被視感

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 研究目的のため、SCP-XXXX-JPに罹患した人物はサイト-133に収容します。抜本的な治療法が確立されるまでは、睡眠剤や鎮静剤などの投与によりSCP-XXXX-JPの精神衛生を維持してください。

説明: SCP-XXXX-JPは特定の異常性を有する人物に発症する精神疾患であると推定されています。報告書執筆時点において財団が収容している罹患者は6名であり、過去の記録から発症していたと推定される例は2例です。

現在のところ、SCP-XXXX-JPの罹患者全員が、自身に向けられた視線を感知する異常性を有しています。保有する異常性により詳細は異なりますが、罹患者は以下の点で共通する主張を行います。

  • 自身に視線を向ける存在が付近に1体居る
  • その存在は直接関節を問わず視認できない
  • 自身の認識できる範囲で視線を向けてくる存在が変わったことはない

インタビュー記録XXXX-JP-1

日付: 1998/07/12

対象: AO-3996 (便宜上SCP-XXXX-JP-3に指定)


インタビュアー: 園田研究員


[事務的な内容や対象を落ち着かせる内容が主であったため省略]
園田研究員: では、あなたの言う存在は今もこのインタビュー室内であなたを見ているということでよろしいでしょうか?
SCP-XXXX-JP-3:

ERROR

The Okaka_Onigiri's portal does not exist.


エラー: Okaka_Onigiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3272149 ( 01 Jun 2018 11:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License