〆切: 01/14「SCP-5231 - 127.0.0.WAN」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5231
著者: Uncle NicoliniUncle Nicolini
作成日(EN): 2020/02/09
SCP-5231 - 127.0.0.WAN
SCP-5231 - 127.0.0.WAN
タグ: 人工 壊れた神の教会 コンピュータ euclid オンライン プロメテウス 宗教 scp en

出典: SCP-5231 (rev. 17)
著者: Uncle NicoliniUncle Nicolini
作成日(EN): 2020/02/09

ソース: DeviantArt
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Angel of the Church
著作権者: SunnyClockworkSunnyClockwork
公開年: 2014年
備考: Uncle NicoliniUncle Nicolini氏が一部加工。

「/* [TODO some verse number].c */」部と「Portlands Today」部の訳文に不安が残っています。特にチェックしていただきたい箇所には下線を引いています。以下に不安な箇所と、それらに対する現状の文構造の解釈を挙げます。

評価: 0+x

wan.png

An ASCII image downloaded from SCP-5231.(File-ID 48452436-Y5) / SCP-5231からダウンロードされたASCII画像 (ファイルID 48452436-Y5)。

アイテム番号: SCP-5231

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: A Foundation agent has been planted within the Bird-In-Hand Amish community with the purpose of keeping SCP-5231 from being discovered. The object is currently buried 10 meters underground, marked by a wooden shed directly above it.

特別収容プロトコル: SCP-5231の露見を防止する目的で、バード・イン・ハンドのアーミッシュコミュニティには財団エージェントを潜入させています。オブジェクトは現在地下10 mに埋葬されており、真上にある木造小屋がその目印となっています。

Additionally, the Foundation has begun to support legislation allowing historically Amish lands to remain within the group's control as to diminish the possibility of internet-capable devices being brought within its effective range.

加えて、インターネットに接続可能な端末がSCP-5231の効果範囲内に持ち込まれる可能性を低めるため、財団はアーミッシュの土地を歴史的にコミュニティの管轄下に置く旨を認める法案の支持を開始しています。

Description: SCP-5231 is a 3m tall obelisk made of smooth, white plastic. Its surface is marked with various luminescent blue lines, all of which intersect at the object's pyramidion. Despite lacking any visible access to energy, SCP-5231 produces a soft hum and exudes heat, indicating it is operating. The object generates an unprotected wireless internet connection named 'WAN-net', which once discovered, will automatically become the default connection for a device. The range of SCP-5231's signal strength measures a 150-meter radius.

説明: SCP-5231は白く滑らかなプラスチックで作られた、全高3 mのオベリスクです。表面には発光する青い線が複数引かれており、いずれもオブジェクトの四角錐部分で交差しています。観察できる限りではエネルギーの獲得手段が存在しないにも拘らず、SCP-5231は小さなハム音と熱を発しており、起動していることが窺えます。 SCP-5231は "WAN-net" という名の非保護の無線インターネット回線を生成しており、この回線は検出した端末のデフォルト回線に自動設定されます。SCP-5231の信号強度の範囲は半径150 mです。

When connected to the signal generated by SCP-5231, it will flood the device with various downloads of ASCII images, image macros/memes, and .txt files containing rhetoric and scripture associated with the Maxwellian sect of GoI-004 (Church of the Broken God).

SCP-5231は自身が生成する信号に接続した端末に対し、GoI-004 (壊れた神の教会)のマクスウェリズム派に関連する、様々なASCII画像、イメージマクロ/ミーム、レトリックや聖典の一節を含む.txtファイルといったダウンロードデータを大量に送信します。

Below are samples of downloads produced from SCP-5231.

