〆切: 01/27「SCP-4474 - Steve, and 0ther Gods」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-4474
著者: MortosMortos
作成日(EN): 2019/03/07
SCP-4474 - Steve, and 0ther Gods
SCP-4474 - スティーブ、あとそ6他神々
タグ: en 家電 外部エントロピー euclid 敵対的 精神影響 賞典-注目記事 知性 scp

出典: SCP-4474 (rev. 12)
著者: MortosMortos
作成日(EN): 2019/03/07

ソース: SCP-4474
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: steve.jpg
著作権者: MortosMortos
公開年: 2019年

Steve, and 0ther Gods / スティーブ、あとそ6他神々

評価: 0+x

steve.jpg

SCP-4474。

アイテム番号: SCP-4474

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: SCP-4474-1 is to be placed on a desk inside a standard containment cell. No attempts to remove SCP-4474-2 are to be made.

特別収容プロトコル: SCP-4474-1は標準的な収容セル内の机の上に設置します。SCP-4474-2を除去する試みは行われません。

Under no circumstances should anyone named "Steven"1 enter SCP-4474's containment chamber following Incident 4474-01.

インシデント4474-01以降、いかなる状況下でも "スティーブンSteven" という名前2の人物がSCP-4474の収容チャンバーに入室することは認められません。

Description: SCP-4474 is a conjoined pair of anomalies, SCP-4474-1 and SCP-4474-2.

説明: SCP-4474は2つのアノマリー、SCP-4474-1とSCP-4474-2の結合体です。

SCP-4474-1 is a sapient office lamp, physically unremarkable save for its missing power cord. SCP-4474-1 can communicate in English, claims to be "the God of middle-aged white men named Steve", and that its name is also Steve. It is incapable of movement, though can alter the brightness of its bulb at will despite the lack of a power source. Attempts to remove the bulb have failed.

SCP-4474-1は知性を有する電気スタンドであり、電源コードが付随していない点を除けば物質的な特徴はありません。SCP-4474-1は英語での意思疎通が可能であり、"スティーブと命名されし中年白人男性の神" を自称し、自身の名前もスティーブであると主張しています。自力での移動はできませんが、SCP-4474-1は電源も無しに随意に電球の明度を変えることができます。電球を取り外す試みは全て失敗しています。

SCP-4474-2 is a sapient acrylic sticker printed with a standard yellow smiley face design, affixed to the conical shade of SCP-4474-1. SCP-4474-2 can communicate in English and a language it calls "1337"3, and is able to animate its design to give the appearance of facial motion. SCP-4474-2 claims to be "the God of 1337 h4xx0rs" and refers to itself by many melodramatic and exaggerated names.

SCP-4474-2は標準的な黄色のスマイリーフェイスがデザインされた知性を有するアクリルステッカーであり、SCP-4474-1のランプシェードに貼り付けられています。SCP-4474-2は英語および自身が "1337" と呼称する言語4での意思疎通が可能であり、デザインをアニメーションさせて顔の動きを表現することができます。SCP-4474-2は "1337 h4xx0rsの神" を自称しており、多種多数の芝居がかった大げさな名前を名乗ります。

How SCP-4474-2 became affixed to SCP-4474-1 is unknown, and neither have been forthcoming on the matter.

SCP-4474-2がどのようにしてSCP-4474-1に貼り付けられたのかは不明であり、両者ともに真相を明かそうとしていません。

The relationship between SCP-4474-1 and SCP-4474-2 is antagonistic, owing to their largely conflicting personalities. As such, attempts at interviews as well as conversations between the two generally degrade into arguments with little provocation.

SCP-4474-1とSCP-4474-2は対立関係にあり、その原因は互いの性格がほとんど相容れないことにあります。そのため、インタビューの試みならびにこの2体間での会話は、たいていの場合挑発の少し混ざった口論にまで悪化します。

Typical Interview Transcript with SCPs 4474-1 and 4474-2.
SCP-4474-1とSCP-4474-2への典型的なインタビュー例の書き起こし:
Interviewer: Doctor Christos Tribecki
インタビュアー: クリストス・トライベッキ博士

SCP-4474-2: Oh god, what does this prick want now?

