SCP-6106 - Bibliophobia

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-6106
著者: dxvidxvi
作成日(EN): 2021/10/31
SCP-6106 - Bibliophobia
SCP-6106 - 書籍恐怖症
タグ: en 文書 esoteric-class メタ 変身 観測 オンライン 捕食 scp 自我 未収容 nightmarefest _夜勤

rating: 0+x

SCiPNET REMOTE ACCESS
SCiPNET遠隔アクセス

------

------

Accessing SCP-6106 documentation.
SCP-6106文書にアクセスしています。
Please wait.
待機してください。





:root {
    --posX: calc(50% - 358px - 12rem);
}
 
/*--- Footnote Auto-counter --*/
#page-content {
    counter-reset: megacount;
}
 
/*--- Footnote Superscript Number --*/
.fnnum {
    display: inline-block;
    width: min-content;
    text-indent: calc(-1% - 0.1em);
    overflow: hidden;
    line-height: 83%;
    word-break: initial;
    text-decoration: none;
    font-weight: bold;
    font-style: initial;
    color: transparent;
    position: relative; top: -0.25em; font-size: 82%;
    padding: .15em calc(.21em - 0.4px) .12em calc(.11em - 1px);
    margin-left: -0.06em;
    margin-right: -0.25em;
    counter-increment: megacount;
    user-select: none;
}
.fnnum::after {
    content: "" counter(megacount);
    color: var(--fnColor, #E6283C);
}
.fnnum:hover {
    text-decoration: none;
    cursor: pointer;
    background-color: var(--fnColor, #E6283C);
}
.fnnum:hover::after { color: white; }
 
/*--- Footnote Content Wrapper --*/
.fncon {
    position: absolute;
    right: calc(var(--posX) + 80px);
    line-height: 1.2;
    padding: 0.82rem;
    width: 10.3rem;
    background: white;
    border: 2px solid black;
    font-weight: initial;
    font-style: initial;
    text-align: initial;
    pointer-events: none;
    opacity: 0;
    transition: opacity 0.15s linear, right 0.3s cubic-bezier(.08,.72,.5,.94);
    z-index: 9;
}
.fnnum:hover + .fncon {
    opacity: 1;
    right: var(--posX);
}
.fncon::before {
    position: absolute;
    top: 0; left: 0;
    transform: translateX(-52%) translateY(-55%) scale(1.15);
    background-color: var(--fnColor, #E6283C);
    color: white;
    content: counter(megacount);
    font-size: initial;
    font-weight: bold;
    font-style: initial;
    padding-left: 0.32em; padding-right: 0.32em;
    padding-top: 0.18rem; padding-bottom: 0.08rem;
}
 
/*--- Mobile Query --*/
@media only screen and (max-width: 1279px) {
    .fncon {
        position: fixed;
        bottom: 1.3rem;
        left: calc(11% - 50px);
        width: 70%;
        transition: opacity 0.15s linear, left 0.3s cubic-bezier(.08,.72,.5,.94);
    }
    .fnnum:hover + .fncon {
        left: 11%;
     }
}
アイテム番号: 6106
レベル1
収容クラス:
keter
副次クラス:
uncontained
撹乱クラス:
vlam
リスククラス:
danger

Special Containment Procedures: SCP-6106 is currently uncontained and its whereabouts are unknown. Alexandra.AIC is to scan the Foundation database daily for SCP-6106 manifestation. All Foundation librarians and archivists are to be instructed on the nature of SCP-6106.

特別収容プロトコル: SCP-6106は現状未収容であり、その所在も不明です。Alexandra.AICが財団データベースを毎日スキャンし、SCP-6106が出現していないか確認します。財団の司書とアーキビストは全員、SCP-6106の性質について説明を受ける必要があります。

In advance of containment, an isolation chamber has been constructed at ground level at Site-19. The chamber is a hemisphere of radius 20m, with a safe fixed to the ground at the centre.

収容に先立って、隔離チャンバーがサイト-19の地上部に建設されています。このチャンバーは半径20 mの半球であり、床面中央に金庫が取り付けられています。

If SCP-6106 is contained, it and its host medium are immediately to be transported to the isolation chamber and locked in the safe. Security cameras are to maintain unbroken sight of the safe at all times. No text media or computer equipment of any kind are to be brought within 100m of SCP-6106 at any time.

SCP-6106が収容された場合、SCP-6106とホスト媒体を直ちに隔離チャンバーに輸送し、金庫の中に閉じ込めます。監視カメラは常に金庫を一望できるようになっています。いかなる時でも、SCP-6106の100 m圏内にあらゆる類のテキスト媒体やコンピュータ機器を持ち込んではなりません。

Until SCP-6106 is contained, Foundation librarians and archivists are not permitted to consult site archives alone or out of sight of security cameras. Site archives must remain well lit at all times.

