〆切: 2022/11/14「SCP-6330 - Guardians of the Innocent」

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-6330
著者: OzzyLizardOzzyLizard
作成日(EN): 2021/07/25
SCP-6330 - Guardians of the Innocent
SCP-6330 - 無垢なる子の守護者
タグ: esoteric-class 敵対的 知性 scp 自我 影 睡眠 玩具 未収容 en

出典: SCP-6330 (rev. 22)
著者: OzzyLizardOzzyLizard
作成日(EN): 2021/07/25

ソース: SCP-6330
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Teddy
著作権者: OzzyLizardOzzyLizard
公開年: 2021年

評価: 0+x

アイテム番号: 6330
レベル1
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
uncontained
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Teddy.jpeg

回収されたSCP-6330-1実例。


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
N/A N/A N/A MTF Iota-12 ‘Lucid Dreamers’
機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家"

Special Containment Procedures: Due to the nature of SCP-6330, physical containment is not currently possible. Funding should be supplied to companies encouraging the sale and purchase of baby monitor cameras, in an attempt to detect and witness SCP-6330 ‘Sleepwalker’ Events.

特別収容プロトコル: SCP-6330の性質上、物理的な収容は現状不可能です。SCP-6330 "スリープウォーカー" イベントを検出および目撃するため、カメラ付きベビーモニターの販売と購入を推進する企業に資金が提供されます。

Should reports of a Sleepwalker Event circulate, Mobile Task Force Iota-12 ‘Lucid Dreamers’ are tasked with investigation and suppression of public media circulation or news reports regarding SCP-6330. All civilians who view SCP-6330-1 or SCP-6330-2 instances are to be immediately administered Class-A amnestics.

スリープウォーカーイベントの目撃談が広まった場合、機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" はSCP-6330関連の一般メディアの流通やニュース報道の調査と抑制を任されます。SCP-6330-1やSCP-6330-2を目撃した民間人には、直ちにクラス-A記憶処理剤が投与されます。

At any time, one (1) SCP-6330-1 should be held within a small item locker in the site nearest to its recovery (current study instance kept at Site-44). The instance should be examined weekly and any changes, reported to the nearest Level-3 researcher. SCP-6330-1 that are affected by Sleepwalker Events are to be left in the possession of the family they were discovered with, as no anomalous activity has ever been recorded following an Event.1 Families in possession of SCP-6330-1 should be monitored in case of further activity.

常に1つのSCP-6330-1が回収場所に最も近いサイトの小型アイテムロッカーに保管されます (現在の研究対象はサイト-44に保存されています)。各実例は週に1度検査し、変化があれば最寄りのレベル3研究員に報告してください。スリープウォーカーイベントの影響を受けたSCP-6330-1は、これまでイベント後に何の異常活動も記録されていないため、該当実例が発見された家族の手元に残します2SCP-6330-1を所有する家族は、今後活性化した場合に備えて監視されます。

Description: SCP-6330 is a phenomenon affecting stuffed animals worldwide, though is most common in teddy bears. Manifestation of this phenomenon is referred to as a Sleepwalker Event.

説明: SCP-6330は世界中の動物のぬいぐるみに影響を及ぼす現象ですが、テディベアに影響した事例が最も多く見られます。この現象の発生はスリープウォーカーイベントと呼称されています。

Sleepwalker Events occur only within the households of families with young children, typically between the ages of 1 to 14. Events begin by the manifestation of entities referred to as SCP-6330-2. These creatures typically blend with shadows (though this mechanism is poorly understood) and somewhat resemble creatures associated with fantasy, such as dragons or ogres, and always manifest beneath a child’s bed. SCP-6330-2 instances depict behaviour indicating that they intend to hunt or prey upon the sleeping child. SCP-6330-1 are stuffed animals already present in a child’s room, that seem to be non-anomalous prior to SCP-6330-2 manifestations.

