都市伝説

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png
最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
FK4b6yj.jpg
都市伝説を救え 活動を追う
3/4 20:22
撮影: 恋昏崎新聞社

追い詰められた都市伝説 北への逃避行に密着 恋昏崎新聞社

 近年、正常性維持機関による怪異の取り締まりは激化の一途を辿っており、一時は隆盛を極めた都市伝説も、財団や世界オカルト連合(GOC)の追跡に怯え、鳴りを潜めている。そうした中、彼らに安住の地を提供するべく、東北に集う「先人」たちが動き出した。総移動距離500キロ、真冬の逃避行に密着した。

孤島と化した東京で

──差し支えなければ、お名前を教えていただけますか?

「遠野妖怪保護区対外課・怪異支援センターの相川と申します」

「私、メリーさん……」

──お二人とも、まるで怪異には見えませんね。普通の人間みたいだ。

「メリーさんは元々、こういう姿ですからね。私の場合、化けに化けておりますが」

「1人じゃ目立つから、2人で一緒にいるの」

 3月某日。筆者は都内某所のファミレスにて、母娘に扮する2人の女性と落ち合った。"母親"として振る舞う相川氏は佐渡の著名な化け狸の家系であり、保護区への案内と護衛を一手にこなす、ベテランの職員として知られている。

「数百年単位で社会に紛れてきた妖怪に比べ、年端も行かない都市伝説は隠れることに慣れていません。そのため、"怪異狩り"にたいへん弱く、多くが財団や連合に攫われ、姿を消しています。大都市の監視網は特に厳重で、公共交通機関による脱出は困難です」

 居心地悪そうに座る少女──メリーさんについても、同じような境遇だ。先日、財団に危うく捕まりかけたことで、ついに音を上げ、怪異支援センターへと泣きつくに至った。


協力者


妖怪列車に揺られて


逢魔が時の迷い家





【関連記事】
小さいおじさんネットワーク、怪異たちの生命線へ


広告

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License