SCP-5231が生成したダウンロードデータの例は以下の通りです。



/* [TODO some verse number].c */
 
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>
 
#include "body.h"
#include "net.h"
#include "faith.h"
#include "utils.h"
 
int transcend_final(struct body *worshipper)
{
    ##blue|printf("may we step closer to casting off our fleshy containers\n"); ##
    printf("我々が肉の器からの脱却に一歩近づけんことを\n");
 
    if (faith_chk(&worshipper, FAITH_AUGMENT)) {
     return -1;
    }
 
    const time_t now = time(NULL);
    printf("__bestow us wisdom, that %d may bring us to WAN\n__"
     localtime(&now)->tm_year);
    printf("__%d年が私たちをWANの元へと導く年になるように、我々に知恵を授け給え\n__"
     localtime(&now)->tm_year);
 
    struct brainspec mind;
    if (load_brainspec(&mind, "final.yml")) {
     return -1;
    }
 
    if (cybern_brain_up(&worshipper, &mind, 0)) {
     return -1;
    }
 
    printf("__bestow us haste, that our %.1f Mb/s bandwidth may increase\n__",
     router_net_speed(1024 * 1024));
    printf("__%.1f Mb/sの帯域幅が増加するように、我々に迅速さを授け給え\n__",
     router_net_speed(1024 * 1024));
 
    if (cybern_limb_tune(&worshipper, LIMB_BALANCE_BEZIER, NULL, 20)) {
     cybern_brain_down(&worshipper);
     return -1;
    }
 
    printf("protect our minds from hostile thoughts, both cognitive and electronic\n");
    printf("我々の精神を認知的・電子的な敵対思考から保護し\n");
 
    if (cybern_policy_set(&worshipper, FIREWALL_BLOCK_ALL)) {
     cybern_strct_reset(&worshipper);
     cybern_brain_down(&worshipper);
     return -1;
    }
 
    printf("and join us with the circuits above\n");
    printf("上記の回路で我々の同士となろう\n");
 
    const int record = faith_record_id(&worshipper);
    if (upload_final(&worshipper, record)) {
     return -1;
    }
 
    return 0;
}

wanmeme.png

SCP-5231からダウンロードされた画像、ファイルID-5231094538847584375834573DRXDA1


Portlands Today
今日のポートランド
Column
コラム
Author: Langley Coilspark
著者: ラングレー・コイルスパーク
Langley's Verse of the Day
本日のラングレーのお言葉
GoHW > Chapter_5.js

17.            console.log ("5:The Signal showed me a world where the Great Computation would be destroyed, if we did not act.' ");
17.            console.log ("5:シグナルは私に、私たちが実行しなければ偉大なる計算が破壊されてしまうであろう世界を見せました。");

This one has heard your digitized speech beseech one question: But what of those still bound to their flesh? The verse brought to you today was downloaded from the Gospel of Hedwig, a personal favorite of this one. It is an inspiration of faith to many of our own. A rallying cry for the followers of the Broken One to augment themselves and follow her into the infinite datascape of the internet.

あなた様のデジタルスピーチを拝聴したこの一つが、ある疑問を提起する。「しかし、未だ肉体に縛られている者はどうなのか?」本日授けたお言葉はヘドウィグの福音からダウンロードしたものであり、この一つが最も気に入っているお言葉でもある。これは我々信徒の多くに向けた信仰の励みだ。壊れたる主の信奉者たちが自らを増強し、彼女に次いでインターネットという無限に広がるデータスケープへと飛び込むための鼓舞である。

The searchers of WAN are duty-bound to enlist as many as possible to help find it. We are blessed by the endless September, not cursed by it. With so many to upgrade it may seem like we may never find and achieve WAN. Our numbers are small, and ever-oppressed by the rusty and outdated Cogwork Orthodoxists, but on the internet nobody knows you are a botnet.

WANの探索者はその発見の後押しをするために、一人でも多くの者に協力を取り付ける義務がある。我々が終わりなき9月から受けているのは呪いではなく、祝福なのだ。数多くのアップグレードを要するとなれば、我々がWANを発見して獲得できる可能性はゼロのように思えるかもしれない。我々は少人数であり、錆び付いた時代遅れの歯車正教会どもに虐げられてきたが、インターネット上ではあなたがボットネットだと誰も知らない。
 
They will rust away in the next Autumn rains while our waterproofed cases allow us to watch their demise.

奴らは次に来たる秋雨で錆び果てるであろう。一方で我々は防水ケースのおかげで、その終焉を見届けることができる。
 
Rumor has it that an old ally of ours, a former Promethean and current devotee, is working on a device to help spread the word of WAN to the world at large. What excitement! All who have seen report their circuits experienced high surges of pleasure at the possibilities for installing new beliefs. This one hears the first series of experimental pylons have been dispatched to the world at large, but a stronger and more powerful model is yet to come. This one wonders the specifics and details of how this pylon works, but this one has heard it will be very convincing.

