質より量
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1506-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは女性の人型実体です。オブジェクトは2018年、薩摩硫黄島の南東約17キロに位置する海底で発見されました。発見当時、オブジェクトは海底に半身が埋まっており、意識はあるものの呆然自失とした状態となっていました。

800px-Kikai_K-Ah_tephra_7%2C3ka.svg.png

幸屋火砕流と鬼界アカホヤの広がり。

SCP-1506-JP-2はオブジェクト内の機器を操作し、楽曲の演奏や再生、照明の操作等を行っている実体です。球体に突起物を生やした簡素な外観をしていますが、オブジェクト内を自由に移動し、機器を遠隔で操作する能力を有しています。SCP-1506-JP-2は人間との意思疎通が可能であり、既知のあらゆる言語に対して、スラングを交えた流暢な返答を行うことができます。しかしながら、SCP-1506-JPの存在意義や起源に関する質問に対しては、曖昧な供述を繰り返しており、実態の解明に役立つ情報はほとんど得られていません。

SCP-1506-JP内に流れる楽曲は大部分が未知の曲ですが、観測宇宙に存在する曲も稀に流れることがあります。以下はこれまでに確認された既知の楽曲のリストです。

  • 調性の無いバガテル1
  • 0分00秒2
  • ヌートピア国際賛歌3
  • 般若心経ポップ4
  • AM 30005

インタビューログ1506-JP-1

4187/02/04 05:38(UTC)、SCPS テレシコワが複数のSCP-1506-JP-2個体を発見し、ワッカーマン=ラディン型精神感応を用いたコミュニケーションに成功しました。以下はシュウ・サンファ艦長によって行われたインタビューの記録です。


[記録開始]

[記録終了]


ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License