社中泊

現在このページの批評は中断しています。

社中泊

/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル[旧]: SCP-XXXX-JPは現在、駐車場の委託管理先であったフロント企業、サムズ・カーポート社を通じた分担管理が続けられています。駐車場を含む█████神社敷地には"欠陥工事の発覚"を名目に仮囲いを設け、市民への異常性の発露を防いでいます。

特別収容プロトコル[最新]: 20XX年XX月XX日以降、SCP-XXXX-JP-Aの出現が止まり、SCP-XXXX-JPの認識影響も消滅したことから、研究チームはオブジェクトが安定収容状態にあると判断。カバーストーリーを解除し、█████神社および駐車場を一般に開放しました。監視カメラを介したモニタリング、および拝殿周囲の機械設備のメンテナンスについては、サムズ社が引き続き請け負います。

shrine_park.jpg

█████神社の駐車場看板。
被影響者には"鳥居"と認識される。

説明: SCP‐XXXX‐JPは大阪府大阪市西区・█████神社周辺にて生じる、一連の異常な現象です。最大の異常性として、認知抵抗値(Cognitive Resistance Value:CRV)が1.2以下1の人間は神社そのものの代わりに、境内に隣接する平面駐車場を神社として認識する点にあります。インタビューによると、被影響者は総じて、対象を「交通安全祈願の神社」とみなしており、「境内に停めた車両は清められる」「賽銭箱にお賽銭を投げることで、さらなる安全が保証される」等と主張しました。彼らの言う境内とは駐車場の敷地を、賽銭箱は駐車場の精算機を指しており、本来の境内/社殿については一切の存在を無視/忘却されることが分かっています。

駐車場の敷地内には時折、小柄かつ不明瞭な容貌の実体(SCP-XXXX-JP-A)が出現します。対象は夜間により多く出現する傾向にあり、最短で5分、最長で8時間の間滞在を続けます。財団による接触の試みはすべて、対象の消失を招く結果となりました。

SCP-XXXX-JP初期収容ログ

以下の記録は、駐車場の委託管理先であった財団フロント企業「サムズ・カーポート」のデータベースより抽出されたものです。サムズ社のスタッフはフィールドエージェントを兼務し、関係先におけるアノマリー案件の初期調査、および駐車場に関するアノマリーの収容に従事しています。

<20██/11/28>
01:30、駐車中のスズキ ワゴンRにSCP-XXXX-JP-Aが出現。この時点ではSCP-XXXX-JPは発生しておらず、通常の駐車場として利用されていた。当時、備え付けの監視カメラは1台のみであり、これより前に画角外で発生していた可能性があることに注意。対象は後部座席に横たわると、そのまま動かなくなった。4時間後に消失。

<20██/11/29>
11:52、トヨタ ハイエースバンにSCP-XXXX-JP-Aが出現。積み込まれていた工事用資材を手に取り、観察するような仕草を見せる。ペンキ缶の蓋を開けたところで消失。滞在時間は15分だった。

<20██/11/30>
03:41、ドライバーが下車して間もないベンツ Cクラスに、SCP-XXXX-JP-Aが出現。何度か座席を触り、ダッシュボードに伏せると、そのまま動かなくなった。8時間後、持ち主が駐車場に戻る寸前に消失。

<20██/12/01>
06:30、日産 フェアレディZにSCP-XXXX-JP-Aが出現。ルームミラーをしきりに動かし、防眩ぼうげんを解除する。続けて、車内にあったカップ酒の空き瓶、ライター、米粒、自賠責保険証をダッシュボードに並べる。10分後、対象は消失。直後、車のエンジンがかかり、南東方向に向けて車体をひとりでに調整する。連日の映像と合わせ、サムズ社の走査システムはアノマリーが発生したものと統合的に判断。06:42、サムズ大阪支店のスタッフが現場へ出動する。

06:45、境内の掃除を終えた神主・██氏が、駐車場へと移動。フェアレディZのボンネットをこじ開け、オイルを差しながら朝拝の儀式を執り行う。06:52、近隣住民が駐車場看板をくぐり、入場。自販機の緑茶で手を洗い、精算機に小銭を入れて拝礼する。

06:49、サムズ社のスタッフが到着。異常性を確認し、初期収容に取り掛かる。異常性の主原因が車両にあるとみられたことから、駐車中の車はレッカー車ですべて撤去された。██氏は研究のため、Cクラス職員として雇用。近隣住民および車両の持ち主には記憶処理が施された。

<20██/12/02>
02:27、増設された監視カメラが、自販機横にうずくまるSCP-XXXX-JP-Aを捕捉する。収容チームが確保のため近づいたところ、消失した。

収容が本格的段階に入り、敷地全体が仮囲いで覆われた後も、SCP-XXXX-JPの主たる認識影響は持続しました。初期収容時に比べ、SCP-XXXX-JP-Aの出現頻度は格段に減少したものの、精算機の陰や仮囲いの隅など、場所を変えながら依然として出没を繰り返しました。

事態が進展したのは翌年、1月21日のことです。この日の夕方、CRV向上訓練を終えた██氏が、収容チームに合流。境内に詰める待機メンバーに対し、防寒のため使い捨てカイロを差し入れました。メンバーがカイロを身に着けたところ、認識影響の閾値が1.2から1.1へ、微量ながらも減衰。これについて、██氏は「SCP-XXXX-JP-Aはこの社の神様であり、温もりを求めて敷地を彷徨っているのではないか」と発言しました。

██氏の推論は非科学的かつ主観的であったものの、老年スタッフ2を主体としたメンバーの働きかけにより、試験的に電気ヒーターの搬入が承認されました。拝殿を6台のヒーターで囲み、一斉に稼働させたところ、認識影響は急激に弱まり、完全に消失しました。この際、収容チームは駐車場のフェンスをよじ登り、拝殿へ潜り込む不明瞭な実体を目撃したと証言しています。

その後、目立つヒーターの変わりとして、拝殿の床下に暖房器具を埋設。より自然な収容環境になったことを受け、財団は収容プロトコルを現行のものに更新しました。

補足: 歴史情報
█████神社は江戸時代早期に建てられた小規模な神社です。氏子の減少や老朽化により、現行規模での運営が困難になったことから、20██年に参道の短縮や拝殿の簡素化、社務所および一部鳥居の撤去等、維持費を節減し、後世へ残すための改修工事が行われました。その後、空いた敷地にはサムズ社のコインパーキングが整備され、そこから得られる収益を運営費に充てる施策がとられていました。SCP-XXXX-JPの異常性は、当年の冬に発生しています。

800px-T%C5%8Dkan_Inari-jinja_%28Higashi-Tabata%2C_Kita%29_03.jpg?20220605011544

改修後の█████神社。

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 (01 Jun 2018 15:33)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License