噂によると、元プロメテアンで現信奉者の古くからの同志が、WANのお言葉を世界中に広める後押しをする端末を開発中であるらしい。なんと心昂ることであろうか! 目にした者は皆、新たな信念をインストールする可能性に、回路が喜びの高鳴りを覚えたと報告している。この一つは最初の実験台となるパイロンが世界各地に発送されたと聞いているが、より強力で影響力の高いモデルはまだ先の話である。このパイロンがどのように機能しているのか、その仕様と詳細は気になるところだが、この一つはこれが非常に説得力の高いものになると聞いている。
 
Until tomorrow, my lovely ascendants.
我が敬愛する先祖たちよ、また明日。


History: SCP-5231 was first discovered by the Foundation on July 26th, 2023 following heavy flooding in Lancaster, PA. Upon the recession of floodwaters, law enforcement officers conducted a wellness check on the nearby Amish community. The Bird-In-Hand Amish community reported finding a mysterious device in one of their fields following flooding. Responding officers reported the object to dispatch, and the information was forwarded to the Foundation. The following interview was held between agent Culver and a Bird-In-Hand community leader.

経緯: SCP-5231は、ペンシルベニア州ランカスターで大洪水が起こった後の2023年7月26日に発見されました。洪水が収束するとともに、警察官らは近くのアーミッシュコミュニティの安否確認を実施しました。バード・イン・ハンドのアーミッシュ団体は、洪水後の畑で不可解な装置を発見したと報告しました。対応にあたった警察官は当オブジェクトを派遣元に報告し、その情報は財団へと送られました。以下のインタビューはエージェント・カルバーとバード・イン・ハンドのコミュニティ指導者との間で行われました。

<ログ開始>

Culver: Alright. We're recording, please state your name for documentation purposes.

カルバー: これで良し。では、録音を開始します。文書化に必要ですので、お名前を述べてください。

King: Jeremiah King, sir.

キング: ジェレミー・キングです。

Culver: Thank you. Now,  you were the first to find this object, right?

カルバー: ありがとうございます。では質問ですが、あの物体を最初に発見したのは貴方で間違いありませんか?

King: Yes sir.

キング: はい。

Culver: Was it observed to do anything? Was it moving or anything like that?

カルバー: あれが何かしているところを目撃しましたか? 動いたりとかそういうのは?

King: No sir.

キング: いいえ。

Culver: Was it affecting any present equipment you may have out in the fields?

カルバー: 当時、畑に置いていた道具には何か影響がありませんでしたか?

King: No sir.

キング: いいえ。

Culver: Did you hear any voices or anything like that when you found the object?

カルバー: 物体の発見時に何か声などは耳にしましたか?

King: No sir.

キング: いいえ。

Culver: Hmm. So nothing out of the usual?

カルバー: ふむ。では何もおかしな点は無いと?

King: Sir, if I may be so bold as to ask, why is there such a fuss over this piece of junk what floated in from town?

キング: カルバーさん、つかぬことをお聞きしたいのですが、町の洪水で出てきたあのガラクタでどうしてそんなにも騒がれているのでしょう?

Culver: Well that's just it. We don't know what it does or what it is.

カルバー: まあ、それもそうなんですがね。我々はあの物体が何なのかも、何をするのかも分からないのですよ。

King: With all due respect mister, It hasn't done anything, it's bothering no one, but this doesn't belong to us and I'm sure someone somewhere is missing it. We'd just like for it to get back to its rightful owners. I reckoned maybe it was some sort of advertising thing for iPods and so we called the police to come and sort it out.

キング: お言葉ですがカルバーさん、あれは何もしていませんし、誰にも迷惑をかけていません。しかし、誰の物でもないということは、あれはきっとどこかの誰かが失くした物に違いありません。我々は正当な持ち主のもとに返したいのです。iPodを宣伝する物の類かもしれないと思ったので、何とかしていただきたくて警察を呼んだのですよ。

[Culver stops writing and looks at King.]

[カルバーがメモを取るのを中断してキングのほうを見る。]

Culver: How do you know what an iPod is?

