〆切: 12/28「SCP-5570 - Ghosts, Busted」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5570
著者: DrAkimotoDrAkimoto
作成日(EN): 2020/05/20
SCP-5570 - Ghosts, Busted
SCP-5570 - ゴーストバスター済
タグ: en 音波 人工 建造物 電気 人間型 非実体 scp esoteric-class

出典: SCP-5570 (rev. 14)
著者: DrAkimotoDrAkimoto
作成日(EN): 2020/05/20

#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}

評価: 0+x

Special Containment Procedures

This file is to be updated as new information is confirmed. Please reference temporary containment protocols until further procedures are established.

特別収容プロトコル

このファイルは新たな情報が得られ次第更新されます。今後のプロトコルが確立するまでは、臨時収容プロトコルを参照してください。

Temporary Containment Protocol: The property on which SCP-5570 is located has been evacuated of all non-permanent residents. All physical evidence will be confiscated upon containment of the anomaly.

臨時収容プロトコル: SCP-5570が発生する物件からは非永住者を全員立ち退かせています。全ての物的証拠はアノマリーの収容時に押収される予定です。

Description

説明

SCP-5570 is a series of phenomena affecting the "Stevens' Family Hotel", located in Corbin Springs, Illinois. Phenomena include, but are not limited to:
SCP-5570はイリノイ州コービン・スプリングスに所在する "スティーブンズ・ファミリーホテル" に影響を及ぼしている一連の現象です。現象には以下が挙げられますが、これらに限りません。

  • Humanoid spectral entities varying in age, race, and appearance.
  • 様々な年齢・人種・外見のヒト型霊的実体。
  • Electronic malfunctions, including intermittent failure in illumination outlets, abnormal TV activity, and radio interference.
  • 電子機器の機能不良。例として、照明用アウトレットの断続的な故障や、テレビの異常動作、電波障害などが挙げられる。
  • Auditory phenomena, including disembodied voices, knocking, screaming, and footsteps.
  • 聴覚現象。例として、姿の見えない声、ノック、叫び声、足音などが挙げられる。

The cause of this concentration of spectral phenomenon is currently under investigation.

この霊的現象の集結の原因は現在調査中です。

Discovery

発見

The Foundation became aware of SCP-5570 when a member of the Stevens family1 contacted Shelby County Paranormal Investigations2. The Stevens and their patrons reported multiple sightings of spectral entities throughout the hotel. This claim was corroborated through substantial video evidence. Special Investigation Team Charlie-14 ("Spooky Sleuths") was dispatched to assess the situation.

財団はスティーブンズ一家3がシェルビー郡超常調査社 (Shelby County Paranormal Investigations)4に連絡を取ったことでSCP-5570の存在を認知しました。スティーブンズとホテル利用者は、ホテルの各所で霊的実体を複数回目撃したと報告しました。この主張は膨大な映像証拠によって裏付けられました。特別調査チーム チャーリー-14 ("幽霊探偵") が状況判断のために派遣されました。

UPDATE: Investigation Report

更新: 調査報告

Temporary containment protocols were immediately established and SIT Charlie-14 members Cameron Monroe and Jerry Williams arrived to investigate SCP-5570. A brief interview was conducted prior to the initiation of the investigation.

臨時収容プロトコルが直ちに確立され、特別調査チーム チャーリー-14メンバーのキャメロン・モンローとジェリー・ウィリアムズがSCP-5570の調査のために到着しました。調査に取り掛かる前に、簡易インタビューが実施されました。

Following the interview, the Agents entered the hotel to begin their investigation.

インタビュー後、エージェントらがホテルに進入して調査を開始しました。

Following the investigation, a cache of items belonging to the previous owner was recovered, along with a glowing glass sphere theorized to be the cause of the SCP-5570 phenomena. When questioned Mike Stevens admitted to using the anomaly in an attempt to garner attention from his parents. In response to Mike's behavior, the Stevens family arranged for their son to work part time as a greeter in their hotel. Mike Stevens was administered Class-D Amnestics to remove knowledge of the anomaly, and cover story "Ghosts-Busted" was enacted to explain the discontinuation of SCP-5570.

調査の結果、物件の以前の所有者が残した物品の数々が、SCP-5570現象の原因と推定される光り輝く水晶玉とともに回収されました。質問に対し、マイク・スティーブンズは両親の気を惹こうとしてアノマリーを利用したことを認めました。マイクの行動を受け、スティーブンズ一家は息子がホテルの歓迎係として非常勤で勤務できるよう手配しました。マイク・スティーブンズはクラス-D記憶処理を受けてアノマリーに関する知識を除去され、SCP-5570の停止を説明付けるために、カバーストーリー "ゴーストバスター完了Ghosts-Busted" が制定されました。










#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}

評価: 0+x

特別収容プロトコル

このファイルは新たな情報が得られ次第更新されます。今後のプロトコルが確立するまでは、臨時収容プロトコルを参照してください。

臨時収容プロトコル: SCP-5570が発生する物件からは非永住者を全員立ち退かせています。全ての物的証拠はアノマリーの収容時に押収される予定です。

説明

SCP-5570はイリノイ州コービン・スプリングスに所在する "スティーブンズ・ファミリーホテル" に影響を及ぼしている一連の現象です。現象には以下が挙げられますが、これらに限りません。

  • 様々な年齢・人種・外見のヒト型霊的実体。
  • 電子機器の機能不良。例として、照明用アウトレットの断続的な故障や、テレビの異常動作、電波障害などが挙げられる。
  • 聴覚現象。例として、姿の見えない声、ノック、叫び声、足音などが挙げられる。

この霊的現象の集結の原因は現在調査中です。

発見

財団はスティーブンズ一家7がシェルビー郡超常調査社 (Shelby County Paranormal Investigations)8に連絡を取ったことでSCP-5570の存在を認知しました。スティーブンズとホテル利用者は、ホテルの各所で霊的実体を複数回目撃したと報告しました。この主張は膨大な映像証拠によって裏付けられました。特別調査チーム チャーリー-14 ("幽霊探偵") が状況判断のために派遣されました。

更新: 調査報告

臨時収容プロトコルが直ちに確立され、特別調査チーム チャーリー-14メンバーのキャメロン・モンローとジェリー・ウィリアムズがSCP-5570の調査のために到着しました。調査に取り掛かる前に、簡易インタビューが実施されました。

インタビュー後、エージェントらがホテルに進入して調査を開始しました。

調査の結果、物件の以前の所有者が残した物品の数々が、SCP-5570現象の原因と推定される光り輝く水晶玉とともに回収されました。質問に対し、マイク・スティーブンズは両親の気を惹こうとしてアノマリーを利用したことを認めました。マイクの行動を受け、スティーブンズ一家は息子がホテルの歓迎係として非常勤で勤務できるよう手配しました。マイク・スティーブンズはクラス-D記憶処理を受けてアノマリーに関する知識を除去され、SCP-5570の停止を説明付けるために、カバーストーリー "ゴーストバスター完了Ghosts-Busted" が制定されました。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 (14 Jan 2019 08:56)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License