現在このページの批評は中断しています。


見ていただきたい点
  • オチはわかるか。
  • わかったうえで、オチは面白さに寄与しているか。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized Uncontained

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは発見地点で保護されます。SCP-XXX-JPが外部から露見するのを防ぐため、付近は山管理所に偽装されます。

SCP-XXX-JP-Aは現在管理下に置かれていません。新たなSCP-XXX-JPが発見された場合は可能な限りの状況硬直処理が取られます。

説明: SCP-XXX-JPはニホンアマガエル(Dryophytes japonica)です。SCP-XXX-JPは生理的活動を含めた一切の活動を行わず、発見された新潟県加茂市の山中に座標に位置しています。外部からの力による移動は成功していません。SCP-XXX-JPはその特性にもかかわらず、生命活動を維持していることが確認されています。

以下はSCP-XXX-JPに対する実験のリストです。

実験内容 結果
騒音による刺激 反応なし
超音波による刺激 反応なし
高温、低温による刺激 反応なし
圧力による刺激 反応なし
放射線の照射 反応なし
電気ショックによる刺激 反応なし
薬物の投与 反応なし
地盤の破壊による落下 反応なし

実験による一切の刺激に対してSCP-XXX-JPは反応を示しませんでした。

補遺: 2019/12/22、SCP-XXX-JPが突如として消失しました。監視カメラには一切の痕跡が残されておらず、現地の試験でも異常性の発現の痕跡は認められませんでした。

補遺2: 2020/02/03、新たなSCP-XXX-JPが発見され、SCP-XXX-JP-1に分類されました。SCP-XXX-JP-1に行われた試験結果はSCP-XXX-JPと同一でした。

補遺3: 2020/02/10、SCP-XXX-JP-1は異常性の状態から脱し、一般的な活動を再開しました。回収後の試験からはSCP-XXX-JP-1に異常性は認められませんでした。

補遺4: 以下は財団の調査で発見された複数のSCP-XXX-JP個体の記録です。

個体 発見日時 異常性消失日時 結果
SCP-XXX-JP-2 2020/03/11 2020/03/16 消失
SCP-XXX-JP-3 2020/08/08 2020/08/10 活動再開
SCP-XXX-JP-4 2021/04/17 2021/04/22 消失
SCP-XXX-JP-5 2021/05/20 2021/05/25 活動再開
SCP-XXX-JP-6 2021/06/30 2021/08/02 活動再開

上記の発見、消失の周期から財団が認知していないSCP-XXX-JPが存在すると考えられます。

補遺5: 財団は実験の結果から、SCP-XXX-JPの異常性の主体はニホンアマガエル群ではなくニホンアマガエル群を捕食している別の個体であると仮定を行いました。仮定されたオブジェクトはSCP-XXX-JP-Aにナンバリングされました。

付与予定タグ: scp-jp esoteric-class ヘビ 捕食 未収容


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yzkrt's portal does not exist.


エラー: yzkrtのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3205804 ( 02 Jun 2018 12:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License