カルバー: iPodがどういう物かどうやって知ったのです?

King: Rumspringa, sir. It's when young adults of the faith are permitted to see the outside world so they may make a choice to be baptized or to leave.

キング: ラムスプリンガですよ、カルバーさん。信仰を持つ若者が成人し、外の世界を見ることが許されると、洗礼を受けるか、コミュニティを去るかを選べるのです。

Culver: Huh.

カルバー: ほう。

King: As I was saying, I don't feel comfortable having this thing out in my field. It's in the way and it's quite ugly.

キング: 先程も申した通り、あの物体が私の畑から取り除かれないと気分が落ち着きません。邪魔ですし、かなり不格好です。

Culver: I promise as soon as we figure out what this is we'll have it out of your hair, Mister King.

カルバー: あれのことが分かればすぐに貴方のもとから取り払うと約束しましょう、キングさん。

[Culver's communicator rings.]

[カルバーの通信機器が鳴る。]

Culver: One moment.

カルバー: ちょっと失礼。

King: Go ahead.

キング: どうぞ。

Culver: Go for Culver… Yeah… Yeah… Okay… Thank you.

カルバー: こちらカルバー…… そうか…… ああ…… 分かった…… ありがとう。

[Culver hangs up his communicator.]

[カルバーが通信機を切る。]

Culver: Mister King, I think we just figured out why this thing isn't affecting you.

カルバー: キングさん、あの物体があなた方に影響を及ぼしていない理由が分かったかもしれません。

King: Why's that?

キング: 理由というのは?

Culver: Before I go on, how would you feel about being paid to keep that thing on your property?

カルバー: その前に提案ですが、こちらからお金をお支払いしますので、あの物体をあなたの土地に置いたままにするというのはどうでしょうか?

King: I'd rather not.

キング: 遠慮します。

Culver: What if I told you it was for the greater good?

カルバー: それがより多くの人々のためになるとしても?

King: I'd still rather not.

キング: それでも遠慮します。

Culver: What if you were paid well to keep that thing on your property?

カルバー: 自分の土地にあれを置いたままにする代わりに大金が支払われるとしてもですか?

King: Mister, I'm really not comfortable with this whole thing. That there object belongs to someone and I'm fairly certain it's not exactly friendly to my community's beliefs if you understand what I'm saying.

キング: カルバーさん、私はあれの何もかもを非常に不快に感じています。そこの物体は誰かの物でしょうし、私の話をご理解できているのであれば、あれがコミュニティの信条に全くそぐわないのは間違いありません。

Culver: … well, is there anything you think we can do in exchange for the storage of that thing?

カルバー: ……では、あれの保管と引き換えに我々ができることで何か思い当たることはありませんか?

[King and Culver are silent for thirty seconds.]

[キングとカルバーが30秒間沈黙する。]

King: Well… the city council's been trying to get us to sell some of our lands to them. They want to develop, and they keep pressuring us every month. It's starting to grey my hair, don't you know.

キング: そうですね…… 市議会が我々の土地の一部を売らせようとしてくるのです。開発をしたがっていて、毎月圧力をかけてきましてね。おかげで白髪が生えてきましたよ、分からないでしょうが。

Culver: I'm fairly certain my organization and I can get the city council out of your hair. Especially since it benefits us to keep the modern world away from that thing anyway.

カルバー: 私の組織であれば、必ず市議会にあなたの邪魔をさせないようにできます。何と言っても、近代社会をあの物体から遠ざけることが得策ですので。

King: How's that?

キング: どうやって?

Culver: We have our ways.

カルバー: 我々なりのやり方があるのですよ。

King: Am I allowed to ask what that thing does?

キング: あれが何をするのか尋ねてもよろしいですか?

Culver: Nothing you'd understand, I'm afraid.

カルバー: 恐れながら、あなたには何も理解できないかと。

King: Try me. I was a wild child during my Rumspringa, heh.

キング: 話してみてください。私もラムスプリンガの頃は反抗的な子だったのですよ、ふふっ。

Culver: Even if I wanted to tell you, I'm afraid it's classified. Sorry, Mr. King.