スリープウォーカーイベントは低年齢の、典型的には1〜14歳の小児がいる親族世帯でのみ発生します。イベントはSCP-6330-2と指定された実体の出現から開始します。この実体は概して影と混ざっており (この機序はほとんど判明していません)、ファンタジー作品を連想させる生物、例えばドラゴンやオーガに幾分か類似しており、必ず子供用ベッドの下から出現します。SCP-6330-2実例は、睡眠中の子供の狩猟もしくは捕食を意図したと思われる行動を表現します。SCP-6330-1は子供部屋に元から存在していた動物のぬいぐるみであり、SCP-6330-2が出現するまでは非異常であったように見受けられます。

SCP-6330-1 have been shown to instantaneously manifest small wooden medieval3 weaponry in order to combat SCP-6330-2, and assumably to protect the child. Battles have been shown to last upwards of 20 minutes, and are always near silent. In all most observed cases, SCP-6330-1 have emerged victorious,4 though are severely ‘wounded’ during the skirmish. Torn wool and stuffing are common, and following all known events, SCP-6330-1 have ‘died’ due to their injuries. Prior to ‘death’, the instance will drag the SCP-6330-2’s corpse back under the bed frame and demanifest.

SCP-6330-1はSCP-6330-2と戦闘するため、そして恐らくは子供を保護するために、小さな木製 かつ中世風5 の武器を瞬時に出現させると観測されています。戦闘は最長で20分続き、いずれの事例でもほぼ無音です。観測された 全ての ほとんどの事例でSCP-6330-1は勝利を収めますが6、戦闘中に深い "外傷" を負います。多くの場合ウールや詰め物が引き裂かれており、イベント後の既知の全事例において、SCP-6330-1は負傷が原因で "死亡" しています。"死亡" する前に、実例はSCP-6330-2の死体をベッドフレームの下へと引き摺り、姿を消します。

It will emerge a short while later, and attempt to climb the bed. The SCP-6330-1 will then embrace its child and ‘pass away’.

しばらくするとSCP-6330-1は姿を現し、ベッドに上がろうとします。その後、SCP-6330-1は子供を抱擁して "死去" します。

Addendum 6330.1: Test Logs
Due to SCP-6330 incidents being generally random and irregular, a total of one controlled test has taken place. The following is a log of the events.

補遺6330.1: 実験記録
SCP-6330の事案は概して無作為かつ不定期に発生するため、制御下での実験は総計で1回実施されています。以下は当該イベントの記録です。

Upon conclusion of this test, MTF Iota-12 carried out heavy investigation of the bed. The SCP-6330-2’s corpse was not discovered beneath the bed frame, though trace amounts of the aforementioned black substance was present. Samples taken reveal it to be composed of raw haemoglobin and water, though its viscous nature and other physical properties do not support the discovery.

実験の終了とともに、機動部隊イオタ-12がベッドを徹底して調査しました。SCP-6330-2の死体はベッドフレームの下には発見されませんでしたが、上述の黒い物質が微量ながら残されていました。サンプル採取の結果から、この物質が生のヘモグロビンと水で構成されていると判明しましたが、粘性などの物性はこの知見を支持するものではありません。

The SCP-6330-1 instance was removed and placed in secure storage. It has to date shown no further anomalous properties.

SCP-6330-1実例は回収され、安全貯蔵庫に安置されました。現在のところ、他に異常性は見られていません。

Addendum 6330.2:
Following a Sleepwalker Event taking place on 07/07/2001, a news headline with the title:

補遺6330.2:
2001/07/07に発生したスリープウォーカーイベントの後、新聞の見出しに以下の表題が付けられました。

Young Boy Reported Missing from Family Home in Portland
ポートランドの一家から少年の失踪が報告される

Was circulated on mass among citizens of Portland, OR. Upon investigators’ arrival at the scene, it was discovered that the young boy’s room had large trails of viscous black liquid streaking the walls. Investigators soon requested Foundation intervention, at which point, MTF Iota-12 were dispatched. Testing confirmed the substance to be that commonly associated with SCP-6330-2, and Iota-12 requested permission to carry out full investigation of the Event. This request was approved by Overseer command.

この新聞はオレゴン州ポートランドの民間人の間で大量に流通しました。捜査員が現場に到着すると、少年の部屋の壁に粘性のある大量の黒い液体が筋状に残されていたと判明しました。捜査員は直ちに財団の介入を要請し、機動部隊イオタ-12が派遣されました。実験からこの物質はSCP-6330-2と一般に関連するものであると確認され、イオタ-12はこのイベントの全面的な調査を実施する許可を申請しました。この申請は監督司令部によって承認されました。

The following file was written by MTF Iota-12 personally. I recommend all informal comments should be ignored. ~ Director Woods.