SCP-4474-2: なんだなんだ、このチンコ野郎は何がお望みなんだ?

SCP-4474-1: Don't be rude.

SCP-4474-1: 失礼な態度やめなよ。

SCP-4474-2: Fuck you.

SCP-4474-2: 死ね。

Tribecki: Hello One, Two.

トライベッキ: こんにちは、ワン、ツー。

SCP-4474-2: You will refer to me by my name, you piss gargling shit-weasel! The Glorious and Incredible Hacklord Majestica!

SCP-4474-2: 俺のことは名前で呼べ、ションベン垂らしのダミ声クソ虫が! 誉れある驚異のハックロード・マジェスティカ様 (The Glorious and Incredible Hacklord Majestica) ってな!

SCP-4474-1: Maybe if you didn't act like such a two, they'd call you something else.

SCP-4474-1: そんないかにも二番手って感じの振る舞いじゃなかったら、君のことを違う名で呼んでくれたかもよ。

SCP-4474-2: Just you wait until I-

SCP-4474-2: てめえ黙って —

Tribecki: Please, settle down. I want to talk about where you came from, and how you ended up together.

トライベッキ: どうか落ち着いてください。私はあなた方がどこから来て、どのようにして一体化したのかを話し合いたいのです。

SCP-4474-1: We didn't come from anywhere, we just are. That is the nature of Gods.

SCP-4474-1: 僕らはどこからも来ていない、ただあるだけさ。それが神ってものでしょ。

SCP-4474-1's bulb glows briefly.

SCP-4474-1の電球が一瞬明るくなる。

SCP-4474-2: Yeah learn some fucking theology you punk-ass son of a bitch.

SCP-4474-2: そーだ、ちゃんと神学を学びやがれってんだ、クソうぜぇろくでなしが。

Tribecki: Let's talk about your forms then. If you're a God, why are you a sticker stuck to a lamp?

トライベッキ: では、あなた方の姿について話をしましょう。あなた方が神であるのなら、なぜランプに貼り付いたステッカーの姿を取っているのですか?

SCP-4474-2: I'm not stuck to him! He's stuck to me! And when I get off of here me and my 1337 h4xx0r followers are going to hack the shit out of this stupid fucking lamp!

SCP-4474-2: 俺がこいつに貼り付いてんじゃねえ! こいつが俺に貼り付いてんだ! こいつから分離したあかつきには、俺と1337 h4xx0rの信者どもでこのクソ間抜けランプをめちゃくちゃにハックしてやる!

Tribecki: I don't think lamps can be hacked.

トライベッキ: ランプはハッキングできないかと思いますが。

SCP-4474-2: I'll fucking hack you too! I'll hack your arms right off, just you wait and see!

SCP-4474-2: てめえもハックしてやるよ! すぐにでもてめえの両腕をハックしてやるからな、今に見てろ!

SCP-4474-1: I don't think you know what hacking is.

SCP-4474-1: ハッキングが何か分かってないように思えるね。

SCP-4474-2: Oh yeah, and what the fuck are you the god of? Dildos?! I'll hack you right now!

SCP-4474-2: そーかよ、そういうてめえは何の神だってんだ? ディルドか?! 今にてめえをハックしてやる!

SCP-4474-2 begins making grunting sounds, and its "face" begins animating rapidly from side to side, suggesting that it is trying to forcibly remove itself from SCP-4474-1. No motion is detected in either. Doctor Tribecki pinches the bridge of his nose.

SCP-4474-2が唸り声のような音を立て始め、"顔" が左右に何度も素早くアニメーションし始める。恐らくは自身をSCP-4474-1から無理やり引き剥がそうとしているものと推察される。両者ともに何の動きも検出されない。トライベッキ博士が鼻筋をつまむ。

Tribecki: Less than a minute this time. Must be a record. Interview terminated.

トライベッキ: 今回は1分切ったか。記録的だな。インタビューを終了する。

Incident 4474-01: On 23/02/2019, a minor security breach occurred during an interview session with SCP-4474, which is transcribed below.

