翻訳案:SCP-CN-2468(可怜的小孩/可哀そうな子供)

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-CN-2468

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 2021年3月13日時点で、合計██体のSCP-CN-2468個体が財団の管理下に置かれており、管理された個体はサイト-CN-65-アルファの異常生物収容エリアに収容されます。

サイト内の研究員は収容違反リスクの軽減のために、収容中の個体が第一段階にあることを確認せねばなりません。第二段階に至った個体がいれば、いかなる手段を用いてでも当該個体の質量を削減し、第一段階まで引き下げることが許可されています。オブジェクトが共感性に影響する可能性を考慮し、SCP-CN-2468の収容作業に携わる職員は全員、週に一度心理評価を受けねばならず、不合格者はクラスC記憶処理を受けた後にオブジェクトに関する業務から異動されます。

専門の収容チームが常に待機します。SCP-CN-2468との関連が疑われるインシデントが報告されれば、直ちに収容チームが出動し、インシデントを確認・隠匿し、SCP-CN-2468の収容及びインシデントの記憶処理作業を担当します。いかなる状況においても、収容チームは未収容個体の終了が許可されています。

説明: SCP-CN-2468は異常な動物群の総称です。オブジェクトは世界中で発見されていますが、その大部分は中国の熱帯、亜熱帯地域1に分布しています。

SCP-CN-2468個体の体長は80~130cm、体表には識別可能な感覚器官が存在せず2、外肢は、アメーバーに類似した変形運動を行い、これにより移動し、最高速度は10m/秒に達します。オブジェクトの細胞は一切の分化を示しません。実験では、オブジェクトの細胞は筋細胞、神経細胞、上皮細胞の特徴を兼ね備えます。オブジェクトは強力な回復力を有し、回復過程で個体が総質量を減少させることから、蓄積した質量を用いて喪失した部位を再生していると考えられます。SCP-CN-2468個体は変形することで食物を包み込み摂食します。肉食性であり、人間を捕食3する傾向にあります。この他、オブジェクトは異常なエネルギー変換率を有し、10kgの食料を摂食するごとに、体重が約5㎏増加します。

SCP-CN-2468個体は一定のミーム災害を有し、オブジェクトを目撃した人間はオブジェクトを"可哀そうな子供"だと認識し、対象を助けたいという意欲を示します4。標準的なミームワクチンの注射はミーム災害の抑制に有効です。

目撃者の証言によれば、目撃者ごとにオブジェクトの体型は異なって見えていますが、以下の共通した特徴を有します。

  • 年齢は約6~16歳である。
  • モンゴロイド人種の特徴を明確に示している。
  • 衣服が破れている。
  • 長時間の飢餓を経験していると推測される。

SCP-CN-2468個体は質量の違いによって、その行動が大きく異なり、多くの場合は三段階に分けられます:

  • 第一段階(質量25kg~45kg): この段階の個体は第二段階個体へ対抗するために協力する傾向にあります。オブジェクトは積極的に人間を攻撃しませんが、攻撃を受けた場合は反撃を行います。
  • 第二段階(質量45kg~75㎏): この段階のオブジェクトは人間に対して非常に敵対的で、付近の人間を積極的に攻撃します。オブジェクトは他のSCP-CN-2468個体を攻撃する傾向にあり、相手が第一段階または第三段階であった場合も同様です。
  • 第三段階(質量75kg以上): この段階のオブジェクトは敵対性と摂食行動を完全に喪失し、人間や他のSCP-CN-2468個体を避けようとします。オブジェクトは第三段階に達した24時間後に、4~5体のSCP-CN-2468個体に分裂します。
補遺:


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The fish_paste_slice's portal does not exist.


エラー: fish_paste_sliceのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3247157 ( 09 Jun 2018 00:35 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License