対話篇: フォーマットリニューアル
hoya-insignia.png
480px-Snake.svg.png

「わずか一年の間によくぞここまで進捗があったものだな。正直に言って、それほど期待していなかったから驚いた」

「生きとし生ける全てを無差別に攻撃していた頃に比べれば、まさに長足の進歩でした。獣の本能しかない存在であるからして、逆説的に、お腹が膨れれば容易に満ち足りるものと思われます」

「なるほど。だがやはり、その肉塊を食餌させるのは少し気色が悪い。それは本当に大丈夫なのか?」

「どのみちぬっぺふほふたちは、肉塊を定期的に削られないとメタボリックシンドロームで死んでしまいます。他の肉食性妖怪たちもそれを食べることで食人本能を押さえていますから、問題はないと思います。もちろん長期的には果物や菜食もするように誘導しなければなりません。最終的には言葉を教えて鹿倉山保護センターから連れ出し、寒戸に住まわせようと考えています」

「いい考えだ。むしろ私も見習うべきだな。最初はあまり気が向かなかったが、お前らに任せてよかった」

「特別苦労するようなことはありませんでした。全部妖怪保護区という環境のおかげです」

「確かにこの保護区は驚異的だな。特に、妖怪が自らを隔離する監獄としてではなく、人間と妖怪や精怪が共存し、生きる地であるという点がだ。ある意味、全世界をこの地のようにすることが、蛇の手の理想に合致するのではないだろうか。正常と超常の区別がなく、そして正則と変則の区別のない世だ」

「区長さんと顔見知りの大江山さんが其方に随行していれば、もっと立派な接待ができたと思いますが、そこのところは恐れ入ります」

「いやいや、もうここを見回るだけで十分立派な接待だと思う。他の赤斑蛇のやつらにも一度見せてやりたい。今後も万一の場合に世話になってもいいか。お前も知っているだろうが、朝鮮半島は怪異と人類が陽地で共存するには狭すぎる。もちろんいつか陰地と陽地が一つになるまでだけの隠すと思うけど……」

「その時は私がお力になります、楽しく協力します」

「お前はてきぱきとしていて、本当に良いな。うちの方は、喜至や昺吉を除けば一様にずる賢いやつらばかりだから……」

「はははは……」

Song_Hyoryeong-insignia.png

「あっ、ちょっとだけ」

「どうしたんですか?」

「이보오. 혹시 송효령이 아니신가?」

「人違いだ」

「잘못 보기는. 내가 이 얼굴을 어떻게 잊겠냐. 효령이 맞네」

「人違いだ」

「まさか改名してからあまりにも時間が経って、自分の名前も忘れたのか?さん」

「うわっ、どうしたんですか!」

「これは何の仕業だ!」

「本当に人違いなら『朝鮮語は知らねえ』と言うべきだったな、この馬鹿あま。『仇敵は丸木橋で会う』と言うが、ここで会うのも天の命のようだ。おのれめ、今日とても死生決断でけりをつけてやろう!」


hoya-insignia.png
Brooch_rank_insigna_for_senior_policeman_of_japanese_police.png
Song_Hyoryeong-insignia.png

「……以上の供述で、松澤さんはホヤ?さんが自分を不意打ちにして殺害を試みたと主張していますが、本当ですか?」

「それは誤解だ。長い間会わずに再会した友人同士は、殴り合いであいさつするのが朝鮮の礼儀だ」

「そんな礼儀が存在するはずがないじゃん!」

「……とおっしゃってますが」

「他郷暮らしが長すぎて、故国の礼法まで忘れるようになったようだ。悲しい衆生よ」

「いや、そもそも僕はどうして一緒に連行されたんですか?僕は純粋に被害者ではないですか?」

「とりあえず、受け付けられた事件は双方暴行事件として届出があったからです」

「双方暴行?巡査長はどこに目がついているんですか!」

「私の目で見る限り、双方の顔が血まみれになっていますからね」

「こいつ、国営暴力団員にしては仕事の処理が公正な方だな」

「静かにしてください、極左暴力団員。いずれにしても、通報内容でも、供述内容でも、先に殴ったのはあなたではありませんか」

「それならば黙秘権を行使してやろう。私はここでの私の法的代理人として青が来るまで何も言えない」

「青なら今、区長さんに会いに行きました。あなたの自身の軽挙妄動のために、あなたの法的代理人を苦労させて申し訳ないとは思わないのですか?」

「あの子に迷惑をかけたなら、本当にすまないと思う。しかし、たかがこの程度の殴り合い、ここの頭領に報告するまでのことか?」

「遠野妖怪保護区は昔、異常事例調査局に徴兵されていた妖怪大隊員たちが建てた避難所です。外部からの事情を理由にこの内部で波風を立てるのは、ここの存在理由そのものへの挑戦です。そろそろ、ご理解いただけませんか?あなたは朝鮮人だから、異常調査局や妖怪大隊を敵対する感情を抱くのは分かりますが、しかし、妖怪たちも好きで戦争に動員されたわけではないのです」

「ハハハハ!」

「どうして笑うのですか?」

「第一、アンタが私に朝鮮人だの何のと教えようとするのが笑止の至りだ。100年ほど前の私の仕事は、アンタみたいな巡査どもを殺すことだったんだ。戯れるな。
第二、私はここに住む妖怪たちと敵対するつもりがないのに、私を勝手に外部から厄介ごとを持ち込もうとする者だと判断するのが面白くて。結局皆悪の帝国に利用された立場じゃないの?直接的に悪業を犯したことがなければ、兵卒たちには関心がない。
でもね、私の隣に座っているこの女郎。この女郎だけは質的に違うんだぞ」

「黙れ」

「この女郎は元々朝鮮人だと。そのくせ自らIJAMEAに入って、戦争にも自ら出て行った。これでも、私がこの顔を見ると殴らざるを得なかったはずがないのか?」

「てめえ……」

「誰か!誰もいないのか?!人間死ぬぞ!助けてくれ!!」


hoya-insignia.png
Song_Hyoryeong-insignia.png

「アイゴ、独立運動の時も入ったことがなかった日本製の留置場に、今さら入りに来たと言うのか?」

「この全部が、君のいたずらだろう?」

ERROR

The Nanigashi Sato's portal does not exist.


エラー: Nanigashi Satoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3282741 ( 16 Aug 2020 03:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License