、このタスクの完了時に以下の措置が取られます。

  • You will undergo amnestic therapy to remove all memories of your work with the anomaly.
  • 貴方は記憶処理治療を受け、このアノマリーに従事した記憶を全て削除されます。
  • You will be subject to additional cognito-agents designed to prevent you from reasoning what you have been doing during your missing portion of memory.
  • これに加え、貴方は認識エージェントの対象となります。当該エージェントは、記憶の欠落部分において何を行っていたのかを推論できないように設計されたものです。
  • You are expressly forbidden from discussing your work with any colleagues. If this directive is not followed, severe consequences will ensue including possible termination of language privileges.
  • 自身の職務についていかなる同僚とも議論することを明確に禁止します。この指示に従わなければ、言語的権利の停止などの重大な結果を招く可能性があります。
  • The anomaly you are working on will not be listed in any Foundation database, and you will not receive credit for your work.
  • 貴方がこれから従事するアノマリーは財団のどのデータベースにも掲載されず、この職務に対して賃金は支払われません。

O5-6 awaits your agreement to these terms. Reply at your earliest convenience.

O5-6はこれらの条項への承諾を待ち望んでおります。お手すきの際にご返事ください。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


With all due respect, the information you've given me here is extremely limited, and I honestly can't see how I'm expected to draft up containment procedures when I don't have a full idea of what I'm containing. Quite frankly, the details you've given me access to aren't even enough to give it an Object Class.

お言葉を返すようですが、貴方がくださった情報は非常に限られており、収容対象が何なのかを完璧に把握しなければ、収容プロトコルをどう書き上げればよいのか正直に言って見当も付きません。率直に申し上げますと、貴方がくださったアクセス先の詳細情報を見ても、そのアノマリーのオブジェクトクラスすら分からないのです。

I understand the need for secrecy, but you need to give me more than this. I didn't manage to lock those other threats up with a blindfold on.

機密保持の必要性は理解していますが、これ以上の情報を提供してください。目隠しをされた状態ではそのような脅威を封じ込めることなどできません。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Negative. You have already agreed to this task as dictated by O5-6, and it will not accept delay. See that your work is complete in 7 days time.

拒否します。O5-6の指令通り、貴方は既にこのタスクへの同意を済ませており、遅延は許されません。7日以内に作業を完了するように取り計らってください。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


That's being extremely unreasonable. If you want me to work under these conditions, I won't be able to produce anything of quality. Can I speak to your superior directly about this?

あまりにも理不尽すぎます。私に仕事をしてほしいのだとしても、その条件下では品質の高いものを作ることはできません。この件について貴方の上司と直接話をさせてもらえませんか?

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Negative. You have already agreed to this task as dictated by O5-6, and it will not accept delay. See that your work is complete in 6 days time.

拒否します。O5-6の指令通り、貴方は既にこのタスクへの同意を済ませており、遅延は許されません。6日以内に作業を完了するように取り計らってください。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Your deadline is approaching. See that your work is complete in 5 days time.

期日が迫っています。5日以内に作業を完了するように取り計らってください。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


Yes, I understand that my deadline is approaching. I've started to consider the problem from a more general perspective - containment as a whole rather than containment for one specific thing, if that makes sense - but it takes a lot of focus, and quite frankly your constant reminders about the deadline isn't helping.

そうですね、期日が迫っているのは理解していますよ。私はより広い視野からこの問題を考え始めました。ある特定の物に対する収容ではなく、収容というものを総括して捉える。理に適っているかは分かりません。とはいえ、これにはかなりの集中力を必要とします。更に率直に申し上げますと、期日について何度もリマインドされてもありがたくありません。

I'd like to reqest [sic] that you cease these. Please rest assured, I'll have the procedures to you in time.

そのリマインドを停止していただくよう養成 [原文ママ] します。ご安心ください、期限内にはプロトコルをご用意いたしますので。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Negative. Your deadline is approaching. See that your work is complete in 4 days time. Otherwise, you will be subject to severe consequences.

拒否します。期日が迫っています。4日以内に作業を完了するように取り計らってください。さもなければ深刻な結果を招くこととなります。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

Your deadline is approaching. In addition, the budget you have proposed is excessive and has thus been rejected. See that your work is complete in 3 days time.