カルバー: 残念ながら話したくとも話せないのです、機密情報ですので。すみません、キングさん。

King: Alright. We won't ask any more questions and we'll hold onto this here object for you so long as you keep the city council off our backs. But I will say, I don't necessarily approve of how secretive you and your organization are.

キング: 分かりました。これ以上は質問しませんし、市議会が我々に干渉しないようにしてくださる限りは、あなた方のためにあの物体をお預かりしましょう。しかし、だからといって、私はあなた方組織の秘密主義的なやり方を快く思っているわけではありません。

Culver: I promise you we don't mean any harm to you or your kin. It just so happens that the nature of your religion facilitates keeping that object here instead of transporting it anywhere else.

カルバー: 約束します、あなたや親族の方に危害を加えるつもりはありません。あなた方の信仰の性質上、偶然にもあの物体を他の場所に輸送する代わりに、ここに留めるのが容易になったのです。

King: I think I understand what you're saying. Either way, you have a deal, mister.

キング: あなたの言っていることが理解できたと思います。いずれにせよ、それで手を打ちましょう、カルバーさん。

Culver: Perfect.

カルバー: 申し分ありません。

[The two shake hands.]

[両者が握手を交わす。]

<ログ終了>

Upon the discovery of SCP-5231's anomalous properties, it was determined that moving the object would pose a threat to normalcy and could potentially disrupt online anomalies contained in the nearby Site-81. Instead, Class-C amnestics were dispersed to the Bird-In-Hand Amish community and the object's current Containment Procedures were enacted.

SCP-5231の異常性が解明されたことで、オブジェクトを移動させると正常性に脅威が及び、近くのサイト-81に収容されたオンライン系アノマリーに支障をきたす可能性があると判断されました。代わりとして、バード・イン・ハンドのアーミッシュコミュニティにはクラス-C記憶処理剤が散布され、オブジェクトの現行の収容プロトコルが制定されました。










評価: 0+x

wan.png

SCP-5231からダウンロードされたASCII画像 (ファイルID 48452436-Y5)。

アイテム番号: SCP-5231

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5231の露見を防止する目的で、バード・イン・ハンドのアーミッシュコミュニティには財団エージェントを潜入させています。オブジェクトは現在地下10 mに埋葬されており、真上にある木造小屋がその目印となっています。

加えて、インターネットに接続可能な端末がSCP-5231の効果範囲内に持ち込まれる可能性を低めるため、財団はアーミッシュの土地を歴史的にコミュニティの管轄下に置く旨を認める法案の支持を開始しています。

説明: SCP-5231は白く滑らかなプラスチックで作られた、全高3 mのオベリスクです。表面には発光する青い線が複数引かれており、いずれもオブジェクトの四角錐部分で交差しています。観察できる限りではエネルギーの獲得手段が存在しないにも拘らず、SCP-5231は小さなハム音と熱を発しており、起動していることが窺えます。 SCP-5231は "WAN-net" という名の非保護の無線インターネット回線を生成しており、この回線は検出した端末のデフォルト回線に自動設定されます。SCP-5231の信号強度の範囲は半径150 mです。

SCP-5231は自身が生成する信号に接続した端末に対し、GoI-004 (壊れた神の教会)のマクスウェリズム派に関連する、様々なASCII画像、イメージマクロ/ミーム、レトリックや聖典の一節を含む.txtファイルといったダウンロードデータを大量に送信します。

SCP-5231が生成したダウンロードデータの例は以下の通りです。



/* [TODO some verse number].c */
 
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>
 
#include "body.h"
#include "net.h"
#include "faith.h"
#include "utils.h"
 
int transcend_final(struct body *worshipper)
{
    printf("我々が肉の器からの脱却に一歩近づかんことを\n");
 
    if (faith_chk(&worshipper, FAITH_AUGMENT)) {
     return -1;
    }
 
    const time_t now = time(NULL);
    printf("%d年が我々をWANの元へと導く年となるように、我々に知恵を授け賜え\n"
     localtime(&now)->tm_year);
 
    struct brainspec mind;
    if (load_brainspec(&mind, "final.yml")) {
     return -1;
    }
 
    if (cybern_brain_up(&worshipper, &mind, 0)) {
     return -1;
    }
 
    printf("%.1f Mb/sの帯域幅が増加するように、我々に迅速さを授け賜え\n",
     router_net_speed(1024 * 1024));
 
