SCP-XXXX-JP 利他心

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

この版は、1964年10月24日から1983年6月19日まで有効でした。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-1発生の報告があり次第、その人物に簡易的な尋問を行った後、Aクラス記憶処理を施し、解放してください。また、SCP-XXXX-JP-1pへの尋問および他の手段で確認されたSCP-XXXX-JP-2にも、Aクラス記憶処理を施してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、10月7日、10月14日、10月20日に世界各地で発生する、ミーム汚染効果のある異常行動です1。行動はSCP-XXXX-JP-1とSCP-XXXX-JP-2に分類されます。SCP-XXXX-JP-1発話を聞かずににSCP-XXXX-JP-2をされた人物には、ミーム汚染効果が生じません。このような違いから、SCP-XXXX-JP-1もSCP-XXXX-JP-2もする人物をSCP-XXXX-JP-1p、SCP-XXXX-JP-1pの影響でSCP-XXXX-JP-2をするようになった人物をSCP-XXXX-JP-2pと呼称します。SCP-XXXX-JP-1の発生源の特定は未だ成功していません。なお、SCP-XXXX-JP-1pもSCP-XXXX-JP-2pも、Aクラス記憶処理によってSCP-XXXX-JPの影響の除去が可能です。

  • SCP-XXXX-JP-1: SCP-XXXX-JP-1pに限定された異常行動です。特定の文章を発話します。これは言語によってほぼ決定されますが、10月7日、10月14日、10月20日のどれであるかによって異なります。10月14日の文章は新年を祝う意味の文章です。なお、これは後述のSCP-XXXX-JP-2と同時になされることがほとんどです。
  • SCP-XXXX-JP-2: SCP-XXXX-JP-1pとSCP-XXXX-JP-2pの両方が起こす異常行動です。親しい人物に贈り物を配ります。SCP-XXXX-JPの異常性によるものをSCP-XXXX-JP-2と指定していますが、この行動は通常のプレゼント行為と区別がつきません。そのため、この異常による混乱の脅威は低いと推定されており、これについての収容手段は講じられていません。

日付によってミーム汚染効果は異なります。以下の表を参照してください。また、10月14日のSCP-XXXX-JP-aの特徴についての関心から、Dクラス職員を用いた実験が行われました。

日付 影響
10/07, 10/20 SCP-XXXX-JP-1発話を聞き、理解した対象は、翌年以降SCP-XXXX-JP-2をするようになります。
10/14 SCP-XXXX-JP-1発話を聞き、理解した対象は、2分から8分程度激しい精神的苦痛を訴え、およそ30%は48時間以内に自殺します。48時間が経過して自殺しなかった場合、自殺衝動からは完全に脱しますが、翌年以降SCP-XXXX-JP-2をするようになります。

実験記録-XXXX-JP-1 - 日付1969/10/14

対象: 栗栖研究員、D-232521

実施方法: 10月14日を1月1日であると認識している対象が、SCP-XXXX-JP-a-1の影響によって自殺衝動を生じるのかを調べる実験です。栗栖研究員は、SCP-XXXX-JP-a-1pであり、当実験のために記憶処理をせず隔離中でした。D-232521に対しては、現在1970/01/01であると認識させた後、栗栖研究員のSCP-XXXX-JP-a-1を聞かせます。

結果: D-232521に自殺衝動は現れませんでした。また、月例解雇を免除し経過観察したところ、翌年以降SCP-XXXX-JP-a-2をしたいという欲求が確認されました。

分析: 1月1日であると思っている対象は、10月14日のSCP-XXXX-JP-a-1発話を聞いても、他の日のSCP-XXXX-JP-a-1と同様の影響しか生じないと推定されます。

実験記録-XXXX-JP-2 - 日付1970/10/14

対象: 栗栖研究員、D-232522

実施方法: 1月1日であると思っているSCP-XXXX-JP-a-1pの影響によって自殺衝動を生じるのかを調べる実験です。栗栖研究員に現在1971/01/01であると認識させた後、D-232522に栗栖研究員のSCP-XXXX-JP-a-1を聞かせます。

結果: D-232522に自殺衝動が現れました。

分析: SCP-XXXX-JP-a-1pが1月1日だと思っていても、10月14日のSCP-XXXX-JP-a-1の効果は変わりないと推定されます。


ログ1: 「10月7日、10月14日、10月20日の民家で、人の見ていない間に実体が出現する」という異常現象が複数確認されたため、SCP-████-JPとして登録される予定でしたが、正弥博士の提言とそれに基づく調査により、異常現象とSCP-XXXX-JPの間に関連性が見つかりました。そのため、異常現象を新たにSCP-XXXX-JPと指定し、従来のSCP-XXXX-JPをSCP-XXXX-JP-aと改め、1983年4月1日に収容プロトコルの改訂が行われました。


ERROR

The woryok's portal does not exist.


エラー: woryokのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3249444 ( 10 May 2020 05:53 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License