SCP-6106が収容されるまで、財団の司書とアーキビストには単独でもしくは監視カメラの視界の外でサイトアーカイブを閲覧する許可が出されません。サイトアーカイブは常に明るい状態に保たれる必要があります。

Description: SCP-6106 is an ambush predator of indeterminate mass and shape. Its hunting method is to change its shape to camouflage itself as a piece of text, usually an additional page(s) in a book or a web page on a website, matching the style and voice of the host medium..SCP-6106 seems to prefer encyclopedias and other factual compendia, such as textbooks, although it has also inhabited works of fiction. It then remains dormant for extended periods of time, until a victim reads SCP-6106..Victims will typically find SCP-6106 interesting and compelling, but this effect appears to be non-anomalous.

説明: SCP-6106は質量および形状不定の潜伏性捕食者です。狩猟手段として自身の形状を変化させ、文章の一部 (たいていは本の追加ページやWebサイトのページ) に擬態します。その際の文章の書式と言葉選びはホスト媒体のものと一致します.SCP-6106は百科事典を始めとする事実の情報集、例えば教科書などを好むと思われますが、フィクション作品に棲息した例もあります。。その後、獲物となる人物がSCP-6106を閲覧するまで長期間の休眠状態に入ります.通常、獲物となる人物はSCP-6106に興味を抱き、魅力を感じますが、この効果は異常ではないと考えられています。

If at any point a victim is left alone and unsupervised while reading SCP-6106, they will be suddenly and swiftly devoured by SCP-6106, and the victim's body will disappear into whatever medium SCP-6106 is inhabiting..It is unclear how SCP-6106 can overpower and swallow its prey despite the limited size of its favoured hiding places; for example, while inhabiting small paperback books, SCP-6106 has consumed fully grown human beings. Without exception, no trace of the victim has been left after an attack by SCP-6106.

一人きりかつ監視されていない状態でSCP-6106を閲覧している人物は、SCP-6106に突然かつ急速に貪り食われ、犠牲者の死体はSCP-6106が棲息する媒体に姿を消します.好まれる隠れ場所の大きさが限られているにもかかわらず、SCP-6106がどのようにして獲物を抑え、捕食できているのかは不明です。例を挙げると、ペーパーカバーの小さな本に棲息していたSCP-6106が、十分に成長した人間を捕食したことがあります。。SCP-6106の襲撃を受けた犠牲者の痕跡は例外なく残されていません。

SCP-6106 displays at least some sentience, although the extent of its knowledge and understanding is uncertain. It has never been documented to attack anyone who was accompanied or otherwise under visual supervision, although victims have been heard and recorded on audio equipment screaming as they are devoured.

SCP-6106は少なくとも何らかの感覚を示していますが、その知識と理解の範囲は確定していません。同行者の存在など、何らかの形式で目視での監視下にある人物を襲撃した記録はありませんが、犠牲者が貪り食われる際の悲鳴が耳にされており、録音機器にも記録されています。

If observers express suspicion about SCP-6106's hiding spot, or if it determines that it will have better chances of finding victims elsewhere, it appears to ‘leap’ or ‘escape’ into a nearby suitable host medium. For example, it may enter into a neighbouring book or leap from a book to a computer (or vice versa). It appears to be able to 'leap' up to 10 metres (see Special Containment Procedures, above), but greater locomotion cannot be ruled out.

SCP-6106の隠れ場所に観測者が疑念を抱いた場合、もしくは他の場所であれば獲物を発見できる可能性が高いとSCP-6106が判断した場合、SCP-6106は近くの適したホスト媒体に恐らくは "跳躍" もしくは "逃走" します。例えば、SCP-6106は近くの本への進入や、本からコンピュータへの跳躍 (逆も同様) が可能です。"跳躍" できる最大距離は10 mと思われますが (上記の特別収容プロトコル参照)、より長距離を移動できる可能性は除外されていません。

A current list of media that have hosted SCP-6106 is as follows:

