儀的カンタータ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
1024px-Kimigayo.svg.png

1946年に改変措置が施されたSCP-1237-JP-A

アイテム番号: SCP-1237-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 1946年の時点で、SCP-1237-JPに対する措置は完了しています。現時点ではSCP-1237-JP-Aの影響が発生していないことの観察のみが行われます。

追記: 1997/11/03に発生したインシデント1237-JPを受け、SCP-1237-JP-Bの発生を未然に防ぐ措置がなされました。形式部門による確認済みリスト1237-JPの更新が継続中です。

説明: SCP-1237-JPは葦舟機関1が発見した、儀式的効果を有する音楽構造です。SCP-1237-JPは特定の周波数帯を持つ音波の羅列として記述され、その発生条件は非常に限定的です。そのため、後述するSCP-1237-JP-A以外で、同様の効果を発揮する例は現在まで確認されていません。

SCP-1237-JPに則る楽曲の歌唱は、歌唱者の潜在意識下でのヒューム指向性を誘発し、歌詞の内容を実現させる現実改変をもたらします。この効果は非常に微細であり、最低でも500万人以上の人間が断続的に歌唱を行わなければ有意な効果は得られないとされています。

SCP-1237-JP-Aは1930年に日本国内で流布された日本国国歌『君が代』の演奏法です。葦舟機関から回収された記録から、SCP-1237-JP-Aは国体を目的として君が代に改変を施す形で作られたことが判明しています。これにより日本国における天皇優位性の促進と軍国主義の強化がなされる結果となりました。

1945年の終戦に伴い、GHQを介して君が代斉唱の全面禁止が発布されました。しかし、日本国民からの反発を受け、SCP-1237-JP-Aを単調に改変2した形式での斉唱を徐々に認める結果となりました。また、君が代の歌詞における『君』を天皇(君主/Emperor)から日本国民全体(you:複数形)とする解釈を流布し、SCP-1237-JP-Aが効果を発揮した場合に対するフェールセーフとする措置が取られました。

補遺1237-JP.1: 1997/11/03、除外サイト-01から以下の映像記録が提供されました。

インシデント1237-JP 映像記録

注記: 本記録は1997/11/03 13:00から開催された、日本とカナビア共和国によるサッカー親善試合の映像放送記録とされています。


<映像開始>

13:50:55 [激しいノイズ]

13:51:35 [ノイズが消え、画面にはグラウンドが映っている。中央には両国の選手が並んでおり、本映像はそれを背後から映していることが確認できる。]

13:51:46 (場内アナウンス/男性の声) これより、両国の国歌斉唱を行います。皆さまどうぞ、ご起立いただきますようお願い申し上げます。

13:51:51 (場内アナウンス/女性の声) Ladies and gentlemen. Please stand up for the national anthems.

13:51:57 (場内アナウンス/男性の声) まず初めに、カナビア共和国の国歌です。

13:52:00 (場内アナウンス/女性の声) The national anthem of Canavia republic.

13:52:04 [カナビア共和国の国歌斉唱が行われる。映像がカナビア共和国の選手にズームアップされる。]

13:52:19 [画面がスタジアムのスクリーンに移る。スクリーンには正面からカナビア共和国の選手を映した映像が流れている。]

13:52:44 [画面が観客席に移る。一区画がカナビア人の観客で埋まっている様子が確認できる。]

13:53:04 [画面が選手に戻る。国歌斉唱は続いている。]

13:53:12 [国歌斉唱が終了する。拍手の音が周囲から聞こえる。]

13:53:26 (場内アナウンス/男性の声) 続きまして、日本の国歌です。前奏に続き皆様、ご斉唱ください。

13:53:32 (場内アナウンス/女性の声) Ladies and gentlemen. Here is the national anthem of Japan. Please sing along.