期日が迫っています。もう一つお知らせしますが、貴方が提示した予算案は法外なものであったために却下されました。3日以内に作業を完了するように取り計らってください。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


STOP

やめろ

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


I would like to sincerely apologize for my last email. I was running low on sleep and - while that's no excuse - it made me lash out when I saw your message. I

前回のメールについて心からお詫び申し上げます。このごろ睡眠不足が続いており、言い訳になりませんが、貴方からのメッセージを見た途端に食って掛かるようになってしまいました。私は

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

That's quite alright. Incidentally, your deadline is approaching. See that your work is complete in 2 days time. Otherwise, you will be subject to severe consequences including termination.

全く構いませんよ。ついでながら申し上げますと、期日が迫っています。2日以内に作業を完了するように取り計らってください。さもなければ終了措置などの重大な結果を招くこととなります。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


nEED MORE TIME [sic]

じかんもっといる [原文ママ]

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

1 day left. If you delay further, we may be forced to question your loyalty to the Foundation and take the following action:

残り1日です。これ以上遅延した場合は財団への忠誠心が疑われ、以下の行動を取らざるを得なくなる可能性があります。

  • Investigation into your prior assignments, and potential reversion of changes you have made to these containment procedures.
  • 貴方のこれまでの任務に関する調査、ならびに (場合によっては) 任務中に貴方が収容プロトコルに加えた変更の差し戻し。
  • Investigation and potential detainment of coworkers, family members and close friends who could be potential enemy contacts.
  • 敵対者と接触している可能性のある仕事仲間・家族・親しい友人の調査および (場合によっては) 拘留。
  • Complete erasure of your personnel file from Foundation records.
  • 財団記録からの貴方の人事ファイルの完全消去。
  • Complete erasure of your identity via use of amnestics.
  • 記憶処理による貴方の身元の完全消去。
  • Termination.
  • 終了。

Note that - although several of these measures may already be underway - we would prefer not to be forced to execute these excessive procedures, and any actions taken will be reverted upon completion of your assignment.

ただし、これらの措置のいくつかは既に進められている可能性もありますが、我々はこの過剰なプロトコルを強制的に実行することを望んでおらず、既に為された行動も、貴方が任務を完了した時点で全て取り消されます。

Tick tock.

秒読み段階ですよ。

From: Julius Green
To: Attendant JL

差出人: ユリウス・グリーン
宛先: アテンダント・JL


see attached. see

みててんぷ。みて

circles contain circles contain circles contain everything

あらゆるものをしゅうようするえんをしゅうようするえんをしゅうようするえん

i would like my amnesiacs [sic] now pleas [sic] there's a circle in my skull

きおくしょおり [原文ママ] おねがいすぐたのm [原文ママ] わたしのあたまのなかにえんがある

On 28/01/2020, the corpse of Julius Green was found in his office at Site-22. Autopsy determined the cause of death to be spontaneous combustion of his brain matter. A copy of SCP-5101 had been sent to Attendant JL, and a second copy was present in written form on his desk.

2020/01/28、ユリウス・グリーンの死体がサイト-22の当人のオフィスで発見されました。検視により、死因は脳内物質の自然発火であると断定されました。SCP-5101のコピーがアテンダント・JLに送信されており、2つ目のコピーがユリウス・グリーンのデスクの上に書面形式で置かれていました。

As Attendant JL had not yet been made aware of the situation and thus had no way of knowing of Mr. Green's death, an additional message was sent following the creation of SCP-5101:

当時のアテンダント・JLはこの事態に気付いておらず、ユリウス・グリーンの死亡を知る術が無かったため、SCP-5101の作成後に追加のメッセージが送信されました。

From: Attendant JL
To: Julius Green

差出人: アテンダント・JL
宛先: ユリウス・グリーン


FROM THE OFFICE OF O5-6

O5-6のオフィスより

We've received your files. Excellent work, Mr. Green. We always had the utmost faith. Get some rest.

ファイルを受け取りました。立派にやり遂げましたね、グリーン様。我々はいつだってこの上ない信頼を寄せていましたよ。ゆっくりお休みください。


ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 ( 14 Jan 2019 08:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License