以下のファイルは機動部隊イオタ-12自らが執筆したものである。非公式なコメントは全て無視するよう推奨する。~ ウッズ管理官

BREAKING: Portland Boy Found!
速報: ポートランドの少年、発見される!

2 days after the Sleepwalker Event, the child was rediscovered, unconscious behind a hedge in the family’s garden. A brief interview revealed that the child witnessed the final minutes of this Event. He claimed “My orca was fighting a big monster, and then the monster grabbed me and took me out the window but someone saw it11 so it dropped me and I hid in the bush”. A second interview revealed no other discoveries, but the child claimed “the monster ate his socks”.

スリープウォーカーイベントから2日後、行方不明の少年が実家の庭にある垣根の陰に意識不明の状態で発見されました。簡易インタビューにより、この少年はイベントの最後の数分間を目撃していたと判明しました。少年は「僕のシャチが大きなモンスターと戦ってて、そのモンスターが僕を掴んで窓から連れ出したんだけれど、誰かがその様子を見てた12おかげで僕を落っことしたから、僕は茂みに隠れてたんだ」と主張しました。2度目のインタビューでは他に判明した事柄はなかったものの、少年は「モンスターが僕の靴下を食べた」と主張しました。

It is unknown what the SCP-6330-2’s intentions were, had it been able to escape with the child. All involved were amnesticised and a cover story was fabricated, with Iota-12 encouraging parents in the local area to purchase video surveillance cameras.

子供を連れて逃走に成功していた場合のSCP-6330-2の意図は不明です。全ての関係者は記憶処理され、カバーストーリーが捏造されるとともに、イオタ-12は当該地域の親にビデオ監視カメラを購入するよう呼びかけました。

Addendum 6330.3:
On 19/11/2008, a call was filed to local authorities by a family in Cambridge, England. They claimed to have discovered footage of a Sleepwalker Event within their son’s room. Mobile Task Force Iota-12 ‘Lucid Dreamers’ were dispatched to investigate. The footage was seized by personnel and all members of the family were administered Class-A amnestics.

補遺6330.3:
2008/11/18、イングランド、ケンブリッジ在住の一家から地方当局に通報が届きました。一家は息子の部屋におけるスリープウォーカーイベントの映像を発見したと主張しました。機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" が調査のために派遣されました。映像は職員が押収し、一家にはクラス-A記憶処理剤が投与されました。

The following is a report of the investigation, written by MTF Iota-12 following the case’s conclusion.

以下はイベントの終結後に機動部隊イオタ-12が執筆した調査報告書です。










評価: 0+x

アイテム番号: 6330
レベル1
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
uncontained
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Teddy.jpeg

回収されたSCP-6330-1実例。


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
N/A N/A N/A 機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家"

特別収容プロトコル: SCP-6330の性質上、物理的な収容は現状不可能です。SCP-6330 "スリープウォーカー" イベントを検出および目撃するため、カメラ付きベビーモニターの販売と購入を推進する企業に資金が提供されます。

スリープウォーカーイベントの目撃談が広まった場合、機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" はSCP-6330関連の一般メディアの流通やニュース報道の調査と抑制を任されます。SCP-6330-1やSCP-6330-2を目撃した民間人には、直ちにクラス-A記憶処理剤が投与されます。

常に1つのSCP-6330-1が回収場所に最も近いサイトの小型アイテムロッカーに保管されます (現在の研究対象はサイト-44に保存されています)。各実例は週に1度検査し、変化があれば最寄りのレベル3研究員に報告してください。スリープウォーカーイベントの影響を受けたSCP-6330-1は、これまでイベント後に何の異常活動も記録されていないため、該当実例が発見された家族の手元に残します13SCP-6330-1を所有する家族は、今後活性化した場合に備えて監視されます。

説明: SCP-6330は世界中の動物のぬいぐるみに影響を及ぼす現象ですが、テディベアに影響した事例が最も多く見られます。この現象の発生はスリープウォーカーイベントと呼称されています。

