メモ: 何者でも抗えない

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


https://scp-wiki-cn.wikidot.com/component:note-template

別名: Keteru Yamiko、消照 闇子、財団日本支部のアイドル(他にも何人かいるらしいが、日本の財団は芸能事務所でもやってるのか?)

概要: 美しくも恐ろしげな女の子。長い黒髪で、学生服を着用。雰囲気は『キル・ビル』の女子高生に似ている。暗所から暗所への転移能力を有し、大型の包丁で標的を殺害する。財団の敵対組織により暗殺者として育てられており、感情の起伏は少なく無口。

◎ という設定のキャラクターである。
◎ 財団職員の考案らしいが、支部内での熱の入れようが異常。広報誌や支給品に頻繁に登場するほか、小説や漫画が盛んに制作されており、単独の販売会が成立するほど。
◎ 終いにはフロント企業にオリジナル・ビデオ・アニメーションまで作らせている。なんともクレイジーな連中だ。

脅威: 未知数。所詮は創作だけの存在、かと思われたが、噂では実際に存在し、サイトの各所で職員を襲っているらしい。被害を訴える職員を何人か見てきた。潜伏中の私にも危害が及ぶ恐れあり。

◎ 一方、昨日行われた財団のアイドルライブ(??)において、なんと生身の彼女が登場した。俗に言う「コスプレ」というやつか?暗殺者が財団のアイドルをやって良いのか?得体の知れなさがますます深まる。

注目点 - Yamikoと私の間に接点はあるか。類似性:

あるわけがないだろう。

いや、真面目に考えると多少はあるかもしれない。

1) 財団と関わりが深いが、私も財団に入り浸っている。
2) キャラなので死が曖昧。私は何者でもないので死が曖昧。
3) 闇に隠れて活動するが、私も日陰でコソコソと活動する。

若干の親近感を抱いたものの、大枠の設定がどうも受け付けない。

◎ 暗殺者ならばもっと、地味な服装にすべきではないか?少なくとも下にラバースーツは着込むべきだ。
◎ 財団を相手取る場合、武器は銃、とりわけ奇跡論弾入りのSMGあたりにした方が有効ではないか?

リアリティが気になるあまり、アニメの展開はあまり楽しめなかった。絵柄はそれなりに良かったのだが……。

活用: ライブ会場で飯を頂戴している際、訝しげな目の研究員に「アイム・フロム・サイト-19。ヤミコ・イズ・マイ・ワイフ……ニンジャ・ガール……」等と繕ったところ、何だかんだで打ち解け、酒まで奢られた。日本人が自国の作品を褒められると弱いことはよく知られている。少なくとも、身分をはぐらかす時の話のタネにはなりそうだ。

考え: 規律で凝り固まった財団が、この手のいかがわしいキャラクター創作を推進して良いのだろうか?だいたいこういう時は、何らかのカバーストーリー、裏があるのが定番だ。そんなことを考えながら、Cクラス宿舎の布団に潜ると、天井に薄っすらと人の形が浮かび上がった。

そうか、ここも暗い闇の中、というわけか。早くもしてやられた私に、彼女は柔らかな物腰で語りかけてきた。




「日本の職員でもないのに、随分と私に入れ込んでるようね。
 あなた、何者なの?」

——私は、何者でもない。無名の人間。そういう存在だ。
そちらこそ、いったい何者なんだ?

「私はKeteru Yamiko。闇間を縫う暗殺者よ」

——違う。それは設定上のものだろう。
君は何を目的に、どうして生み出されたんだ?
それとも、自然発生したアノマリーのようなものか?

「私は一職員の妄想から生まれたキャラクター。
 職員の間で人気となり、慰労を目的として財団に公認された」

——包丁を持つ女学生で、財団の敵対者。
こんなヘンタイな存在、大組織がおいそれと推せないだろう。
きっと、何か裏があるはずだ。

「…」

彼女はしばらく押し黙ると、吹っ切れたかのように切り出した。

「そうね。私の正体は……ゼノフォビア。
 闇への恐怖、未知の怪物、keterクラスオブジェクト」

やはり、そうか。
君へのキャラ付けは、脅威を抑えるためのプロトコルで──

「──ツクヨミノミコト、妖怪、妖精、暗鬼、集団幻覚、反財団主義者、055の親戚、ゼロゴー、第五ヒトデ、ファクトリーの殺人マシン、黒の女王、パラテク忍者、有村組の懐刀、日奉某、PAMWACの工作嫁、闇寿司の意思子、サメの擬人──

いや待て待て。正体が混み入りすぎやしないか…?
困惑する私を尻目に、彼女はつらつらと話を続ける。

「私は何者でもあるの。誰かがそう思えば、私はそうなる。
 皆が広くそう思えば、私は強く強くそうなる。
 財団は"公式な設定"を広めることで、
 皆に私を"そうあるもの"だと認知させたってわけ。
 
 でもね。
 人ってよく、公式設定からズレた、変な妄想に走る時があるの。
 疑り深い人とか、いっつも何か知りたがっている人は特にね。
 例えば、あなたとか。

 だから、外形を定められても、真の正体は一向に定まらない。
 私はKeteru Yamikoだけど、やっぱり何者でもあるのよ」

どこか私と対比しているような、そんな口ぶりだった。




——認識によって左右される、概念存在のようなものか。
……君は何が目的で、私に正体を打ち明けたんだ?
極めて受動的な存在に、自由意志はあるのか?

「あら?まだ気付いてないの?」

——何?

「ここ、闇は闇だけど、瞼の裏じゃない。
 いくら闇子でも、スペースの無いところに現れないわ。
 暗所とはいえ、自慢の包丁を持ち込めないでしょう?」

——瞼の裏?

「それに、こんな長々と語ってくれるようなキャラでもない。
 公式で無口って書かれていたでしょう。
 キャラ崩壊した同人誌でも見たのかしら?」

——それは……

「これはただの、あなたの考察にもとづいた夢、妄想よ。
 ゼノフォビアだのサメだのブライトだの、
 随分と逞しい想像力ね、あなた」

——いや、それは、超常的知見と財団の組織事情を加味した、根拠のある推論であって──

はっと目を覚ます。刺されてもいないのに、心臓が激しく脈打っている。身体が熱い。午前3時。私はライブで酔い潰れ、ぐっすりと眠り落ちていたようだ。

あのYamikoは夢だったのか?それにしては、嫌にはっきりと覚えている。数ページにわたってだらだら書き殴られるくらいには、彼女とのやりとりを鮮明に記憶していた。

ふと横に目をやる。傍らには研究員から貰ったらしき「Yamikoちゃんドキドキ抱き枕」が寄り添っていた。薄暗いシーツにぼんやりと浮かぶ、鋭い目つきの少女の姿。これはまさか、ミームオブジェクトの類か……?職員に正体を見破られ、何らかの精神攻撃を盛られている……?

私はそっと枕を裏返し、Yamikoの放つ正体不明の脅威から逃れようとした。

枕の裏にはあられもない姿のYamikoがプリントされていた。

——こんないかがわしい姿、Yamikoが見せるはずないだろう。

——いや、ハニートラップくらい、暗殺者なら当たり前に仕掛けるのでは?

——しかし、財団の倫理規定では——されど、ここは日本支部であり——




{$side-text}

{$upon-text}

高鳴る鼓動。上がる体温。私は言い難い脅威から逃れようと、矮小な脳みそを再びフル回転させた。

{$under-text}

{$side-text}



questionable
〔真実性・正確性などが〕疑わしい、疑問の余地がある
〔行いや評判などが〕不品行な、いかがわしい

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License