yzkrt-51--4e39

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


まるで囚人の管理番号のようなアイテム番号: SCP-XXX-JP

政府が国民に災害の危険さを示すときに使われるアラートレベルによく似た雰囲気のオブジェクトクラス: かの有名なSCP-173のようにEuclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが発生した報告書を判別するため、旧ソビエト連邦で人々を脅かしていた秘密警察のような周到さで財団のウェブクローラーがSCiPNET上を検査します。SCP-XXX-JPが発生した報告書は順次欠陥製品を販売してしまった企業のような迅速さで元のリビジョンに差し替えられます。

当報告書は第25改訂版であり、最盛期の巨人軍も驚きの最も安定した状態です。当報告書改訂の際にはレベル4以上の職員のお堅い上司の許可をもらうような難易度の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは財団の文書がまるで一流の文豪が書いたかのような比喩に置き換えられる現象です。この現象はすべての財団の文書にまさに目を瞑って適当に選んだかのように無作為に発生します。この現象が発生した文書は一流の検査員が見落とさないようにしっかりと検査したかの如くすべての文章が書き替えられます。また、改変された部分はわかりやすい塾講師が「ココ、テストに出やすいから気を付けてね!」と教えてくれる時に色のついたチョークやマーカーで協調してくれる時のように赤色に変更されます。本来の文書は千里久の茶室、もしくは極端なミニマリストの自室のように非常にすっきりとした黒色で書かれた部分のみであることに恐ろしい悪魔から逃げ出して、声を潜めてクローゼットの中に隠れるハリウッド映画の子役のように注意してください。

また、SCP-XXX-JPについて記述した媒体は、音声や記述など日本全国津々浦々といっていいほどの媒体を問わず、SCP-XXX-JPの影響を赤子の手をひねるが如く受けます。当リビジョンは最も安定した状態です。過去のリビジョンを気になるあの子の秘密を覗くように閲覧する場合は補足文書/XXX-JPにアクセスしてください。

補遺: SCP-XXX-JPは2013年に初めて発見されました。当初、財団は愚かで頭の足りていないかわいそうな子供のように的外れな想像ばかりし、いるはずのない神話生物を探すような徒労を伴って職員のアクセス履歴を検査しましたが、異常な履歴は確認されませんでした。その後、これまた賽の河原積みのような多大な徒労を伴って要注意団体による外部からの攻撃を疑いましたが、決定的な証拠は発見されませんでした。

ERROR

The yzkrt's portal does not exist.


エラー: yzkrtのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3205804 ( 02 Jun 2018 12:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License