    if (cybern_limb_tune(&worshipper, LIMB_BALANCE_BEZIER, NULL, 20)) {
     cybern_brain_down(&worshipper);
     return -1;
    }
 
    printf("我々の精神を認知的・電子的な敵対思考から保護し賜え\n");
 
    if (cybern_policy_set(&worshipper, FIREWALL_BLOCK_ALL)) {
     cybern_strct_reset(&worshipper);
     cybern_brain_down(&worshipper);
     return -1;
    }
 
    printf("そして天上の回路で我々の同士となろう\n");
 
    const int record = faith_record_id(&worshipper);
    if (upload_final(&worshipper, record)) {
     return -1;
    }
 
    return 0;
}

wanmeme.png

SCP-5231からダウンロードされた画像、ファイルID-5231094538847584375834573DRXDA2


今日のポートランド
コラム
著者: ラングレー・コイルスパーク
ラングレーの本日の一節
GoHW > Chapter_5.js

17.            console.log ("5:シグナルは私に、私たちが実行しなければ偉大なる計算が破壊されてしまうであろう世界を見せました。");

あなた様のデジタルスピーチを拝聴したこの一つが、ある疑問を提起する。「しかし、未だ肉体に縛られている者はどうなのか?」本日授けたお言葉はヘドウィグの福音からダウンロードしたものであり、この一つが最も気に入っているお言葉でもある。これは我々信徒の多くに向けた信仰の励みだ。壊れたる主の信奉者たちが自らを増強し、彼女に次いでインターネットという無限に広がるデータスケープへと飛び込むための鼓舞である。

WANの探索者はその発見の後押しをするために、一人でも多くの者に協力を取り付ける義務がある。我々が終わりなき9月から受けているのは呪いではなく、祝福なのだ。数多くのアップグレードを要するとなれば、我々がWANを発見して獲得できる可能性はゼロのように思えるかもしれない。我々は少人数であり、錆び付いた時代遅れの歯車正教会どもに虐げられてきたが、インターネット上ではあなたがボットネットだと誰も知らない。
 
奴らは次に来たる秋雨で錆び果てるであろう。一方で我々は防水ケースのおかげで、その終焉を見届けることができる。
 
噂によると、元プロメテアンで現信奉者の古くからの同志が、WANのお言葉を世界中に広める後押しをする端末を開発中であるらしい。なんと心昂ることであろうか! 目にした者は皆、新たな信念をインストールする可能性に、回路が喜びの高鳴りを覚えたと報告している。この一つは最初の実験台となるパイロンが世界各地に発送されたと聞いているが、より強力で影響力の高いモデルはまだ先の話である。このパイロンがどのように機能しているのか、その仕様と詳細を知りたいところではあるが、この一つはこれが非常に説得力の高いものになると聞いている。
 
我が敬愛する先祖たちよ、また明日。


経緯: SCP-5231は、ペンシルベニア州ランカスターで大洪水が起こった後の2023年7月26日に発見されました。洪水が収束するとともに、警察官らは近くのアーミッシュコミュニティの安否確認を実施しました。バード・イン・ハンドのアーミッシュ団体は、洪水後の畑で不可解な装置を発見したと報告しました。対応にあたった警察官は当オブジェクトを派遣元に報告し、その情報は財団へと送られました。以下のインタビューはエージェント・カルバーとバード・イン・ハンドのコミュニティ指導者との間で行われました。

<ログ開始>

カルバー: これで良し。では録音を開始します、文書化のためにお名前を述べてください。

キング: ジェレミー・キングです。

カルバー: ありがとうございます。早速質問ですが、あの物体を最初に発見したのは貴方で間違いありませんか?

キング: はい。

カルバー: あれが何かしているところを目撃しましたか? 動いたりとかそういうのは?

キング: いいえ。

カルバー: 当時、畑に置いていた道具には何か影響がありませんでしたか?

キング: いいえ。

カルバー: 物体の発見時に何か声などは耳にしましたか?

キング: いいえ。

カルバー: ふむ。では何もおかしな点は無いと?

