翻訳下書き「SCP-5003 - Powerless」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5003
著者: Captain KirbyCaptain Kirby
作成日(EN): 2020/01/16
SCP-5003 - Powerless
SCP-5003 - 無力
tags: 5000 electrical electromagnetic ethics-committee mechanical safe scp structure subterranean
タグ: 5000 電気 電磁気 倫理委員会 機械 safe scp 構造 地下

ソース: Flickr
ライセンス: CC BY-SA 2.0
タイトル: Downward the stairs
著作権者: temporalata
公開年: 2006年

評価: 0+x
tunnel.jpg

SCP-5003 Entry Tunnel
SCP-5003の入り口のトンネル

アイテム番号: SCP-5003

オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: The entrance to SCP-5003 has been sealed.

特別収容プロトコル: SCP-5003への入り口は封鎖されています。

Description: SCP-5003 is a large piece of complex machinery 250m beneath Sublevel 39 of Site-19, capable of generating energy from an unknown source. SCP-5003 consists of three different components: a main power housing, a central control hub, and a vast tunnel system expanding from the control center.

説明: SCP-5003はサイト-19の地下39階から下方250 mに存在する複雑な大型機械であり、未知の供給源からエネルギーを生成することが可能です。SCP-5003は主電源筐体、中央コントロールハブ、コントロールセンターを拡張した広大なトンネル網の3つの要素で構成されています。

The central control hub lies within a cavern located approximately 36km from the entrance with walls lined with wires and cables from the main power housing. Additionally, the cavern contains the following:

中央コントロールハブは入り口から約36 km離れた洞窟内にあり、壁には主電源筐体からワイヤーとケーブルが複数本引かれています。加えて、洞窟内には以下のものが存在します。

  • A control panel
  • Chairs
  • A whiteboard
  • Fluorescent lights
  • Four large scorch marks across the eastern and northern walls
  • コントロールパネル
  • 椅子
  • ホワイトボード
  • 蛍光灯
  • 東壁と北壁に及ぶ大きな焦げ跡4つ

The main power housing is presumed to be located in a chamber1 adjacent to the central control hub, since all cables in SCP-5003 have been traced back to that area. Initial attempts to locate an entrance to this chamber have failed. Therefore, there is no conclusive evidence that this is the power source of SCP-5003. The title "main power housing" has been given to the chamber for clearer communication.

SCP-5003内のケーブルは全て中央コントロールハブに隣接するチャンバー2から引かれているため、主電源筐体はそのチャンバーに存在すると推定されています。このチャンバーの入り口を特定する当初の試みは全て失敗しています。そのため、このチャンバーにSCP-5003の電源が存在するという確証は得られていません。この "主電源筐体" の名称は、意志の疎通を明快にする目的で当該チャンバーに付けられています。

The tunnel system is largely unexplored. Initial reconnaissance discovered that they are lit by fluorescent lights and lined with cables that are connected to the main power housing.

トンネル網は大部分が調査されていません。初期調査により、これらのトンネルは蛍光灯で照らされており、主電源筐体に接続されたケーブルが複数本引かれていることが判明しました。

The only known entrance to SCP-5003 is through a metal door located in the service tunnels on Sublevel 39 of Site-19. Inspection of the Site-19 blueprints indicated that these tunnels were never originally meant to be part of the site's construction.

唯一判明しているSCP-5003への入り口は、サイト-19の地下39階の洞道に存在する金属扉です。サイト-19の見取り図の精査により、元々これらのトンネルは当該サイトの構造の一部として建設されたものではないことが示されました。

Testing to identify further effects of SCP-5003 is still underway.

SCP-5003の他の影響を明らかにする検査が現在も進められています。

Discovery: On 06/21/2014 Site-19 sensors picked up a spike in electromagnetic activity underneath the site. Searches of the lower levels of the site located the doorway to SCP-5003, which was open at time of discovery.

発見: 2014/06/21、サイト-19のセンサーが当該サイト地下での急激な電磁活動を検知しました。サイト-19の地下の探索により、SCP-5003へと通じる金属扉の発見に至りました。発見時ではこの金属扉は開いていました。

SCP-5003 Testing Operation: After the initial discovery of SCP-5003, Dr. Raven Koullette proposed a series of experiments to be run on SCP-5003 to determine the functionality of the control panel, and if the anomaly requires additional containment protocols. These experiments were to be carried out by a team consisting of Researcher Thomas DeWalt3, and D-34814 to act as a subject and assistant. Since the travel time from the entrance to the control center is approximately 7 hours, DeWalt and D-3481 were equipped with three days worth of water and rations, sleeping bags, flashlights and a standard-issue Foundation Fieldwork Radio to communicate test results back to Dr. Koullette. Testing was scheduled to take place over the course of two days.

SCP-5003検査作戦: SCP-5003の最初の発見を経て、レイブン・コウレット博士がSCP-5003の一連の検査を提案しました。この検査は、コントロールパネルの機能性、ならびにこのアノマリーに収容プロトコルを追加する必要性を判断するためのものであり、トーマス・デウォルト研究員5と被験者兼補佐役のD-34816から成るチームが実施しました。入り口からコントロールセンターまでの移動に約7時間かかるため、デウォルトとD-3481には、3日分の水・レーション・寝袋・懐中電灯と、検査結果をコウレット博士に連絡するための標準支給の財団製フィールドワーク用無線を装備させました。検査は2日間実施される予定でした。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 ( 14 Jan 2019 08:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License