インシデント4474-01: 2019/02/23、SCP-4474とのインタビュー中に軽度のセキュリティ違反が発生しました。書き起こしは以下の通りです。

Incident 4474-01 Interview Transcript
インシデント4474-01 インタビューの書き起こし
Interviewer: Doctor Steven Hensby
インタビュアー: スティーブン・ヘンズビー博士

Hensby: Good morning, One and Two.

ヘンズビー: おはようございます、ワン、ツー。

SCP-4474-1's bulb brightens.

SCP-4474-1の電球が明るくなる。

SCP-4474-2: Oh great, more lab coat wearing dickwads.

SCP-4474-2: うわっ、まーた白衣着たチンカスが来たぞ。

Hensby: I'm not wearing a lab coat.

ヘンズビー: 私は白衣を着ていません。

SCP-4474-2: That's exactly what a lab coat wearing dickwad would say!

SCP-4474-2: いかにも白衣着たチンカスが言いそうなこった!

Hensby: Can you actually perceive me? Are you capable of sight?

ヘンズビー: 本当に私が見えているのですか? 視力はあるので?

SCP-4474-2: I can see everything! I've hacked all your cameras, I know where you live!

SCP-4474-2: 俺には何でも見える! てめえんとこのカメラを全部ハックしたからな、てめえの住んでる所だって知ってるぜ!

SCP-4474-1: We all see what we choose to see. That's why you see a lamp and… this thing.

SCP-4474-1: みな自分が見たいと思うものを見るんだよ。だから君にはランプと…… こんなのが見えるのさ。

Hensby: I see, that's ver-

ヘンズビー: なるほど、それはとても —

SCP-4474-2: What the fuck did you call me?! You come over here and say that, you piece of shit!

SCP-4474-2: てめえ今俺のこと何つった?! こっち来てもう一回言ってみろ、このクソカスが!

SCP-4474-1: I'm already at the maximum level of "over here".

SCP-4474-1: 僕もうこれ以上ないくらい "こっち来て" るよ。

SCP-4474-2: Alright that's it!

SCP-4474-2: そーかよ、もういいわ!

SCP-4474-2が唸り声のような音を立て始め、自身をSCP-4474-1から剥がそうと試みる。SCP-4474-1が聞こえよがしにため息をつく。

SCP-4474-1: You do grow very tiresome, sometimes.

SCP-4474-1: 君ってさぁ、時々本っ当に面倒臭くなるよね。

SCP-4474-1's bulb brightens further.

SCP-4474-1の電球がさらに明るくなる。

SCP-4474-1: Steven?

SCP-4474-1: スティーブン?

Doctor Hensby's posture changes visibly, and his expression becomes slack.

ヘンズビー博士の態度が目に見えて変わり、表情が無くなる。

Hensby: Yes, radiant one?

ヘンズビー: 何でしょう? 燦然たる我が主様。

SCP-4474-1: Could you try and remove this annoyance from me, please?

SCP-4474-1: このうざったいのを僕から剥がしてみてくれませんか?

Hensby: Of course, my light.

ヘンズビー: お安い御用です、我が光よ。

Doctor Hensby pulls a pen from his pocket and attempts to scrape SCP-4474-2 from SCP-4474-1 at its edges.

ヘンズビー博士がポケットからペンを取り出し、ペン先でSCP-4474-1からSCP-4474-2をこそぎ取ろうと試みる。

SCP-4474-2: Wait, hey, what are you doing! Stop! Sto-

SCP-4474-2: ちょっ、待て、何してんだ! やめろ! やめっ —

SCP-4474-2 emits a high pitched screeching sound. At this point, lights in the interview room begin to flicker and the intercom system begins producing seemingly random sounds. This continues for approximately 15 seconds.

SCP-4474-2が高音の金切り声をあげる。同時にインタビュールーム内の電気がちらつき始め、規則性が無いと思われる音をインターコムシステムが発し始める。この現象が約15秒間続く。

Hensby: Forgive me, shining one, but I don't seem to be able to remove the loud one from your-

ヘンズビー: 申し訳ございません、光輝たる我が主様、どうやら私にはこの喧しき者をあなた様から剥がす力はないようで —

The door opens rapidly and two security personnel enter. Witnessing the scene, they quickly tranquillise Doctor Hensby. SCP-4474-2 falls silent.

