錦ノ御旗計画、昭和一七年

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

計画名 錦ノ御旗計画

立案年 昭和一七年

主導者 草鹿将軍

目的

 昨今の帝国は勢い凄まじく、いまや西はビルマ、東はギルバート諸島までをその版図に収めている。米国の要衝・ミッドウェーの陥落も間近ということから、局員達の士気も鰻登りの様相だ。そんな中、調査局に水を指すような出来事が起きた。切っ掛けは数週間前、松代総司令部で隊旗の定期点検を行った時のことだ。

「班長!旗に厄介な染みがこびりついております!それも全部に!」

 VddnEqM.png

 確認してみると、たしかに黄色い染みのようなものが付着していた。不可思議なのは、局で管理していたすべての旗で染みが見られる点、洗剤を使っても全く落ちないという点だ。初めは管理者の不届きか、不逞な輩のイタズラかと思われていた。ところが、詳しい調査の結果、遠方の基地でも同様の事例が見られたこと、染みの形状が徐々に変化していることが発覚したため、分析班は本件が同時多発的な異常現象だと判断。ここに、異常の除去と原因究明を目的とする「錦ノ御旗計画」が策定されるに至った。

資産

  • 超自然的な汚れに対する除染技術。必要とあらば、理外研等の外部組織にも支援を求める。
  • 各地より回収した数百枚の汚染旗。
  • 四~八名の指揮官。
  • 二〇~三〇名の工兵。
  • 調査に必要な人員、物資および資金。

 軍事面への寄与が薄い今次作戦について、永井蒼一朗局長を始めとする上層部は消極的な態度を示した。しかし、米津元帥大佐大淀辰雄中尉ら一部将校による「御国より預かった隊旗を汚すことは断じて許されぬ」「いま見逃せば末代までの恥となる」という言説が最終的には押し勝ち、投入資産の増強が認められることとなった。

結果

 失敗。旗の汚れは強固に癒着しており、内地の諸組織が持つ技術でも、染みの色を薄めることすら能わなかった。超常的な洗濯技術で名高い、台湾の夢蘭花洗衣社組合にも除染を打診してみたものの、戻ってきた回答は次のようなものであった。

~~当旗を分析しましたところ、付着している汚物は明確な物理的性質を持たないことが分かりました。誠に遺憾ながら、今回の御用命は我々の業務範囲をゆうに越えるものであります。~~

 物理的な除染が不可能ならば、霊的な手段ではどうだろうか。我々は超常社会の人脈を通して、全国より呪い破りの精鋭をかき集めた。神職や仏僧、ユタといった国内の人材はもちろんのこと、満洲の道士、香港の司祭、泰国の降頭術士など、東亜中からその道の巧者を招聘した。五月十三日、香川・金刀比羅宮にて解呪の儀が開かれ、宗派と民族を越えた祈祷が夜通し執り行われた。しかし、旗は飄々とはためくのみで一切の反応を示さず、代わりに一帯の霊や妖怪、調査局の基地が吹き飛ぶという結果に終わった1

 我々が躍起になっている間も、旗の染みは不気味な伸縮を繰り返し、形状を日々変化させた。六月一日、染みは意味のある文字を形作ると、局員へ堂々見せつけるかのように、遂にその動きを止めた。

 ensign.jpg

 常異……いや、これは異常?異常と言いたいのか?浮かび上がった文字に、局員一同は困惑の色を隠せずにいた。とにもかくにも、数百枚もの旗に高度に干渉できる以上、何らかの大勢力が関わっているに違いない。我々は推理に推理を重ねた末、一つの恐るべき解を導き出した。

  • 現在、帝国は英米蘭支およびその付随国と交戦している。
  • 文字が逆なのは右書きに習熟していない証左である。
    • なお、支那は我が国と同じ右書き文化であり、犯人である可能性は低い。
  • 均等で飾り気のない字体をしており、これは欧米で広く使われるサンセリフ体に近似する。
  • オランダは既に死に体であり、大規模な工作を仕掛けられるとは考えにくい。

──よって、犯人は米英のいずれかである。

yqRyMDK.jpg
ヰ3334

"常異"旗を高らかに掲げる局員達。

御国の未来は明るい。


 許すまじ鬼畜米英。縁起の良い旭日の意匠に対し、異常などという罰当たりな文字を刻みつけるとは、万死に値する愚業と言えよう。しかし、対抗を続けては奴らの思う壺であり、いたずらに資産を浪費するばかりである。永井局長は局員に向け、「敵に弱気を見せぬよう、"常異"旗を堂々掲げ続けるべし」との訓示を行った。

 毒を食らわば皿まで。我々の大和魂をもってすれば、かような呪いの一つや二つ、容易に乗り越えられるはずである。"常異"の名の下に進撃し、ヤンキー共を後悔と絶望の淵へ叩き落とすのだ。

 牡丹江前哨地、草鹿将軍の机にて書す。




.
.
.
.
.
.
.
.



吉敷将軍による手記、令和二年一月
yqRyMDK.jpg
ヰ3334

"常異"旗を高らかに掲げる局員達。

御国の未来は明るい。


 縁起というものは上官達が想像した以上に重要なものであった。視界にちらつく"常異"の二文字に対し、現場の士気は水面下でだだ下がりとなっており、ミッドウェーでの支援ミスを皮切りに、調査局は転落の道をひた走ることとなった。業を煮やした局は旗を回収し、信州奥地のウツロ穴で封印する事態に発展したが、新たな旗も三日としないうちに"常異"化してしまった。遂には旗の使用自体を控える通告が出されたものの、今度は行く先々で勝手に旗が"生えてくる"始末であり、底の知れなさに慄き、局を脱走する者まで出るという有様であった。

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="content"]]

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License