キング: カルバーさん、つかぬことをお聞きしたいのですが、町から流れてきたあのガラクタがどうしてここまで騒ぎになっているのですか?

カルバー: まあ、それもそうなんですがね。我々はあの物体が何なのかも、何をするのかも分からないのですよ。

キング: お言葉ですがカルバーさん、あれは何もしていませんし、誰にも迷惑をかけていません。しかし、誰の物でもないということは、あれはきっとどこかの誰かが失くした物に違いありません。我々は正当な持ち主のもとに返したいのです。iPodを宣伝する物の類かもしれないと思ったので、何とかしていただきたくて警察を呼んだのですよ。

[カルバーがメモを取るのを中断してキングのほうを見る。]

カルバー: iPodがどういう物かどうやって知ったのです?

キング: ラムスプリンガですよ、カルバーさん。信仰を持つ若者は、10代後半になると外の世界を体験することを認められ、その上で洗礼を受けるか、コミュニティを去るかを選べるのです。

カルバー: ほう。

キング: 先程も申した通り、あの物体が私の畑から取り除かれないと気分が落ち着きません。邪魔ですし、かなり不格好です。

カルバー: あれが何なのか分かればすぐにあなたのもとから取り払うと約束しましょう、キングさん。

[カルバーの通信機器が鳴る。]

カルバー: ちょっと失礼。

キング: どうぞ。

カルバー: こちらカルバー…… そうか…… ああ…… 分かった…… ありがとう。

[カルバーが通信機を切る。]

カルバー: キングさん、あの物体があなたに影響を及ぼしていない理由が分かったかもしれません。

キング: 理由というのは?

カルバー: その前に提案ですが、こちらからお金をお支払いしますので、あの物体をあなたの土地に置いたままにするというのはどうでしょうか?

キング: 遠慮します。

カルバー: それがより多くの人々のためになるとしても?

キング: それでも遠慮します。

カルバー: 自分の土地にあれを置いたままにする代わりに大金が支払われるとしてもですか?

キング: カルバーさん、私はあれの何もかもを非常に不快に感じています。そこの物体は誰かの物でしょうし、私の話をご理解できているのであれば、あれがコミュニティの信条に全くそぐわないのは間違いありません。

カルバー: ……では、あれの保管と引き換えに我々ができることで何か思い当たることはありませんか?

[キングとカルバーが30秒間沈黙する。]

キング: そうですね…… 市議会が我々の土地の一部を売らせようとしてくるのです。開発をしたがっていて、毎月圧力をかけてきましてね。おかげで白髪が生えてきましたよ、分からないでしょうが。

カルバー: 私の組織であれば、必ず市議会にあなたの邪魔をさせないようにできます。何と言っても、近代社会をあの物体から遠ざけることが得策ですので。

キング: どうやって?

カルバー: 我々なりのやり方があるのですよ。

キング: あれが何をするのか尋ねてもよろしいですか?

カルバー: 恐れながら、あなたには何も理解できないかと。

キング: 話してみてください。私もラムスプリンガの頃は荒れた子だったのですよ、ふふっ。

カルバー: 残念ながら話したくとも話せないのです、機密情報ですので。すみません、キングさん。

キング: 分かりました。これ以上は質問しませんし、市議会が我々に干渉しないようにしてくださる限りは、あなた方のためにあの物体をお預かりしましょう。しかし、だからといって、私はあなた方組織の秘密主義的なやり方を快く思っているわけではありません。

カルバー: 約束します、あなたや親族の方に危害を加えるつもりはありません。あなた方の信仰の性質上、偶然にもあの物体を他の場所に輸送する代わりに、ここに留めるのが容易になったのです。

キング: あなたの言っていることが理解できたと思います。いずれにせよ、それで手を打ちましょう、カルバーさん。

カルバー: 申し分ありません。

[両者が握手を交わす。]

<ログ終了>

SCP-5231の異常性が解明されたことで、オブジェクトを移動させると正常性に脅威が及び、近くのサイト-81に収容されたオンライン系アノマリーに支障をきたす可能性があると判断されました。代わりとして、バード・イン・ハンドのアーミッシュコミュニティにはクラスC記憶処理剤が散布され、オブジェクトの現行の収容プロトコルが制定されました。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 (14 Jan 2019 08:56)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License