これまでのSCP-6106のホスト媒体の現行リストは以下の通りです。

Host medium Location Approx. time spent Suspected death toll
ホスト媒体 場所 おおよその滞在期間 推定死亡者数
< The Bible St ██████'s Church, ██████████████████, England < unknown – 2002 Unknown
聖書 イングランド、██████████████████の聖██████教会 不明 – 2002年 不明
< Gray's Anatomy (hardback) ██████████████████, England < 2002 – 2004 1
『グレイの解剖学』(ハードカバー) イングランド、██████████████████ 2002年 – 2004年 1
< Dan Brown, The Da Vinci Code (paperback) ██████████, Scotland < 2004 – September 2007 2
ダン・ブラウン著『ダ・ヴィンチ・コード』(ペーパーカバー) スコットランド、 ██████████ 2004年 – 2007年9月 2
< J. K. Rowling, Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (paperback) █████████, England < September 2007 – November 2007 1
J. K. ローリング著『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(ペーパーカバー) イングランド、█████████ 2007年9月 – 2007年11月 1
< J. G. Ballard, The Atrocity Exhibition (paperback) █████████, England < 2 weeks in November 2007 1
J. G. バラード著『残虐行為展覧会』 イングランド、█████████ 2007年11月の2週間 1
< Encyclopedia Britannica, 11th edition █████████ University Library, England < 2007 – 2020 3
『ブリタニカ百科事典』第11版 イングランド、█████████大学図書館 2007 – 2020 3
< Electronic catalogue of █████████ University Library, England █████████ University Library, England < 2020 – 2022 18
イングランド、█████████大学図書館の電子カタログ イングランド、█████████大学図書館 2020 – 2022 18
< Wikipedia article entitled ‘█████████’ Wikipedia < Nil 0, detected and automatically blocked by Alexandra.aic
題名 "█████████" のWikipedia記事 Wikipedia 無し 0、Alexandra.aicが検出して自動でブロック
< Bulbapedia article entitled ‘█████████ (Pokémon)’ Bulbapedia (Pokémon fan wiki) < Nil 0, detected and automatically blocked by Alexandra.aic
題名 "█████████" のBulbapedia記事 Bulbapedia (『ポケットモンスター』のファンウィキ) 無し 0、Alexandra.aicが検出して自動でブロック

The text SCP-6106 adopts as camouflage is invariably highly informative about SCP-6106. For example, when it inhabited Wikipedia, it appeared as a clear and helpful article about SCP-6106, entitled ‘█████████’, while in Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, it appeared as a Care of Magical Creatures lesson about SCP-6106 given by the character Rubeus Hagrid.

SCP-6106が擬態に用いる文章は一様に、SCP-6106に関する高い情報性を有します。例えば、Wikipediaに寄生した際は、SCP-6106に関して明解で有益な "█████████" という題の記事として現れ、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』に寄生した際は、作中人物のルベウス・ハグリッドによるSCP-6106関連の魔法生物飼育学の授業として現れました。

There are currently two leading hypotheses for this behaviour:
この挙動の理由については現在2つの有力説が挙げられています。

  • Its self-referential text is analogous to coloration in a non-anomalous animal — in other words, SCP-6106 has no control over the process, and it simply 'looks like' a description of itself; or
  • 自己言及的なテキストが非異常な動物における体色に相似する。言い換えれば、SCP-6106はこの挙動の過程を制御しておらず、単純に体表が自身の説明のように "見える" だけである。
  • SCP-6106 is not merely sentient but sapient, and enjoys taunting its victims before consuming them.
  • SCP-6106は感覚だけでなく知性も有しており、捕食する前に獲物となる人物を嘲笑して楽しんでいる。

Notably, the camouflage is so informative about SCP-6106 that it routinely includes information that would be unknown to the purported author of the host medium, such as detailed facts about its whereabouts and history. Although this feature could allow an observer to detect SCP-6106 by its anomalous detail, its main consequence is that a piece of text with a helpful and informative description of SCP-6106 is likely to be SCP-6106 itself.

特筆すべき点として、この擬態にはSCP-6106に関する情報の多さから、ホスト媒体の著者とされる人物も知らないであろう情報、例えば所在や経歴に関する詳細が決まって含まれます。この特徴は、観測者が異常なまでの詳細さからSCP-6106を感知できる余地を与えていますが、その主な帰結は、SCP-6106に関して有益かつ詳細な説明のあるテキストの一部が、SCP-6106そのものである可能性が高いということです。

However, by the time the reader realizes this, it is usually far too late.

しかし、閲覧者がそのことに気付く頃には、たいていの場合既に手遅れです。






You have been inactive for 5 minutes.
貴方は5分間非アクティブ状態にあります。

You have been inactive for 10 minutes. You will be logged out in 5 minutes.
貴方は10分間非アクティブ状態にあります。5分後にログアウトします。

You have been inactive for 14 minutes. You will be logged out in 1 minute.
貴方は14分間非アクティブ状態にあります。1分後にログアウトします。

You have been logged out due to inactivity. Thank you for accessing SCiPNet.
非アクティブ状態であったためにログアウトしました。SCiPNetをご利用いただきありがとうございました。

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 ( 14 Jan 2019 08:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License