治療の大天使 覚書

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


O5-05の覚書


先代のO5-01はこう語りました。「我々は道徳的に白黒ついた仕事をすることはない。それは我々にとって贅沢なことで、灰色だけが我々に許されている」。重々承知ではあると思いますが、この言葉は真実です。財団の倫理は、一般のそれとは異なります。前評議会はこの言葉を免罪符に用いていましたが、それこそが彼らの誤りです。世界に奉仕する我々は、自身の利益のために何かを犠牲にすることは許されません。

忘れてはならない事は、我々がなしたことも本質的には彼らと変わらないということです。R.O.P.H.E.システムを7名の犠牲の元に成立させ、治療技術という嘘によってその事実を隠匿しています。我々もまた、灰色の罪を背負っているのです。1人たりとて天国に行くことはできないでしょう。


O5-05の覚書


先代のO5-01はこう語りました。「我々は道徳的に白黒ついた仕事をすることはない。それは我々にとって贅沢なことで、灰色だけが我々に許されている」。重々承知ではあると思いますが、この言葉は真実です。財団の倫理は、一般のそれとは異なります。では、前評議会の過ちとは何だったのか。それは、この言葉を免罪符に用いていたことです。この言葉は異常という怪物に対し、人間のまま戦うという決意の表れなのです。財団は正常性維持機関です。倫理を忘れ人の道を外れてしまえば、それはもう怪物と何も変わりません。我々は白と黒の狭間を探り、人間であり続ける必要があるのです。

だからこそ忘れてはならないことは、我々が為したことも本質的には先代の評議会と変わらないということです。R.O.P.H.E.システムを7名の犠牲の元に成立させ、治療技術という嘘によってその事実を隠匿しています。我々もまた、灰色の罪を背負っているのです。1人たりとて天国に行くことはできないでしょう。

ERROR

The Okaka_Onigiri's portal does not exist.


エラー: Okaka_Onigiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3272149 ( 01 Jun 2018 11:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License