SCP-5355 - YOU THINK YOU'RE BIG, KID?

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5355
著者: PopsioakPopsioak
作成日(EN): 2020/06/30
SCP-5355 - YOU THINK YOU'RE BIG, KID?
SCP-5355 - お前は大きいつもりなのか?
tags: artifact mechanical metallic safe scp transfiguration weapon
タグ: 人工 機械 金属 safe scp 変形 武器

Come on! Come on! I'm big all of a sudden!
おいおい 急に大きくなってるゾ!
Come on! Come on! You're big all of a sudden!
おいおい 急に大きくなってますヨ!
What's going on? What's going on? I'm really scared!
どうなってんだ なんなのこれ 怖いよー
What's going on? What's going on? You're really scared!
どうなってんの あんたなんなの 怖ええ!

出典: SCP-5355
著者: PopsioakPopsioak
作成日(EN): 2020/06/30
翻訳協力: PopsioakPopsioak

ソース: Wikimedia Commons
ライセンス: CC BY-SA 4.0

タイトル: File:Mark Edward Ray Gun.jpg
著作権者: Sgerbic
公開年: 2012年
備考: ライセンスがサイトと適合しないため、掲載していません。ご了承ください。

rating: 0+x

WARNING!
The following file needs to be updated with latest test results in the following sections;
Description
Proceed with caution.

警告!
当ファイルの以下の項目には最新の実験結果を反映させる必要があります。
説明
注意して読み進んでください。


アイテムナンバー: 5355

オブジェクトクラス/クリアランス: Safe/Two

Special Containment Procedures: SCP-5355 is to be contained in an anomalous items locker. Under no circumstance is SCP-5355 to be tested.

特別収容プロトコル: SCP-5355は異常アイテム用ロッカーに収容されます。いかなる状況下でも、SCP-5355の実験は実施されません。

Description: SCP-5355 refers to a toy "ray-gun", made of plastic and an unknown metal alloy. "The Fantastic Shrinkerator" is crudely written in large block letters with flaking gold paint on its left side. SCP-5355's design is similar to the retrofuturistic style, specifically dieselpunk or steampunk. A series of dials is on its right side. An unknown red liquid can be seen flowing through vials in the gun, appearing to serve a decorative purpose. The creator, charging functionality, and method of power storage of SCP-5355 are all currently unknown.

説明: SCP-5355はプラスチックと未知の合金で作られた玩具の "光線銃" です。左側面には、剥がれ落ちた金の塗装の上に黒い大文字で "The Fantastic Shrinkerator (夢の縮小銃)" と乱雑に書かれています。 SCP-5355の意匠はレトロフューチャー的な様式 (特にディーゼルパンクやスチームパンク) と類似しています。右側面にはダイヤルが並んでいます。銃の小瓶を通して未知の赤い液体が流れているのが見えますが、この液体は装飾が目的であると思われます。SCP-5355の製作者、充電機能、電力貯蔵方法は現状いずれも判明していません。

SCP-5355 has no trigger, and can be operated via cranking a small crank on the back of its barrel. After approximately 30 seconds of cranking, SCP-5355 will whir and discharge a thin, bright green beam of concentrated photonic energy from its tip, while outputting a large amount of smoke. SCP-5355 will then cool down for 1 minute before another beam can be discharged. Dependent on what setting its dials are placed at, it is theorized that this beam has a variety of effects.

SCP-5355には引き金が無く、銃身後部の小さなクランクを回転させることで操作できます。回転から約30秒後、SCP-5355は大量の煙を放出しながら音を立て、光子エネルギーを集中させた薄い明緑色の光線を先端から発射します。SCP-5355は光線の再発射が可能となるまでに1分間の冷却時間を要します。ダイヤルの設定に応じて光線に様々な効果が付与されると考えられています。

Shrink Enlarge Return
縮小 拡大 解除
The beam will decrease the dimensions of an object by an unknown constant. The beam will increase the dimensions of an object by an unknown constant. The effects of previous firings of SCP-5355 will be reverted.
光線は物体の大きさを不明な倍率で減少させる。 光線は物体の大きさを不明な倍率で増加させる。 SCP-5355の直前の発射による影響が解除される。

Attached is a log of the single occasion of testing of SCP-5355.

唯一実施されたSCP-5355の実験ログを以下に添付します。


Addenda - Testing Log
補遺 - 実験ログ


Testing Personnel: Researcher Pastore, Jr. Researcher Remington.

実験職員: パストーレ研究員、レミントン次席研究員。

Procedure: Fire on a series of objects set up in Site-28's firing range with each setting of SCP-5355, before reverting its effects with the "Return" setting.