13:53:37 [画面が中央に日本選手を捉えるように移動する。前奏が始まる。]

13:53:46 (観客の声) 君が代は

13:53:54 (観客の声) 千代に八千代に

13:53:56 [画面がスタジアムのスクリーンに移る。スクリーンには正面から日本の選手を映した映像が流れている。]

13:54:01 (観客の声) さざれ石の

13:54:05 [画面が観客席に移る。日本人の観客を映している。]

13:54:11 (観客の声) 巌となりて

13:54:20 (観客の声) 苔のむすまで

13:54:33 [国歌斉唱が終了する。拍手の音と観客の声援が周囲から聞こえる。]

13:54:38 [映像が小刻みに振動し始める。周囲の様子から、スタジアム全体が揺れていることが分かる。周囲から悲鳴が上がり始める。]

13:54:45 [映像がグラウンドに移る。選手の大多数が振動の影響で伏せている様子が確認できる。]

13:54:48 [グラウンドの中央が崩落し始める。選手のうち14名が巻き込まれて落下する。]

13:54:59 [グラウンドの中央に直径20m程度の穴が形成される。この時点で振動は収まっている。これ以降画面の位置が変化しないため、映像機器の操作が放棄されたと推定される。]

13:55:03 [金切り音が観測され始める。それと同時に、形成された穴から直径5m程度の白色に発光した球状の実体が出現する。]

13:55:16 [実体がグラウンドから12m程度上空で静止する。]

13:55:20 [実体からレーザー光と推察されるものが継続的に放たれる。レーザー光は画面上で確認できる全てのカナビア人と、数人の日本人に照射されている。また、一回り径が大きいレーザー光が南南東の方向に照射されている。この方角はカナビア共和国の地理的方向であるとされる。レーザー光が照射された人物はその事実を認識して反応しているが、直接的な被害は何もないように振舞っている。]

13:55:52 [実体が光度を増して発光する。金切り音も大きくなり、周囲の音は観測されない]

13:55:58 [画面全体が白色光で埋め尽くされる]

<映像終了>

本映像記録で確認された、1997/11/03のサッカーの親善試合に関する情報は、除外サイト-01外に存在しませんでした。これにより大規模な過去改変が行われたと判断され、CK-クラス:世界再構築シナリオの発生が宣言されました。状況証拠からSCP-1237-JPが原因であるとして、調査が開始されました。

除外サイト-01に残されていた改変前の記録を照合したところ、以下の存在が過去改変により抹消されたと推定されています。

  • カナビア共和国
  • カナビア人
  • 観客席にいた、クウォーター以上の混血である日本人

本インシデントを受け、葦舟機関に対する再調査が行われました。回収当時では復元が出来ていなかった記録に対して再解析を行った結果、SCP-1237-JPは葦舟機関により決戦兵器の1つとして数えられていたことが判明しました。その詳細な使用方法は不明ですが、SCP-1237-JPの音楽構造を一部調整することにより効果が発揮されるものであると推定されています。これにより、インシデント1237-JPに見られた現象を発生させるSCP-1237-JP-Aは、SCP-1237-JP-Bと定義されました。

インシデント1237-JPにおける演奏は音楽家の大村俊樹氏3により監督されており、氏のアレンジが加えられていたと推定されます。これにより、インシデント1237-JPは偶発的にSCP-1237-JP-Bの発動条件を満たしたことで発生したものであると考えられています。

上記の調査結果から、形式部門によりSCP-1237-JP-Bの発生条件の調査が開始されました。この目的のため、除外サイト-01に搭載されている防御機構を内向的に設置し、過去改変の影響が外部に及ばないように設計した特殊除外サイト-01が建設されました。当該施設では形式を調整したSCP-1237-JP-AをDクラス職員が演奏し、SCP-1237-JP-Bを発生させなかった演奏パターンの記録を行っています。このリストは確認済みリスト1237-JPとして共有されます。各種イベントなどでSCP-1237-JP-Aが演奏される際は可能な限り財団関係者による干渉を行い、確認済みリスト1237-JPに則った演奏がなされるような働きかけが行われることが決定しました。現時点まで、SCP-1237-JP-Bの再発生は確認されていません。

  • scp-jp
  • euclid
  • 形式部門
  • 音波
  • 音楽
  • 儀式
  • 球体
  • K-クラスシナリオ
  • 現実改変
  • 負号部隊


ERROR

The Okaka_Onigiri's portal does not exist.


エラー: Okaka_Onigiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3272149 ( 01 Jun 2018 11:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License