ドアが勢いよく開かれ、2人の保安職員が入室する。現場を目撃した2人が速やかにヘンズビー博士を鎮静化する。SCP-4474-2は沈黙している。

SCP-4474-1: Oh well. Worth a try I suppose.

SCP-4474-1: おっ、やった。試してみるもんだね。

Shortly after this event, a number of viruses were detected on computer systems within the Site. While most of these viruses have since been eradicated, one remains which continually makes minor edits to the documentation for SCP-4474, specifically replacing the letters in certain words with numbers.

このイベントの直後、サイト内のコンピュータシステムから多数のウイルスが検出されました。のちにウイルスのほとんどが除去されましたが、依然としてSCP-4474の文書に小規模編集を加え続けているものが残っています。具体的には、このウイルスは特定の単語の文字を数字に置換します。










スティーブ、あとそ6他神々

評価: 0+x

steve.jpg

SCP-4474。

アイテム番号: SCP-4474

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4474-1は標準的な収容セル内の机の上に設置します。SCP-4474-2を除去する試みは行われません。

インシデント4474-01以降、いかなる状況下でも "スティーブンSteven" という名前5の人物がSCP-4474の収容チャンバーに入室することは認められません。

説明: SCP-4474は2つのアノマリー、SCP-4474-1とSCP-4474-2の結合体です。

SCP-4474-1は知性を有する電気スタンドであり、電源コードが付随していない点を除けば物質的な特徴はありません。SCP-4474-1は英語での意思疎通が可能であり、"スティーブと命名されし中年白人男性の神" を自称し、自身の名前もスティーブであると主張しています。自力での移動はできませんが、SCP-4474-1は電源も無しに随意に電球の明度を変えることができます。電球を取り外す試みは全て失敗しています。

SCP-4474-2は標準的な黄色のスマイリーフェイスがデザインされた知性を有するアクリルステッカーであり、SCP-4474-1のランプシェードに貼り付けられています。SCP-4474-2は英語および自身が "1337" と呼称する言語6での意思疎通が可能であり、デザインをアニメーションさせて顔の動きを表現することができます。SCP-4474-2は "1337 h4xx0rsの神" を自称しており、多種多数の芝居がかった大げさな名前を名乗ります。

SCP-4474-2がどのようにしてSCP-4474-1に貼り付けられたのかは不明であり、両者ともに真相を明かそうとしていません。

SCP-4474-1とSCP-4474-2は対立関係にあり、その原因は互いの性格がほとんど相容れないことにあります。そのため、インタビューの試みならびにこの2体間での会話は、たいていの場合挑発の少し混ざった口論にまで悪化します。

SCP-4474-1とSCP-4474-2への典型的なインタビュー例の書き起こし:
インタビュアー: クリストス・トライベッキ博士

SCP-4474-2: なんだなんだ、このチンコ野郎は何がお望みなんだ?

SCP-4474-1: 失礼な態度やめなよ。

SCP-4474-2: 死ね。

トライベッキ: こんにちは、ワン、ツー。

SCP-4474-2: 俺のことは名前で呼べ、ションベン垂らしのダミ声クソ虫が! 誉れある驚異のハックロード・マジェスティカ様 (The Glorious and Incredible Hacklord Majestica) ってな!

SCP-4474-1: そんないかにも二番手って感じの振る舞いじゃなかったら、君のことを違う名で呼んでくれたかもよ。

SCP-4474-2: てめえ黙って —

トライベッキ: どうか落ち着いてください。私はあなた方がどこから来て、どのようにして一体化したのかを話し合いたいのです。

SCP-4474-1: 僕らはどこからも来ていない、ただあるだけさ。それが神ってものでしょ。

SCP-4474-1の電球が一瞬明るくなる。

SCP-4474-2: そーだ、ちゃんと神学を学びやがれってんだ、クソうぜぇろくでなしが。

トライベッキ: では、あなた方の姿について話をしましょう。あなた方が神であるのなら、なぜランプに貼り付いたステッカーの姿を取っているのですか?