手順: サイト-28の射撃場に設置した様々な物体に向かってSCP-5355の各設定で発射し、"解除" 設定で影響を元に戻す。

<ログ開始>

[Jr. Researcher Remington returns from the firing range's target area. Researcher Pastore has SCP-5355 in hand, and is currently scratching his beard. As J.R. Remington enters, Res. Pastore nods, speaking firmly.]

[レミントン次席研究員が射撃場の標的エリアから戻ってくる。パストーレ研究員はSCP-5355を手に持ち、顎ひげを掻いている。レミントン次席研究員が入室すると、パストーレ研究員が会釈し、きっぱりとした声で話す。]

Pastore: Are the objects ready?

パストーレ: 物体の準備はできたか?

[J.R. Remington nods quickly.]

[レミントン次席研究員が素早く頷く。]

Remington: Yep! All lined out over there for you.

レミントン: ああ! 向こう側に全部並べておいたよ。

[Res. Pastore smiles.]

[パストーレ次席研究員が微笑む。]

Pastore: Thank you, Jeremy. Alright, which is first?

パストーレ: ありがとう、ジェレミー。それじゃあ、最初はどれにしようか?

Remington: Try the wet wipe. Biggest surface area to hit, I think.

レミントン: ウェットティッシュからやろう。一番的が大きそうだ。

Pastore: Good idea.

パストーレ: いいね。

[Res. Pastore turns the dial, and begins cranking while aiming at a wet wipe hung on a clothesline on the opposite side of the firing range.]

[パストーレ研究員がダイヤルを回し、射撃場の反対側の物干し用ロープに吊るされたウェットティッシュに狙いを定めながらクランクを回し始める。]

Pastore: Alright, set to "Shrink." And… firing.

パストーレ: よし、"縮小" にセットして…… 発射。

[SCP-5355 fires. The wipe shrinks to approximately half its previous size.]

[SCP-5355が発射される。ウェットティッシュのサイズが元のおよそ半分になる。]

Remington: Huh. Neat. [J.R. Remington sighs.] All things considered, this is a nice change of pace.

レミントン: おお。素晴らしい。[レミントン次席研究員がため息を吐く。] 総合的に考えると、これはいい気分転換になるな。

Pastore: Don't let your chickens out of the coop preemptively, Remington.

パストーレ: 先走りするんじゃない、レミントン。

Remington: Fine. Next is enlarge?

レミントン: 分かってるさ。次は拡大か?

Pastore: [nodding] Yep. [Res. Pastore adjusts the dial to "Enlarge."]

パストーレ: [うなずいて] ああ。[パストーレ次席研究員がダイヤルを "拡大" に定める。]

Remington: Well, we wait now. Thing's gotta cool down.

レミントン: あー、待たないと。冷却時間が必要だから。

[J.R. Remington and Res. Pastore stand around, not talking. Res. Pastore coughs.]

[レミントン次席研究員とパストーレ研究員が何も話さずに突っ立っている。パストーレ研究員が咳払いする。]

Remington: So uh, how're the kids?

レミントン: それで、そのー、子どもは元気にしているか?

Pastore: I don't have kids, Jeremy.

パストーレ: 私に子どもはいないよ、ジェレミー。

Remington: Sorry.

レミントン: すまない。

[J.R. Remington sighs.]

[レミントン次席研究員がため息を吐く。]

Pastore: Y'know, how's your mom?

パストーレ: あー、君の母親はどうしている?

Remington: She's fine.

レミントン: 元気にしてる。

Pastore: She recognize you last time you saw her? I know that stuff can be hard.

パストーレ: 最後に会った時に君だと分かったか? 難しいことなのは承知の上だが。

Remington: Yeah. I can't guarantee when she won't, though. It sucks, Charles. Haven't let me in cause of that nasty cold I had.

レミントン: 分かったさ。ただ、母がいつ私だと分からなくなるかは保証できない。最悪だよ、チャールズ。タチの悪い風邪をひいたせいで入れてもらえないんだ。

[Res. Pastore nods. SCP-5355 lets out a quiet ding. J.R. Remington sighs in relief, and sneezes once.]

[パストーレ研究員がうなずく。SCP-5355がチリンという音を静かに発する。レミントン次席研究員が安堵のため息を吐き、くしゃみを1度する。]

Pastore: Alright, again. [Pastore fires SCP-5355. The wipe enlarges to 2 times its original size, falling off of its clips. Remington heads to place it back on its clips.]

パストーレ: 続けようか。[パストーレかSCP-5355を発射する。ウェットティッシュが元の大きさの2倍に拡大し、クリップから外れて落ちる。レミントン次席研究員が落下場所に向かい、クリップを付け直す。]

Remington: Got it, got it.

レミントン: ああ、いいね。

Pastore: Thanks.

パストーレ: ありがとう。

[Pastore sets the dial to "Return," and cranks SCP-5355. Upon firing, it appears to have no effect.]