スリープウォーカーイベントは低年齢の、典型的には1〜14歳の小児がいる親族世帯でのみ発生します。イベントはSCP-6330-2と指定された実体の出現から開始します。この実体は概して影と混ざっており (この機序はほとんど判明していません)、ファンタジー作品を連想させる生物、例えばドラゴンやオーガに幾分か類似しており、必ず子供用ベッドの下から出現します。SCP-6330-2実例は、睡眠中の子供の狩猟もしくは捕食を意図したと思われる行動を表現します。SCP-6330-1は子供部屋に元から存在していた動物のぬいぐるみであり、SCP-6330-2が出現するまでは非異常であったように見受けられます。

SCP-6330-1はSCP-6330-2と戦闘するため、そして恐らくは子供を保護するために、小さな木製 かつ中世風14 の武器を瞬時に出現させると観測されています。戦闘は最長で20分続き、いずれの事例でもほぼ無音です。観測された 全ての ほとんどの事例でSCP-6330-1は勝利を収めますが15、戦闘中に深い "外傷" を負います。多くの場合ウールや詰め物が引き裂かれており、イベント後の既知の全事例において、SCP-6330-1は負傷が原因で "死亡" しています。"死亡" する前に、実例はSCP-6330-2の死体をベッドフレームの下へと引き摺り、姿を消します。

しばらくするとSCP-6330-1は姿を現し、ベッドに上がろうとします。その後、SCP-6330-1は子供を抱擁して "死去" します。

補遺6330.1: 実験記録
SCP-6330の事案は概して無作為かつ不定期に発生するため、制御下での実験は総計で1回実施されています。以下は当該イベントの記録です。

実験の終了とともに、機動部隊イオタ-12がベッドを徹底して調査しました。SCP-6330-2の死体はベッドフレームの下には発見されませんでしたが、上述の黒い物質が微量ながら残されていました。サンプル採取の結果から、この物質が生のヘモグロビンと水で構成されていると判明しましたが、粘性などの物性はこの知見を支持するものではありません。

SCP-6330-1実例は回収され、安全貯蔵庫に安置されました。現在のところ、他に異常性は見られていません。

補遺6330.2:
2001/07/07に発生したスリープウォーカーイベントの後、新聞の見出しに以下の表題が付けられました。

ポートランドの一家が少年の失踪を報告

この新聞はオレゴン州ポートランドの民間人の間で大量に流通しました。捜査員が現場に到着すると、少年の部屋の壁に粘性のある大量の黒い液体が筋状に残されていたと判明しました。捜査員は直ちに財団の介入を要請し、機動部隊イオタ-12が派遣されました。実験からこの物質はSCP-6330-2と一般に関連するものであると確認され、イオタ-12はこのイベントの全面的な調査を実施する許可を申請しました。この申請は監督司令部によって承認されました。

以下のファイルは機動部隊イオタ-12自らが執筆したものである。非公式なコメントは全て無視するよう推奨する。~ ウッズ管理官

速報: ポートランドの少年、発見される!

スリープウォーカーイベントから2日後、行方不明の少年が実家の庭にある垣根の陰に意識不明の状態で発見されました。簡易インタビューにより、この少年はイベントの最後の数分間を目撃していたと判明しました。少年は「僕のシャチが大きなモンスターと戦ってて、そのモンスターが僕を掴んで窓から連れ出したんだけれど、誰かがその様子を見てた18おかげで僕を落っことしたから、僕は茂みに隠れてたんだ」と主張しました。2度目のインタビューでは他に判明した事柄はなかったものの、少年は「モンスターが僕の靴下を食べた」と主張しました。

子供を連れて逃走に成功していた場合のSCP-6330-2の意図は不明です。全ての関係者は記憶処理され、カバーストーリーが捏造されるとともに、イオタ-12は当該地域の親にビデオ監視カメラを購入するよう呼びかけました。

補遺6330.3:
2008/11/18、イングランド、ケンブリッジ在住の一家から地方当局に通報が届きました。一家は息子の部屋におけるスリープウォーカーイベントの映像を発見したと主張しました。機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" が調査のために派遣されました。映像は職員が押収し、一家にはクラス-A記憶処理剤が投与されました。

以下はイベントの終結後に機動部隊イオタ-12が執筆した調査報告書です。


ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 ( 14 Jan 2019 08:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License