SCP-4474-2: 俺がこいつに貼り付いてんじゃねえ! こいつが俺に貼り付いてんだ! こいつから分離したあかつきには、俺と1337 h4xx0rの信者どもでこのクソ間抜けランプをめちゃくちゃにハックしてやる!

トライベッキ: ランプはハッキングできないかと思いますが。

SCP-4474-2: てめえもハックしてやるよ! すぐにでもてめえの両腕をハックしてやるからな、今に見てろ!

SCP-4474-1: ハッキングが何か分かってないように思えるね。

SCP-4474-2: そーかよ、そういうてめえは何の神だってんだ? ディルドか?! 今にてめえをハックしてやる!

SCP-4474-2が唸り声のような音を立て始め、"顔" が左右に何度も素早くアニメーションし始める。恐らくは自身をSCP-4474-1から無理やり引き剥がそうとしているものと推察される。両者ともに何の動きも検出されない。トライベッキ博士が鼻筋をつまむ。

トライベッキ: 今回は1分切ったか。記録的だな。インタビューを終了する。

インシデント4474-01: 2019/02/23、SCP-4474とのインタビュー中に軽度のセキュリティ違反が発生しました。書き起こしは以下の通りです。

インシデント4474-01 インタビューの書き起こし
インタビュアー: スティーブン・ヘンズビー博士

ヘンズビー: おはようございます、ワン、ツー。

SCP-4474-1の電球が明るくなる。

SCP-4474-2: うわっ、まーた白衣着たチンカスが来たぞ。

ヘンズビー: 私は白衣を着ていません。

SCP-4474-2: いかにも白衣着たチンカスが言いそうなこった!

ヘンズビー: 本当に私が見えているのですか? 視力はあるので?

SCP-4474-2: 俺には何でも見える! てめえんとこのカメラを全部ハックしたからな、てめえの住んでる所だって知ってるぜ!

SCP-4474-1: みな自分が見たいものを見るんだよ。だから君にはランプと…… こんなのが見えるのさ。

ヘンズビー: なるほど、それはとても —

SCP-4474-2: てめえ今俺のこと何つった?! こっち来てもう一回言ってみろ、このクソカスが!

SCP-4474-1: 僕もうこれ以上ないくらい "こっち来て" るよ。

SCP-4474-2: そーかよ、もういいわ!

SCP-4474-2が唸り声のような音を立て始め、自身をSCP-4474-1から剥がそうと試みる。SCP-4474-1が聞こえよがしにため息をつく。

SCP-4474-1: 君ってさぁ、時々本っ当に面倒臭くなるよね。

SCP-4474-1の電球がさらに明るくなる。

SCP-4474-1: スティーブン?

ヘンズビー博士の態度が目に見えて変わり、表情が無くなる。

ヘンズビー: 何でしょう? 燦然たる我が主様。

SCP-4474-1: このうざったいのを僕から剥がしてみてくれませんか?

ヘンズビー: お安い御用です、我が光よ。

ヘンズビー博士がポケットからペンを取り出し、ペン先でSCP-4474-1からSCP-4474-2をこそぎ取ろうと試みる。

SCP-4474-2: ちょっ、待て、何してんだ! やめろ! やめっ —

SCP-4474-2が高音の金切り声をあげる。同時にインタビュールーム内の電気がちらつき始め、規則性が無いと思われる音をインターコムシステムが発し始める。この現象が約15秒間続く。

ヘンズビー: 申し訳ございません、光輝たる我が主様、どうやら私にはこの喧しき者をあなた様から剥がす力はないようで —

ドアが勢いよく開かれ、2人の保安職員が入室する。現場を目撃した2人が速やかにヘンズビー博士を鎮静化する。SCP-4474-2は沈黙している。

SCP-4474-1: おっ、やった。試す価値あったね。

このイベントの直後、サイト内のコンピュータシステムから多数のウイルスが検出されました。のちにウイルスのほとんどが除去されましたが、依然としてSCP-4474の文書に小規模編集を加え続けているものが残っています。具体的には、このウイルスは特定の単語の文字を数字に置換します。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 (14 Jan 2019 08:56)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License