[パストーレ研究員がダイヤルを "解除" に設定し、SCP-5355のクランクを回す。SCP-5355が発射されるものの、何の影響も見受けられない。]

Pastore: Huh.

パストーレ: おや。

Remington: You're sure it was all the way cooled down?

レミントン: ちゃんと冷却時間は過ぎたのか?

Pastore: I heard the ding and everything, Jeremy. I'm old, but not that old.

パストーレ: チリンって音も何もかも聞いたさ、ジェレミー。私も老いたが、そこまで年寄りじゃないよ。

Remington: Fair. Try "Shrink?"

レミントン: そうかい。"縮小" でやってみるか?

Pastore: Sure. [The dial is cranked, and SCP-5355 is fired. There is no effect.]

パストーレ: ああ。[ダイヤルを回し、SCP-5355を発射する。何の影響も生じない。]

Remington: What the fuck?

レミントン: は?

Pastore: My thoughts exactly. Let's try "Enlarge."

パストーレ: 私も同じ反応だ。"拡大" でやってみよう。

[Res. Pastore cranks the dial and waits for the cooldown timer to finish, as Remington sits deep in thought. As soon as the ding is audible, Res. Pastore fires. J.R. Remington knocks the ray out of Res. Pastore's hand, and pulls him towards the door.]

[パストーレ研究員がダイヤルを回して冷却時間が過ぎるのを待ち、その間にレミントン次席研究員が深く考え込む。チリンという音が聞こえた瞬間にパストーレ研究員が発射する。レミントン次席研究員がパストーレ研究員の手からSCP-5355をはたき落とし、ドアの方に引き寄せる。]

Remington: Wait —

レミントン: 待て —

[Two large creatures spontaneously appear near the wet wipe. One appears similar to a large tardigrade, while the other is vaguely phagic in appearance. Both begin to crawl towards Res. Pastore and J.R. Remington, making deep and low moans.]

[2体の大型生物がウェットティッシュのそばに突発的に出現する。片方は巨大な緩歩動物に類似しており、もう片方はファージに漠然と類似している。両生物が低い呻き声をあげながらパストーレ研究員とレミントン次席研究員の方に進み始める。]

Remington: Shoot it! Shoot the damn things!

レミントン: 撃て! アイツらを撃つんだ!

Pastore: I got it, I got it.

パストーレ: 分かってる、分かってるって。

[Res. Pastore fires SCP-5355 once more at the phagic entity. It has no effect. Both Res. Pastore and J.R. Remington make it out safely, as the camera is then swallowed by a large, amoebaic creature. As the creature comes into contact with the remains of the wet wipe, its cellular wall violently explodes, killing both of the other entities.]

[パストーレ研究員がファージ実体に向かってSCP-5355をもう一度発射する。何の影響も生じない。パストーレ研究員とレミントン次席研究員が無事に切り抜けると、カメラが巨大なアメーバ状の生物に飲み込まれる。この生物がウェットティッシュの残骸と接触すると、その細胞壁が激しく爆発し、それによって他の実体が両方とも死亡する。]

<ログ終了>













rating: 0+x

警告!
当ファイルの以下の項目には最新の実験結果を反映させる必要があります。
説明
注意して読み進んでください。


アイテムナンバー: 5355

オブジェクトクラス/クリアランス: Safe/Two

特別収容プロトコル: SCP-5355は異常アイテムロッカーに収容されます。いかなる状況下でも、SCP-5355の実験は実施されません。

説明: SCP-5355はプラスチックと未知の合金で作られた玩具の "光線銃" です。左側面には、剥がれ落ちた金の塗装に黒い大文字で "The Fantastic Shrinkerator (夢の縮小器)" と乱雑に書かれています。 SCP-5355の意匠はレトロフューチャー的な様式 (特にディーゼルパンクやスチームパンク) と類似しています。右側面にはダイヤルが並んでいます。銃にある小瓶を通して未知の赤い液体が流れているのが見えますが、この液体は装飾が目的であると思われます。SCP-5355の製作者、充電機能、蓄電方法は現状いずれも判明していません。

SCP-5355には引き金が無く、銃身後部の小さなクランクを回転させることで操作できます。回転から約30秒後、SCP-5355は大量の煙を放出しながら音を立て、光子エネルギーを集積した薄い明緑色の光線を先端から発射します。SCP-5355は光線の再発射が可能となるまでに1分間の冷却時間を要します。ダイヤルの設定に応じて光線に様々な効果が付与されると考えられています。

縮小 拡大 解除
光線は物体の大きさを不明な倍率で減少させる。 光線は物体の大きさを不明な倍率で増加させる。 SCP-5355の直前の発射による影響が解除される。

唯一実施されたSCP-5355の実験ログを以下に添付します。


補遺 - 実験ログ


実験職員: パストーレ研究員、レミントン次席研究員。

手順: サイト-28の射撃場に設置した様々な物体に向かってSCP-5355の各設定で発射し、"解除" 設定で影響を元に戻す。

<ログ開始>

[レミントン次席研究員が射撃場の標的エリアから戻ってくる。パストーレ研究員はSCP-5355を手に持ち、顎ひげを掻いている。レミントン次席研究員が入室すると、パストーレ研究員が会釈し、きっぱりとした声で話す。]

パストーレ: 物体の準備はできたか?

[レミントン次席研究員が素早く頷く。]

レミントン: ああ! 向こう側に全部並べておいたよ。

[パストーレ次席研究員が微笑む。]

パストーレ: ありがとう、ジェレミー。それじゃあ、最初はどれにしようか?

レミントン: ウェットティッシュからやろう。一番的が大きそうだ。

パストーレ: いいね。

[パストーレ研究員がダイヤルを回し、射撃場の反対側の物干し用ロープに吊るされたウェットティッシュに狙いを定めながらクランクを回し始める。]

パストーレ: よし、"縮小" にセットして…… 発射。

[SCP-5355が発射される。ウェットティッシュのサイズが元のおよそ半分になる。]

レミントン: おお。素晴らしい。[レミントン次席研究員がため息を吐く。] 総合的に考えると、これはいい気分転換になるな。

パストーレ: 先走りするんじゃないぞ、レミントン。

レミントン: 分かってるさ。次は拡大か?

パストーレ: [うなずいて] ああ。[パストーレ次席研究員がダイヤルを "拡大" に定める。]

レミントン: あー、待たないと。冷却時間が必要だから。

[レミントン次席研究員とパストーレ研究員が何も話さずに突っ立っている。パストーレ研究員が咳払いをする。]

レミントン: それで、そのー、子どもは元気にしているか?

パストーレ: 私に子どもはいないよ、ジェレミー。

レミントン: すまない。

[レミントン次席研究員がため息を吐く。]

パストーレ: あー、君の母親はどうしている?

レミントン: 元気にしてる。

パストーレ: 最後に会った時に君だと分かったか? 難しいことなのは承知の上だが。

レミントン: 分かったさ。ただ、母がいつ私だと分からなくなるかは保証できない。最悪だよ、チャールズ。タチの悪い風邪をひいたせいで入れてもらえないんだ。

[パストーレ研究員がうなずく。SCP-5355がチリンという音を静かに発する。レミントン次席研究員が安堵のため息を吐き、くしゃみを1度する。]

パストーレ: 続けようか。[パストーレがSCP-5355を発射する。ウェットティッシュが元の大きさの2倍に拡大し、クリップから外れて落ちる。レミントン次席研究員が落下場所に向かい、クリップを付け直す。]

レミントン: ああ、いいね。

パストーレ: ありがとう。

[パストーレ研究員がダイヤルを "解除" に設定し、SCP-5355のクランクを回す。SCP-5355が発射されるものの、何の影響も見受けられない。]

パストーレ: おや。

レミントン: ちゃんと冷却時間は過ぎたのか?

パストーレ: チリンって音も何もかも聞いたさ、ジェレミー。私も老いたが、そこまで年寄りじゃないよ。

レミントン: そうかい。"縮小" でやってみるか?

パストーレ: ああ。[ダイヤルを回し、SCP-5355を発射する。何の影響も生じない。]

レミントン: は?

パストーレ: 私も同じ反応だ。"拡大" でやってみよう。

[パストーレ研究員がダイヤルを回して冷却時間が過ぎるのを待ち、その間にレミントン次席研究員が深く考え込む。チリンという音が聞こえた瞬間にパストーレ研究員が発射する。レミントン次席研究員がパストーレ研究員の手からSCP-5355をはたき落とし、ドアの方に引き寄せる。]

レミントン: 待て —

[2体の大型生物がウェットティッシュのそばに突発的に出現する。片方は巨大な緩歩動物に類似しており、もう片方はファージに漠然と類似している。両生物が低い呻き声をあげながらパストーレ研究員とレミントン次席研究員の方に進み始める。]

レミントン: 撃て! アイツらを撃つんだ!

パストーレ: 分かってる、分かってるって。

[パストーレ研究員がファージ実体に向かってSCP-5355をもう一度発射する。何の影響も生じない。パストーレ研究員とレミントン次席研究員が無事に切り抜けると、カメラが巨大なアメーバ状の生物に飲み込まれる。この生物がウェットティッシュの残骸と接触すると、その細胞壁が激しく爆発し、それによって他の実体が両方とも死亡する。]

<ログ終了>

ERROR

The walksoldi's portal does not exist.


エラー: walksoldiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324351 ( 14 Jan 2019 08:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License